確定申告とピーターラビット

テーマ:
確定申告、出しました。
マイナンバーも申告…。

今年は営業前の朝一に税務署に行ってみました。
9時前に行っても、行列に並ぶこと15分。
(提出は1分足らず)

とりあえず、これでひとつの憂鬱から解放されました、わーい!

先日、ピーターラビット展を見に行きました。
高校時代から大好きだったピーターラビット。
大人になってからは、ビアトリクス・ポターの人生に興味を持ち、彼女の伝記や湖水地方のガイドブックなど読んでいました。
いやしかし、可愛すぎるわピーターラビット。
絵が可愛いのはもちろんだけど、ひとつひとつのお話が面白いのです。
にっくきネズミも、ビアトリクスにかかれば憎めない可愛い奴になっちゃう。
あひるのジマイマが取り分け好きなのですが、展示見てからは、もう全員好き(笑)

{84FBB32A-A9B1-4C34-8F12-FFFB05CAE76A}

私の部屋にやって来たピーター。
(ジマイマはもともと持ってた)
ぬぬぬー、並ぶと可愛すぎやろ!
AD

2月の日々

テーマ:
ずいぶん間が空いてしまいましたが、わたしは元気にしています(なぜかお手紙風)。

2月の奈良はとても寒い日が多かったけれど、なら瑠璃絵という、とってもファンタジーなイベントが奈良公園で開催されてたので、なかなか忙しい毎日でした。そして、今もなお。

{737D2F7F-95D5-4CB4-BF93-8FD43936F621}

去年に瑠璃絵見に行った時に短冊に願い事を書いて貼り付けて来たので、今年はお礼参りも兼ねて行きました(短冊は、春日大社に奉納されるそうです)。

瑠璃絵は終わりましたが、その後もにぎやかな奈良です。うれしいな。

家に帰ってストーブつけて、こたつに入ってご飯たべて、凄まじい眠気に襲われて気を失う毎夜。
もしかしたら、若干の一酸化炭素中毒なのかも(換気換気!)。
それもまた幸せな日々なのです。

{13FB1E53-06F3-4A87-BC55-DE19590D0E47}
この子器用に寝てるよね。
AD

冬の過ごし方

テーマ:
カタン、ディクシット、人狼。

これらのワードを聞いたら、すぐわかる人も多いかもしれませんが、アナログボードゲームのゲーム名です☆

{1589CC8E-E174-4085-AC5E-D2AD0EC22825}

すごろくとか、人生ゲームとか、モノポリーとか。

今はごまんとそんなアナログゲームが出てて、種類もたくさん!
言葉遊びのゲームとか、犯人を捜すゲームとか、どんなゲームでもとにかく頭をフル回転させられます。

{2BEB8BBB-472C-4336-9C10-E25C3728890A}

近所のお友達で集まって、いい大人がゲーム大会して遊んでます。
なんだろうこの面白さは。

帰っても頭が興奮覚醒してるのか、なかなか寝付けなくて、そして次の日体重が1キロ近く落ちています。

将棋の棋士は、一局すると体重が3キロ落ちるらしいので、頭を使うとカロリー消費するんだね!

アナログゲーム、面白いし、頭の運動になるし、ダイエットにもなるし、いい事だらけ。
(2日ほど体力が落ちるけど)

冬の夜にはオススメの過ごし方だなぁと思います。

AD

巻き寿司と福豆

テーマ:
{B86111AA-96CB-492F-A2A9-C9AAAFDD6D13}

節分の日のチラシ。
掲載されてた巻き寿司は、60本でした!

カオリーヌから、元興寺さんの福豆と、なぜかのテニスボールをいただきました。
うーん!ありがとう!
かなりの争奪戦だったでしょうに、私たちの為に必死で取って来てくれた姿を思うと、泣けて笑えてきます。
本当にありがとう。
みんなに福あれ!

おめでとうありがとう

テーマ:
おめでとう!
{F95B90F3-4EA1-44D0-8846-50EE1BC9581D}

おめでとう!
{D3E99FCC-D111-40C4-90D7-921B92A5527A}

おめでとう。
{56256EDB-5C4D-4B9E-ACE1-D4B66EF0FF1C}

お腹いっぱいー、ありがとう!
{397E1CC8-0C17-4BE5-9BBD-CF1C1543F0E0}

1月27日に迎えたお誕生日、たくさんお祝いしてもらいました。
みんな、ありがとう!
どんだけデブになろうが、私は嬉しい!!
ロウソク吹き消す肺活量が足りないけど、これからも何本でも灯して!

みんなから頂いた愛は、倍にしてお返ししていきたいです。
ありがとうね。

節分で、季節が変わろうとしています。
キラキラな新しい年の始まりです。

1月27日生まれの主な有名人
モーツァルト、ルイスキャロル、東郷平八郎、金賢姫、折原みと。
なかなかのビッグネーム揃いだわ(笑)

HAPPYSPOT NARA

テーマ:
今年も、HAPPY SPOT NARA の、「プライベート美術館」に参加させていただいてます。

アートを日常の中で楽しむプロジェクトです。
公募によって集まった、奈良県内の障害のある人の作品約180点を、きたまち、ならまち界隈、近鉄奈良駅周辺の店舗で展示します。
「この作品をぜひうちのお店に!」と各店舗のオーナー、スタッフが選んだ作品たちです。

今年もパトリでの展示作品は、2点。

{995E6EE2-9822-4664-927D-82DE36A7CEF2}
「空をはばたく花びらのように」
森下智さん

青い鳥の作品をようやくお迎えできました。
見た瞬間にこの絵に決めました。

階段上がった所に飾っています。

{75E2B279-26CB-4A18-99DC-043EF12E4723}
「子鹿」
大谷友美さん

私の大好きな大谷友美さんの作品を、今年も飾らせていただいてます。
なんて可愛くて、細かいの!
間近でじっくり鑑賞して欲しい作品です。

{52276A02-9307-458C-B5FA-ECA834C52D2D}

今年は初めて壁に飾ってみました。
いいわ〜。
この前に座ったお客様も、さらに素敵にみえます!

HAPPYSPOT NARA は、2月12日(日)まで。
奈良の町をあちこち見て歩いて下さい。

寒中お見舞い

テーマ:
雪は舞うけど積もらない奈良市内。
今日も冷えます。
っと書いてたら、灯油切れのアラームが鳴り出しました!ひぃ!
サンタを待つ子どものように、灯油配達のお兄さんを待つ朝です。

ガスもオーブンも使わない時の厨房は、それはそれは冷えます。
足元がコンクリートなので、なおさら。しんしんと冷えます。
水で手がかじかむ、お湯で温める、またお水で冷える、の繰り返し。
なかなか効率の悪い作業です。
でも今年は例年よりも手荒れが全然マシで、手が丈夫になったのか、ハンドクリームが効いてるのか、ヒマなのか…?

とボヤいてたら、サンタが灯油持ってやって来ました!ありがとう〜。

{D0532AA6-8C23-4A1F-9C84-AB2558272ECB}

寒い寒いと言いつつも、冬のパトリが私は一番好きなんです。


読売新聞に掲載されました

テーマ:
1月19日付けの読売新聞奈良版の、スイーツ&ランチのコーナーで、パトリを紹介して下さっています。
とてもとても丁寧にお話を聞いて下さって、お店を始めたばかりの頃のことを、いろいろ思い出してました。
とても素敵に書いて下さって嬉しいな。
どうもありがとうございました。
10年、長い様で短かったなぁ。いや、まだまだ続きますけど!
お手元に読売新聞お持ちの奈良の方は、どうぞご覧くださいませ。

今日はお問い合わせの電話が数本ありました。
普段はご縁が少ないであろう、ご年配の男性からのお電話もあったりして、さすが読売新聞さん。
階段にお気をつけて、お越しくださいね(^-^)

鹿と着物とテレビ

テーマ:
日曜日、少し雪が降っています。
底冷えの奈良。気温は、2度です。

先日、大阪まで落語に行った時に着物を着せてもらいました。
この日は十日戎もあるし、お正月だし、落語だし、って事で、久しぶりの着物でお出かけでした。

{0DBEFD1A-AFED-4982-A864-489A4BA28501}

じゃーん!
着付けた後、奈良公園を少しお散歩してたところ、

{D66DBF68-5781-4763-AD65-14050F43967E}

テレビ局の撮影班に遭遇して、夕方のニュース番組に使うコメントを求められました!
(平城宮跡を通る近鉄電車の路線移動が検討されている事についてどう思うか?と言う内容)

泡を吹きながら必死で答えたのですが、どうやら当日放送されたらしいです。
(その頃私は落語で爆笑中)

{9673AB2D-98B1-4637-92EA-5C79F021AE62}

鹿も寄ってくるし、どうなの。
新年早々、なかなかインパクトある思い出ができました(笑)

落語元年

テーマ:
これまでのマイブームが、神社仏閣、将棋、と来て、

きっと次は落語か相撲ですよ!

と常々言われてましたが、

やはり落語が来ました2017年。

{E0ED4C87-3E2C-460E-82E9-3E4F63E6E6DA}

大阪の天満天神繁昌亭です。
近くの天満宮では、残り戎で賑やかでした。

{7FB1459D-EAC8-4A03-B21C-211EB30E33F0}

行ったのは夜席で、満月も浮かんでて、ここだけ異世界な感じ!

話を聴くだけの落語って、聴く方の集中力が切れちゃわないかなぁと思ってたけど、もう2時間笑いっぱなし。

上方落語のコテコテの関西弁はクセになりそうだけど、粋な江戸落語も生で聴いてみたい。
古典落語も、もっと知りたいなと思いました。

この世界、奥が深そうだ。