内もも(内転筋)について

テーマ:
こんばんは〜(⁎˃ᴗ˂⁎)
月曜日11:00-12:00
“初めての大人バレエ”
担当の今泉春香です

今日も、内ももを沢山
使うレッスンをしました。

本日、来られた○様も
少しずつ内もも使える様に
なっています
{4C5DFA52-09AF-47DC-BD2E-7C4DAD251726}



バレエでは、
内ももを使うのは
必須
なりますので…
レッスンをしていると
必ず『内ももを使って!』とか
『内ももを意識して!』
という先生方の声を耳にする事が
あると思います

しかし、
内ももを意識しても
実際内ももを使うのは
なかなか難しいですよね〜

初心者の方は特に、
足を動かしたり上げたりする時
内ももを意識しても…
ほぼ100%
前ももの外側を使ってしまいます

これは身体の構造上
仕方ない事でもあります

前ももの筋肉(大腿四頭筋)と
内ももの筋肉(内転筋)では、
前ももの方が強いです
また、前ももはよく使うので
内ももよりも神経が通りやすく
なっています

つまり
太ももを意識して使おうとした時点で、
内ももを意識しているつもりでも、
実際は前ももに
命令を送ることになります

なので
内ももを使うのには
内ももを意識するより
他の部分に意識を置き換えて
体幹を使う事で
結果的に
内ももを使える様になります

内ももを使おうとしても、
どうしても前ももばかりを
使ってしまう
どうしたら内ももが使えるのか
分からない
でお悩みの方、
また全く初めてバレエを
してみたいなぁ〜
とお考えの方
是非是非、
月曜日11:00-12:00

“初めての大人バレエ”に
気軽にお越し下さいませ。
1から分かりやすく、
指導しています
AD