無茶しても健康な体でいるために気功をしよう

気を高めて免疫力やパワーをアップして、幸運や健康を身につけよう。ストレスと誘惑が多い社会で、無茶をしても元気でいるために気功をしよう。気功の歴史や用語の説明、気功法についての説明をしていきます。体験談も掲載予定。


テーマ:
 子宮頸がん予防のはずが、ワクチン接種した人を地獄に突き落とした、子宮頸がんワクチン。

ついに集団訴訟になったようです。

「子宮頸(けい)がんワクチンの接種で健康被害が生じたとして、15~22歳の女性63人が27日、国と製薬会社2社に計9億4500万円の損害賠償を求める訴訟を東京、名古屋、大阪、福岡の4地裁に起こす。九州弁護団によると、子宮頸がんワクチンによる集団訴訟は全国で初めて。」(西日本新聞より)

何かをする時は、メリットとデメリットがあります。

今回の子宮頸がんワクチン接種は、背負わなくていいデメリット、つまり一生をだいなしにする障害が残る人を多く出した、最悪のワクチン事件です。

子宮頸がんが増えているというデータがあるといいますが、少なくとも中学生の時点でガンにはなりません。

では、ワクチン接種で女性全体で子宮頸がんになる人がどれだけ減らせるか?

0.1%です。

1万人に一人のリスクを、ワクチン接種した10代の女の子全員に負わせるというのは、どう考えても理解できません。

海外でもすでに子宮頸がんワクチンによるひどい副作用は出ていたので、日本でも慎重に考えるべきでしたね。

実は、インフルエンザワクチンも1990年代にひどい副作用を引き起こして集団訴訟後、和解しています。

この時も小学生たちが被害にあい、今も副作用に苦しんでいます。

だから、接種義務じゃなくて任意になりました。

国に責任はないから、打ちたかったらどうぞ。

というスタンスです。

ワクチンを打つ前にこういったリスクは講義してからのほうが良いと思いますけどね。

どうしても、医者の冬のボーナスとしてインフルエンザワクチンはやめられないんですかねえ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 不妊治療について、色々と調べていました。

どうやら不妊治療というのは、単純に受精させるという話ばかりに治療の目が向いているようで、
卵子や精子の老化をいかに防ぐかという話は後回しにされていますね。

ということで、卵子や精子の老化防止には、ミトコンドリア活性化がとても効果的だということがわかったので、記事を書いてみました。

1 ミトコンドリア活性化が不妊症に効果的な理由
2 今すぐできる!ミトコンドリアを活性化する方法
 2.1 有酸素運動
 2.2 背筋を伸ばす
 2.3 空腹感のある食生活
 2.4 ミトコンドリアを活性化するビタミンや葉酸
  2.4.1 不妊治療にビタミンが重要な理由
  2.4.2 不妊治療に葉酸が重要な理由
3 まとめ

詳しい記事は、下記からご覧ください。
卵子、精子の老化予防に効果あり!?ミトコンドリア活性化で不妊治療

サプリや運動にプラスして何かをしようと思われているなら、
体に当てているだけでミトコンドリアを活性化する電子を取り込める
ライザブがお勧めです。

http://www.k-soken.com/lizave/category3/entry11.




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「この乳酸菌のサプリを飲めば大丈夫ですよ。」

病院のベッドに座っているA先生に、ある女性が小さな容器を差し出してこう言った。

この話は、10年近く前の話になります。

気功治療をしていたA先生は、重病患者の治療が連続したせいで、邪気をもらいすぎてしまい、体調がおかしくなっていました。

突然のお腹の痛みで病院に運ばれ、病名は急性胆のう炎。

胆のうが炎症を起こし、胆汁が流れなくなっていました。胆石があったようです。

手術の予定は次の日。

手術までの間は、一切の飲食は禁止されます。

これは、何かを胃に入れると消化する働きの一環として、胆のうの胆汁が分泌され、逆流するリスクがあるからです。最悪死亡してしまいます。

私はA先生から連絡があり、すぐに病院に駆けつけました。

急性胆のう炎による上腹の激痛は落ち着いていましたが、極度の疲労からかA先生からは血の気が引いていました。

その時、病室には私以外にもう一人いました。

それが先ほど出てきた女性です。

何ヶ月か前からA先生のところに出入りしていた、乳酸菌サプリを売っている女性。

青白い顔はやせ細り、ギョロっとした目は鈍い光を放ち、ぱっと見て健康そうには見えません。

私がその女性につけたあだ名は、
乳酸菌おばけ。

あだ名の由来は、なんでもかんでも乳酸菌で治ると話し、本人は病的だったからです。

ひとしきり私とA先生の話が落ち着いた時、私とA先生の間に入ってきたその女性は、
「先生、この乳酸菌サプリを飲んだら楽になりますよ。ほら、これ、飲んでください。」

すでに消灯時間を過ぎた病室は、A先生のベッド脇の読書灯だけがついて薄暗い状態。

手術まで飲食禁止という話をしていたにも関わらず、平気でサプリを進める女性。しつこく、サプリをA先生の顔近くまで持っていき、何が何でも飲ませようとしている。

薄明かりに照らされた女性の横顔を見ると、青白く頬骨がつきだし、目は炯々として明らかに死神の形相。

乳酸菌おばけは、あの世の使いだった。
なんて、冗談を言ってる場合じゃない。

私は女性の後ろから、A先生に向かって全力で首を振り、
「ダメ、ダメ、絶対ダメ。死んじゃう。」
とサインを送りました。

「そのサプリを飲んだら、死んで楽になってしまう。」
そんな嫌な予感がしていました。

そんな私の行動に気がついたA先生は、絞り出すような声で
「今はつらくて飲めないから、後で飲むよ。」
と、うまくごまかして事なきを得ました。

手術が終わり、医師から再度説明を聞いたA先生は、
「飲んだら死んでましたよ。」
と、医師に言われたそうです。

症状的にかなり重病だったので、あともう少し発見が遅れたら、命に関わる状態だったそうです。

それから、乳酸菌おばけは現れなくなりました。

おそらく、乳酸菌おばけは、今もどこかで乳酸菌サプリを売っているはずです。

夏の怪談のような体験でした。

{5CF2C33E-4F5A-4790-A365-2228C0AB6696}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。