リズミックエクササイズ講座の受講者さんから、

こんな可愛らしい写真が送られてきました。

(ご本人の了解を得て掲載させていただいています)

 

 

 

リズミックエクササイズ講座は、

毎日5分間続ける

お手玉やムーブメント、手拍子などのエクササイズ。

 

毎日の記録を、

きれいにつけて、

「続ける」励みにしてくださっています。

 

こうやって続けると、

成果が一目瞭然でわかりやすい。

 

 

10を大きな🔵で表して、

1を小さな🔴で表す。

 

 

これをお子さんが自分で毎日書いたり、

毎日この表を見たりするだけで、

「数える」練習になっているということ。

 

10がひとつの大きなまとまりだということを、

自然に覚えられるのもいいですね。

 

えー、そんなの普通じゃない?

・・・って思いますか?

 

これって、

大人にとってはあたりまえのこと。

でも、1年生には、

まだまだこれが「あたりまえ」ではありません。

 

だから、こういうことに触れられるような場が、

暮らしの中にあればあるほどいい。

(教科書に書いてあるのではなくて、実際に使うことが大事!)

 

 

 

 

 

ちなみに・・・、

 

こういう管理の仕方、

 

こうやって達成度を表にしたりして励みにする方法、

日本では学校でも仕事場でもよく使いますよね。

 

これは日本の良いところ。

 

あたりまえのように思うけれど、

けっこうこれが世界では常識ではないんです。

 

こうやって、

きちんきちんと記録をつけたり、

コツコツと続ける工夫やテクニックが身についているのは、

日本人の強みです。

 

日本人が、信用できる仕事ができるのは、

こうやって、仕事を管理する方法が身についているからだと思います。

 

いろんな国の、

いろんな教育の、

いいところをオープンに取り入れていきたいですね🎵

 

 

======================

e-waldorf

リズミックエクササイズ講座

毎日5分の

お手玉、手拍子、ムーブメントで

算数の底力をつける講座

======================

AD