パック・エックス通信

パチンコ業界で働くみなさまのお役に立つ情報を配信中!


テーマ:
こんにちはパック・エックス通信のとみおかです

今週はパチンコホール業界で、人事労務のコンサルタントとして、研修講師としてご活躍されている藤崎社長へのインタビューです。
まずは様々な企業をみてこられた藤崎社長に、「伸びる会社の特徴」を伺いました。

■■■■■

TOPから学ぶ番外編
パートナーズリンク藤崎敏郎社長 前編


藤崎敏郎氏
パートナーズリンク代表取締役社長
http://p-link.co.jp/company.html
大手流通企業チェーン企業に入社後、パチンコ業界へ転職。
その後独立し、数多くのパチンコホール企業の人事労務コンサルティング、研修を行っている。
著書『パーラー従業員Q&A』

―本日はよろしくお願いします。まずはご経歴からお聞かせいただけますか?

大学卒業後新卒でイトーヨーカドーに入社しました。最初は現場からだったのですが、のちに本部付になりました。本部に5年間在籍して、様々なことを学んだ後に、パチンコ業界に入ったのですが、様々なギャップを感じましたね。入ってからはその企業の中で全店舗回りましたし、良い体験ができたと思います。その後独立し、パートナーズリンクを設立しました。

―現在複数の会社の経営コンサルティングをされていますが、伸びる会社やそうではない会社の違いはありますか?

まずは社長です。伸びるかどうかの要素の99%は社長が占めていると思います。
例えば研修中、社長や取締役の方もオブザーバーとして受講されるケースがありますが、本当に真摯な気持ちで受講されているかどうかが判断材料になります。
それから経営者が社員1人1人の人間を大切にしているかどうかです。人の話を聞くのが上手で、それに対してプラスの言葉を社員に向けられるような社長の会社は伸びていきます。

そして最も重要なのは、経営者としての芯があるかどうかです。信条や経営理念を持っていない経営者は、会社が伸びないというよりも、経営が難しいと思います。
店長に向かって、数字を上げろと短絡的な指示しか言わず、何のためにそれが必要なのか、会社をどうしていくのかを考えていないような経営者は、絶対に駄目ですよ。例え間違っていたとしても、ビシッと方針を定めていないといけません。最も社員が困るのは、会社の方向性がわからない場合です。
売上高1兆円を目指している会社の研修をしていますが、そういう会社は方針がしっかり決まっています。それに全員が付いていくという気持ちが見えます。
その方針が正しいとか間違っているとかではないです。「俺はこうするんだ」という信念を、社員にしっかり伝えていますよね。それができていれば、社員に対してちょっとくらい厳しいことを言っても平気です。何故ならば、それに耐えられないようならば、会社には要らない人間だということを、きちんと言えるからなんです。大きな表現をすると、同じ船に乗ってはいるけども、皆で船を漕いでいるときに、お客さん気分でいるならば降りてもらうしかない。つまり会社には必要とされないということです。

―パチンコ業界の会社に数多く携わっていて、良い意味で変化を感じることは多いですか?

20年前にはパンチパーマで鍵を振り回しているような従業員がいましたが、今はいなくなりましたね。10年程前からは女性従業員も働くようになり、最近では当たり前になってきていますよね。しかも、若い子たちばかりでしょ。昔だったら女性従業員が入っても、50代のおばちゃんでしたもんね(笑)
ホールの見た目も変わってきていますし、何より経営者が2代目、3代目となって変わってきていますからね。高学歴な経営者の方も多いです。昔は、大卒自体がほとんどいなかったですから。

―「ありがとうカード」という取り組みをされていると伺ったのですが、作ろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

伸びる会社にするためには、働いている社員が伸びていくことが必要だと思います。社員を育てていくためには、まずは、感謝の気持ちが大切だと思っています。それは20代の無職の方向けのセミナーを行った時がきっかけです。その方たちと話しているうちに、なぜ会社を辞めたのか、辞めさせられたのかという理由がわかったんです。1つは「はい」という返事ができない。もう1つは、「ありがとう」が言えないんですよ。そもそもその習慣が無いんですね。
僕が教えても無表情。当然感謝の気持ちも無いんです。そこで、「はい、の返事ができない人」「ありがとうが言えない人」「すみませんが言えない人」は成功しないということを教えました。それがありがとうカードを作るきっかけですね。
ですので、講義の始まりは「よろしくお願いします」から始めます。50分の授業が終わったら「ありがとうございます」と言わせる。そのルールを3ヶ月の間、徹底的にやらせました。無職の方々の就職支援講座の講師をして、こういう単純なところの改善が大切だとわかるようになりました。

―習慣を身に着かせるために、カードを書かせるようになったのですね。

指示をするだけでは、絶対に「ありがとう」の言葉を言いません。具体的に行動に移らせなければいけません。まず書かせて、そしてそれを渡すことを決意させていくという流れです。ここまで徹底させるとやるんですよね。後始末まで面倒をみることが大事なんだと思います。
得てして、上司というのは言うだけなんですよ。営業部長などが店長に、お前は部下をちゃんと育てていないと、毎月同じ説教をしている。でもそうじゃない。営業部長が店舗に行って、マネージャーへの指導を見せてやれば良い。1回2回とやれば、わかるものです。店長が困るのは、モデルが無いから知らないんです。だからやって見せればわかるんですよ。「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」という言葉のとおりに、部長が教えてあげれば良いのですから。人を育てるというのは、このような良いモデルケースをたくさん積み重ねて、良い風土づくりをすることが基礎になると思います。

新入社員研修では、あなたたちは現場で働くためだけに採用されたのではない、良い風土を作り、幹部になってもらうために採用されたんだという話をします。
新入社員には周りに好かれる人になってほしいと思っています。そのためにありがとうカードを使って、感謝の気持ちを伝えることを徹底的に教えます。
上司に教えてもらった時に、ありがとうがちゃんと言えれば上司に好かれますし、また教えてもらえるんですね。
また、感謝の言葉を言えるように、カードを書いて親に渡せと指導しています。親に出来ない人間が、他人には出来ないので。親に出来れば、他人にも出来るようになります。
これが出来ない人は、いつの間にか辞めているんですよ。せっかく縁があって入社したんですから、好かれる人になってほしいんです。
ただ、研修の内容は忘れてしまうので、1年後、2年後にもう一度研修を行っています。フォローアップ研修です。最初良い研修をやっておくと、みんな変わってきます。
こういうことの繰り返しが、人が育つというところにつながっていくと思います。

■■■■■

次回は


3月22日(金)


に配信予定です。お楽しみに
音譜


ブログ村のパチンコ部門にも参加しています↓

★パチンコ情報ブログランキング


PLEASE CLICK HERE↓

   


皆さんのご意見、ご感想お待ちしていますニコニコ
コメントもしくは下記アドレスまでメッセージお願いします。
手紙info@e-pachinko.org


◎【TOPから学ぶ!】メルマガ配信希望の方はコチラへ
http://www.neo-server.com/~user1515/neo/usrctrl.php?pg=hio5

◎(TOPから学ぶ!記事一覧)
http://ameblo.jp/e-px/entrylist.html




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パック・エックス通信さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。