野呂エイシロウ オフィシャルブログ「Love Letter〜やさしい時間〜」Powered by Ameba

放送作家&PRコンサルタントの野呂エイシロウの日常を綴っています。


テーマ:

タクシーの広報戦略を引き受けたことがないが、

面白いと思う。

 

ボクは、基本的に乗るタクシー会社を決めている。

それは、「快適な会社」を選択する。

 

個人タクシーは、”自己流”が強すぎて、接客の領域に達していることが少ない。

だから、ある会社のタクシーに乗っている。

 

タクシーを嫌がる人々が結構いる。

それを改善し、それをPRすればいいのだ。

 

タクシー会社に求めるスキルはそんなに多くない。

・安全で快適な運転ができる。

・道を知っているか、カーナビを俊敏に使える。

・接客ができる。(車の清掃を含む)

 

の3つだ。

それが完璧であればいい。

それを実現し、PRすればいいのだ。

それをマメにメッセージとして、発信すればいいのだ。

 

「不快な運転手がいない、◯◯タクシー」

「汗臭くない◯◯タクシー」

「口臭が臭くない◯◯タクシー」

「道を知り尽くしている◯◯タクシー」

「敬語が使える◯◯タクシー」

「ラジオや音楽をかけない◯◯タクシー」

「安全運転の◯◯タクシー」

というメッセーをPRのネタとして、発信し続けるのだ。

 

もちろん、それだけでは不自由分だが、

顧客が、メッセージを覚え始めると、そのタクシー会社を活用し始めるだろう。

 

タクシーは、1対1の空間である。

接客がちゃんとできれば、チャンスはある。

古い旅館でも接客がよければ、良い旅館だ。

 

タクシーをあまり使いたくない人々に「快適」であるという情報を提供すればいい。

 

まちで

「あ、口臭が臭くなり◯◯タクシーだ」

と思えば、乗るだろう。

 

どうんなイメージをつけてゆくか?

それが大切なポイントである。

 

メッセージを発信し、潜在顧客に安心感を与える。

それをできれば、ブランディングも出来るだろう。

そして、世界一快適なタクシー会社になるだろう。

 

としまえんのメッセージが好きだ。

「うらやましいぞ!! Jリーグ」

「史上最低の遊園地」

「プール冷えてます」

そんなセンスをタクシー業界にも持ち込みたい。

 

「新幹線より早いのは、最初の30メートルだけ」

「グリーン席よりも、80センチ大きい後部座席」

「トランク◯個まで追加料金無し」

(※いずれの測ってないけど・・・)

 

そんな面白いことが出来そうな気がする。

 

「臭くない◯◯タクシー」

それだけでも結構いいPRになると思う。

 

最近、この本の現物を見ることが非常に多い。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
野呂エイシロウ Eishiro Noroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み