パック・エックス通信

パチンコ業界で働くみなさまのお役に立つ情報を配信中!


テーマ:

こんにちは、パック・エックス通信のはしもとです

今回は株式会社ラインの金山社長のインタビューです
「お客様を元気にしたいから」という理念のもと、岐阜県内に5店舗を展開。2年前には別法人を設立し、介護事業を開始されました。

穏やかな雰囲気の金山社長。様々なお話を聞く中で堅実なお人柄を感じました。
前編では創業期のお話から、金山社長が主幹となって社内改革を始めた2005年頃までのお話です

■■■■■


TOPから学ぶvol.70
株式会社ライン 金山 昌旺社長 前編




金山 昌旺 氏
株式会社ライン 代表取締役社長
大学在学中の1986年に父が株式会社ラインを創業。大学卒業後から専務として経営に加わる。2011年代表取締役就任。

―金山社長本日はよろしくお願いします。株式会社ラインはお父様が創業されたとのことですが、金山社長の入社の経緯を伺えますか?

この会社ができた1986年当時、私は大学在学中でした。私はそれ以前からパチンコ屋さんでアルバイトしていたんですが、最初パチンコ屋で働くと言ったとき、親は猛反対したんですよ(笑)。でも時給もよかったので説得して働き始めました。
会社ができたのはアルバイトを始めてから1年半後くらいですね。
元々うちの家業はタイル関係の資材の製造販売なんです。取引先のほとんどは中小零細企業なので景気が悪くなるとすぐ倒産してしまうんですね。そこで掛売りではなく、現金商売がやりたいと考え、母がパチンコ屋さんをやってみてはどうだということで始まりました。
パチンコ業を始めるにあたっては、私のアルバイト先の方に相談していろいろと業者さんを紹介してもらいました。

―では社長も創業から携わっていらっしゃるんですね。

そうですね、だから在学中からほとんど毎日店に来ていました。大学卒業後はどこかに就職した方がいいと思っていたので親に相談したんですが、このまま店にいてもらわなきゃ困るといわれまして(笑)。卒業後はそのまま専務として、店の仕事を続けました。

―創業当時、一番苦労したことはなんですか?

人がとにかくいない。究極の人手不足でしたね。約300台の店だったんですが、平日でも開店30分で200人くらいのお客様がいらっしゃいました。
それをスタッフ6人くらいと学生アルバイト数名で、ほとんど休みなしでなんとかやっていました。
スポーツ新聞などに毎日求人を出し続けるんですけど、とにかく人が来ない。いなくなるのも早かったですし、今考えるととんでもない時代でしたね。

―社長に就任されたのはいつ頃ですか?

2011年です。創業の頃から専務としてやってきましたが、自分の中で本当の意味で経営に関わるようになったのは2005年頃です。母がやっていた資金繰りを自分でするようになった頃ですね。

―何かきっかけはあったんですか?

うちの会社は2003年頃がピークだったんです。少し陰りが見えたのが2005年頃でした。
ピークの頃は会社の業績はよかったのですが、その分ぜい肉もついていました。そのうち身動きが取れなくなると思いました。とにかく脂肪を取って筋肉質にして、安全性の高い会社にしていきたかった。
そこで経費の使い方から見直すことにしました。例えばうちの会社は稟議書もなかったので、乾電池がダースで出てきたり、無駄な在庫がたくさんあったんです。まずは備品の棚卸しを全部やらせました。

それから修理やイレギュラーな備品の発注に関しては、値引き交渉した見積書を付けて、稟議書を出させるようにしました。
ルールを作って厳しくしていくのはいいのですが、なかなかうまくいかないことも多かったです。
例えば蛍光灯の発注にしても、10本とか20本とかキリのいい数字にして出してくるんです。聞いてみると実際に必要な本数は2本だけど、どうせまた必要だしまとめて発注しようと思ったと言うんです。でもまとめて買ったからといって送料が安くなるわけでもないんだからという話をして、物事の考え方から正していきました。
千回でも一万回でも言わないとわかってもらえないですね。自分のお金で買ったわけじゃないのでなかなかその感覚はわからないと思うのですが、だからといって自分のお金だと思えと言っても難しいですからね。繰り返し伝えるようにしてきました。
出しても叱られるから最初はめどうくさがってなかなか出してこなかったですよ。

―人材育成面に関しては何か変えたことはありますか?

育成に関しては10年ほど前までにある程度整えていたので、マイナーチェンジを繰り返してきました。今度の研修は約10年ぶりに外部講師を招いて、全員参加で行います。

―外部の研修を取り入れるきっかけは何かあったのですか?

業務の見直しや、新しいことへの取り組みなどを進める機関として「チーム」というのがあるのですが、店長の発案で新しく「CSアップ」というチームをつくりました。
チームを発足するにあたって、より意味のあるものしたかったので、外部講師を招いてそれをきっかけにするのもありかなと考えていました。
社内研修ばかりだとマンネリ化もしますし、見聞を広めるいい機会かと思ったんです。

CSアップなので、最初は顧客満足の実現に関わる研修をと考えていましたが、今回はどちらかというと社内の風通しをよくして従業員満足を上げるというものですね。

というのも、2年前から介護事業を始めたんですよ。
そちらはほとんどが女性職員なんですが、女性は男性に比べると不平不満をぽろっと言ってしまうということがあるみたいで、漏れ聞こえてくることがあるんですね。
今特に雰囲気が悪いとか、チームワークが悪いというのはないのですが、考え方が前向きになって、もっともっと明るい職場になり、利用者さんにいい形で伝わればいいかなという想いもありました。
だから今回は介護事業の職員も含めた全員での研修なんです。

------------------------------

※外部研修について
「組織活性化、コミュニケーション強化」を目的にした研修

ミスコミュニケーションは、4種類の心の“ヨロイ”が原因となる。

原因となる4種類の心のヨロイ
優越(人より優れていると感じること)
当然(人に何かしてもらうことを当たり前と感じる)
劣等(人より劣っていると感じる)
体裁(人によりよく見られたい)

様々なゲームを通してミスコミュニケーションを体験し、ヨロイを外すことで、コミュケーションが円滑となるということを体験し、学んでいく。

■■■■■
次回は
5月29日(水)
に配信予定です。お楽しみに音譜

ブログ村のパチンコ部門にも参加しています↓
パチンコ情報ブログランキング

PLEASE CLICK HERE↓
 
皆さんのご意見、ご感想お待ちしていますニコニコ
コメントもしくは下記アドレスまでメッセージお願いします。
手紙info@e-pachinko.org

◎【TOPから学ぶ!】メルマガ配信希望の方はコチラへ
http://www.neo-server.com/~user1515/neo/usrctrl.php?pg=hio5

◎(TOPから学ぶ!記事一覧)
http://ameblo.jp/e-px/entrylist.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パック・エックス通信さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。