えばと鍼灸マッサージ院徒然日記

【川崎市多摩区】稲田堤駅徒歩3分にあるえばと鍼灸マッサージ院の院長江波戸雄一の日記みたいなブログです。
東西両医学に関する知見や、大好きな横浜ベイスターズ(NPB)、リバプール(サッカー)、お酒(ウィスキーが主)のことなどを書いてます。


テーマ:

【症例】

60代女性 川崎市多摩区在住 主婦

 

【初診日】

’16年7月2日(施術回数1回)

 

【現病歴】

’15年11月から右踵の内側が痛み出した。

その頃ちょうど普段よりも運動量が多かった。

階段を降りる時と夕方に痛みが増す。

 

整形外科ではレントゲン撮影の上、「問題無し」と言われ湿布を処方されたのみ。

整骨院では歩き方に原因があると言われた。

 

【随伴症状】

左の腰が以前から痛む。

甲状腺の腫れを感じ、現在検査中。ただし自覚症状はほとんど無し。

 

【症状の確認】

階段降り:右(-)左(+)

つま先立ち:右(+)

足趾背屈:右(+)左(-)

 

【触診】

○:圧痛あり

×:圧痛無し

右のヒラメ筋部と足の甲、踵の内側に圧痛を検出できました。

 

【施術】

「痛みが良くなれば、方法は何でも構わない」とのことだったので、まずは座位で圧痛を検出した右太谿穴にパイオネックス・オレンジを貼付しました。

10回程度タッピングした後、足趾の背屈で痛みが無くなったことを確認し、階段降りとつま先立ちをしてもらうと、両者共痛みが改善し、つま先立ちでは痛みが無くなっていました。

 

次に仰臥位になってもらい、左右臀筋のストレッチ、右ヒラメ筋部と足部のマッサージを施しました。

ここで再度階段降りをしたもらうと、痛みは無くなっていました。

 

施術後には、極力体を動かすことと1週間後に来院するよう指示して初診を終了しました。

 

【その後】

1週間後の7月9日に来院されましたが、「痛みはほとんど無くなり、階段も普通に降りられる」とのことなのでした。

ならばと腰の具合を伺うと、こちらも今は大したことはないとのことでした。

「では右踵の痛みの再発予防の話をしてもいいですか?」と伺うと、了解していただいたので、まず片脚立ちでのバランスを確認しました。

すると、右脚で立った時の方が不安定だったので、「この不安定さが踵の痛みの根本原因だと思います」、「普段から右脚で立って、右脚を鍛えれば、再発予防になるはずです」とお伝えしました。

 

残った時間で、下肢のストレッチとマッサージを施して第2診を終了し、本症例は略治としました。

帰り際、痛みが無くなったことがよほど嬉しかったのか、「普通に(階段を)降りられる」と仰りながら院の前の階段を降りていかれました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
50代男性 東京都日野市在住

【初診日】’15年4月19日(治療回数1回)

【現病歴】
’14年11月頃から走ったり運動をした後に
右踵が痛むようになった。
今年に入ってからは、毎朝のように痛みがあり、
現在は日中もずっと痛みがある。
整形外科では踵に骨の棘があると言われた。
ストレッチの指導と貼り薬を処方された。
最近痛みは少し改善してきたが、
歩きでも痛みがある。

【症状の確認】
片足立ち(+)
両足でのつま先立ち(-)
片足でのつま先立ち(+)
片足ジャンプ(+)
蹲踞(-)
歩行(±)

【触診】
痛みを感じるという踵の中心部を押すと、
多少の圧痛があります。
踵の内側の水泉穴や然谷穴に強圧痛が検出できました。

【施術】
座位にて圧痛を検出した水泉穴と然谷穴に
ハぺパッチを貼付すると、上記の運動時の痛みが消失しました。

時間が余ってしまったので、
伏臥位にて背面、仰臥位で頭顔面部のマッサージ、
揺らしを施して治療を終了しました。

【その後】
1か月程経過しましたが、
治療を受けに見えられないので、
恐らく痛みは癒えたものと思われます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
40代 女性 川崎市多摩区在住 ’15年2月19日初診

【現病歴】
3~4年前から左右の踵と前足部が痛み出し、
ここ最近悪化している。

階段を降りる時がつらく、
特に朝が一番つらい。

整形外科でレントゲンを撮ったが、
異常は無いと言われた。

【症状の確認】
階段を降りる時に右踵、
つま先立ちと片足ジャンプで
左右の前足部に痛みが出ます。

左右の足共に外反母趾ですが、
やや右足の方が外反しています。

踵は崑崙穴や太谿穴に圧痛を検出できましたが、
前足部の足底側には圧痛は検出できず、
甲部にのみ検出できました。

【治療】
右崑崙穴・太谿穴・衝陽穴・外衝陽穴・足臨泣穴、左衝陽穴に
パイオネックス・イエローを貼付すると、
つま先立ちで右足の痛みが改善し、左足は消失しました。
階段を降りる際の痛みも改善しました。

右崑崙穴と太谿穴周囲を触診し直し、
検出した圧痛に対してパイオ・イエローを貼付しましたが、
階段を降りる動作での改善は見られませんでした。

右太衝穴にパイオ・イエローを貼付すると、
つま先立ちの痛みが改善しました。

右の方が痛むのは、
外反母趾が右の方がよりひどいことなどから、
歩き方の影響が考えられることを説明して、
初診を終了しました。

【その後】
来院されていないので、
痛みが無くなったのかどうかは不明です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
30代 男性 東京都在住 ’15年1月6日受診(治療回数1回)

【現病歴】
以前からゴルフをした後に左の踵が痛くなることがあり、
今日ラウンドしてきたが、やはり痛みが出てしまった。
ゴルフをやらずに長時間歩いただけでは踵は痛くならない。

【痛みの確認】
つま先立ちや片足ジャンプでは痛みは出ません。
歩行の踵着地時と、ゴルフスイング(右打ち)の
フォロースルー時に痛みが出ます。

患部(足底腱膜の踵骨への付着部)を押さえると圧痛がありますが、
それよりも踵骨の内外側、ツボで言うと太谿と崑崙付近に
激痛の圧痛点があります。

【治療】
左太谿部2か所にパイオ・イエローを貼付すると、
「踵の外側が痛む」とのこと。

左崑崙部3点にパイオ・イエローを貼付すると、
歩行動作での痛みが無くなり、ゴルフスイングでの痛みもかなり改善。

左臀筋のストレッチを施すと、スイング時の痛みも消失しました。

スイング動作がアウト・インになっており、
過度の踵への加重が見られたので、
腕を真っ直ぐ後ろに引いて、真っ直ぐ出すことと、
足の前側に荷重してみるよう伝えて治療を終了しました。

【その後】
2週間後にこれまたゴルフのラウンド後に来院される。
その際に踵の様子を伺うと、まだ痛みはあるものの、
前よりは明らかに痛みが軽減し、その上ショットの正確性が格段に向上したそうです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。