えばと鍼灸マッサージ院徒然日記

【川崎市多摩区】稲田堤駅徒歩3分にあるえばと鍼灸マッサージ院の院長江波戸雄一の日記みたいなブログです。
東西両医学に関する知見や、大好きな横浜ベイスターズ(NPB)、リバプール(サッカー)、お酒(ウィスキーが主)のことなどを書いてます。


テーマ:

糖尿病死亡率が2年連続でワーストを記録している秋田県としては切実なのでしょう。

 

「短命県青森」返上へ 糖尿病予防を事業化

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160526_21004.html

 

引用開始

 短命県返上を目指す青森県は本年度、糖尿病重症化予防事業に取り組む。温泉や地元食材を保健指導に活用。生活習慣改善を図る宿泊型プログラムを公募型プロポーザル方式で行う。
 宿泊型プログラムは1泊2日~3泊4日程度を想定。青森県特有の温泉や気候、地形を生かし、ウオーキングやヨガで体を動かすほか、地元食材を使った糖質制限メニューの食事を取り入れる。

引用終了

※太字強調は筆者による。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日の朝日新聞の記事に、女優の中谷美紀さんが体調管理の一環として糖質制限をしていることが載っていようです。

恐らくご自身でも勉強されているのだと思いますが、語っていらっしゃる内容も完璧です。

 

(TVダイアリー)中谷美紀:3 ドラマと同じ健康法
2016年4月17日05時00分

 

引用開始

糖質の摂取による血糖値の急激な上昇が、インスリンの過多をもたらし、低血糖状態を誘発することがあるそうです。すると、眠気、倦怠(けんたい)感に襲われ、下がった血糖値を上げようとアドレナリンなどが働くことで、今度はイライラの原因となります。また、糖質が過剰になった身体はまず糖から代謝しようとするため、脂質の代謝が後回しになるそうで、使い切れなかった脂質がニキビとなり、さらには、アドレナリンが化膿(かのう)を促して、なかなか治らない大人のニキビ肌が完成するようです。また、糖は肌のくすみの原因ともなります。

 そうです、糖質制限は、私にとって有効かつ盤石な健康法であり、美容法でもあるのです。

引用終了

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とうとうカロリー神話が崩れるところまで話は進んできたのかな?

 

19.9キロの減量に成功した森永卓郎氏、「デブでいいことってあんまない!」

 

引用開始

高カロリーで糖質の多い食事が大好きだった森永氏だが、「果実系と根菜系は、あんまり良くない。(ダイエットに良い食材は)葉物野菜と、肉、魚、卵、豆腐、納豆。ナッツは、手の甲に乗るぐらいの量」と言い、今では、健康的な食生活が習慣化したと話していた。

引用終了

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
糖質制限でダイエットに成功したフリージャーナリストの桐山秀樹さんが心筋梗塞で急逝されました。
桐山さんは糖質制限関連の書籍を多数出版されていたので、「糖質制限で死んだ」と批判されそうですが、そもそも糖質宣言開始前(2010年5月)からHbA1c:9.1%とかなり糖尿病が進行した状態だったそうです。
当然、血管壁の損傷リスクとして最大の要因である高血糖にさらされる期間が一定期間あった訳ですから、今回の桐山さんの心筋梗塞についても糖質制限食開始前の影響が考えられるわけです。

江部先生もこちらで下記のように仰っています。

引用開始

糖尿人において数年間以上血糖コントロールが不良であれば、血管の内皮に悪影響が出て、動脈硬化が生じます。

例えば、心臓の血管(冠動脈)が動脈硬化により狭くなって、つまりやすい状態になり、心筋梗塞や狭心症の危険があります。

これを「高血糖の記憶」といい、「消えない借金」のように生体内の動脈硬化が、ずっと残存して続きます。

つまり、数年間の高血糖期間のあと、継続して良好な血糖コントロールが得られても、血管合併症リスクは、その動脈硬化の部分では、消えないということです。

引用終了

※太字強調は筆者による。


そしてその具体例も挙げています。

引用開始

私の患者さんのケースでは、スーパー糖質制限食を開始して2ヶ月後には血糖コントロール良好になっています。

しかし、その2年後に労作時狭心症を発症し、左前下行枝が99%狭窄しておりステントを挿入されました。

引用終了

詳しくは上述の記事をご覧ください。


呼応するかのように夏井先生も糖質制限で糖尿病に関する数値は良くなったものの、それまでの血管内皮の損傷によると思われる血管状態の不良によって進行してしまった下肢切断の症例を挙げています。

引用開始

患者さんはかなり以前から糖尿病を指摘されていたのに放置し,炭水化物大好き生活を続けたそうです。
 そして,右第1趾がいきなり黒変し,病院を受診したところ,高度の未治療糖尿病で直ちに入院となり,第1趾切断となりました。退院後,傷がいつまでも治らないため,ネットで調べて当科にたどり着かれたそうです。また,手術後に友人から糖質制限について教えてもらい,糖質制限を開始して血糖値は正常化したそうです。
 当科では直ちに湿潤治療を開始し,創部は一時非常に良い状態になりましたが,その後,突然足趾が壊死して入院。高度貧血と腎機能障害があり治療開始。貧血の改善で創の状態も落ち着き退院。数カ月後に再度悪化し,再入院。まるでジェットコースターのような経過をたどり,下腿や足背に次々に膿瘍形成するようになり,下肢切断になりました。ちなみにこの間,血糖値もHbA1cも一貫して正常範囲でした。

 恐らく,未治療時代に下腿の細動脈閉塞が行き着くところまで進行してしまい,血糖値が正常になっても動脈は正常状態に戻れなくなったのではないかと思います。

引用終了

切り傷や筋挫傷、骨折すると受傷部が完全には元に戻らないように、血管内皮も完全に元に戻ることは無いのでしょう。
自覚症状にも乏しいため、糖尿病が「静かなる殺し屋(サイレント・キラー)」と呼ばれるのも納得です。

体調不良でたまたま受診した桐山さんですらこういった経過を辿ったのですから、糖尿病の疑いがある方や、メタボと診断された方は、一食だけ抜くプチでも何でも構わないので、一刻も早く糖質制限を開始すべきでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またしても遅刻での参加になってしまいましたが、行ってきました!!!
豚皮揚げを食べる会in志木。


毎度お世話になります、幹事の丸山さん。


今回はピアノをレンタルして夏井先生の演奏を楽しませてもらいました。
手前に置いてあるコップに入っているのは、「美味い」と仰っていたテキーラかな?

お酒ゾーンにいらした方々①


お酒ゾーンにいらした方々②
このゾーンにいるからと言って呑兵衛という訳ではありませんが、2回映っている方は呑兵衛でしょう(笑)


ピンぼけでスミマセン<m(__)m>

遅刻してしまったので、お料理の写真は撮れずじまいです。


小さな糖質セイゲニスト?


糖質制限ファミリーも珍しくなくなってくるのでしょうか。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、駅近くの飲み屋さんで二次会です。

二次会①
やっぱり糖質センゲニスの乾杯酒はハイボールでした。


二次会②
今回は諸事情でまだまだ酔いが浅い丸山さん(笑)。

宴は3次会まで続き、やはり帰りの足取りの記憶が・・・。

今回はカメラのアクシデントもなかったのですが、余り写真が撮れませんでした。

その代わり「お酒屋さんですか?」と聞かれてしまうくらい、お酒のサーブに奔走させてもらいました(笑)。

夏井先生、幹事の丸山さん、参加された皆様、楽しい時間をありがとうございました。

ちなみに私が参加させてもらった過去の豚皮会の様子は下記をクリックするとご覧になれます。
第1回豚皮揚げを食べる会in志木
豚皮揚げを食べる会in山梨・石和温泉
’15年9月12日 豚皮揚げを食べる会in志木

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨シーズンはリーグ7位と低迷していましたが、
今季ここまでブンデス・リーガで5勝2分けと負けがないドルトムント。
躍進の陰には食事内容を変えたことが大きいとのことです。
しかも「パスタと糖分がたっぷり含まれたソースは過去のもの」とのことなので、
その内容は「糖質の摂取量を減らす」ということがメインのようです。
2015年09月17日

引用開始

ユルゲン・クロップ前監督が率いていた頃、午前練習後の食事はデリバリーサービスで済ませることが多かった。料理を作っていたのはイタリア人のトニ・ペースで、ソースがたっぷりかかったパスタが看板メニューだった。
 
 だがトゥヘルが監督に就任するや否や、ペースは契約を打ち切られた。あまりに突然の通達に彼は激怒し、「私のパスタソースでドルトムントは3度マイスターになれたし、チャンピオンズ・リーグでも優勝したのに」と唇を噛んだ。
 
 こうして、小麦粉が主成分のパスタと糖分がたっぷり含まれたソースは過去のものとなった。この“食事改革”は功を奏し、多くの選手が減量に成功している。マッツ・フンメルスは「4キロは体重が減った」と語っているし、イルカイ・ギュンドアンもかなりスマートになった。香川もおそらくそうで、プレーが非常に軽やかになった印象を受けるのだ。

引用終了

以前、香川選手がパスタが好物でよく食べるということを
テレビ番組で見かけたことがあるのですが、
きっと食べる回数とかも減らしているのでしょう。

テニスのジョコビッチ選手 に引き続き
日本代表でも話題になった「減量」のために
サッカー界でも糖質を控える流れが加速するかもですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
過去の記録を見ると、もう志木だけでも4回目だそうです。

何故かエイ皮財布アピールの夏井先生(笑)。


開始2時間経ってませんが、夏井先生の顔が結構赤いです。


ナイススマイルあざっす(^^♪お1人を除き(笑)。


幹事の丸山さん
最近はMEC食にはまっているらしく、体調も頗る良好とのこと。

お酒も入れて、奮発して買ったD5500で撮りまくろうかなぁと思った矢先、
なんとカメラがSDカードを認識してくれなくなりました((+_+))

ここから先はスマフォ撮影です。
しかも色々とありましてもう二次会(笑)。

何やら真剣なお話しでしょうか。


丸山さん・・・。

楽しい会は3次会まで続き、
帰りの足取りの記憶が・・・。

夏井先生、丸山さん、参加された皆様、
楽しい時間をありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マンガ『炭水化物が人類を滅ぼす』 最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う!/おちゃずけ

本ブログでも何度も紹介している糖質制限食と
その結果として得られる体重減少ですが、
男性が成功することはよく報告される一方、
女性には失敗(継続できない等)が多いようです。

監修を務められた夏井睦先生(♂)も
「甘いものが元々嫌いだった」そうですし、
私自身も糖質制限以前から
糖分、特に麺類と清涼飲料水にはほとんど執着が無かったので、
比較的容易に継続することができたと思います。

※現在私自身が「主食」から摂取している糖質量は、
1週間に1回程度市販のパンを買って食べる程度です。

今回紹介する本の著者おちゃずけさん(♀)も
様々な勘違いから糖質制限ダイエットを断念しかけたそうです。

・糖質だけでなく無意識に脂質まで制限してしまうカロリー神話の呪縛
・脂質制限による糖質依存症
・適正体重と美容体重のギャップ

そういった女性が陥りがちな糖質制限ダイエット時の
落とし穴について詳しく書かれています。

他にもエステサロン経営者の
「にきびにはまずは糖質制限!」という話や、
妊娠と糖質制限といった女性ならではの話題、
更には取材を元に描かれた様々な女性の
糖質制限による体調改善の話もとても興味深いです。

またおちゃずけさん自身の糖質制限時の食事の工夫も
失敗談も含め豊富に描かれています。

私の様に人様に糖質制限を勧める
人間にとっての手引書にもなります。

そもそもこの本を書く強い動機となった
おちゃずけさん自身の過去のダイエット失敗談も
赤裸々に描かれています。

作中のおちゃずけさん自身の下記の言葉に、
この本に込められた「思い」が詰まっているかと思います。

引用開始

母となって、娘を持って、つくづく
全ての若い女の子たちに
間違ったダイエットで苦しんでほしくない、
ダイエットのために、死にたい・・・・・・なんて思わないでほしい。


引用終了

夏井先生の『本書はまさに「糖質制限を実践する際のトラブル・シューティング集」』
という言葉が、的確にこの本の存在意義を表現していると思います。

糖質制限ダイエットがどうしても上手くいかないという方はもちろん、
糖質制限に興味があるがまだ始めていないという方や、
既に実践し効果を感じその素晴らしさを多くの人に知ってほしいという方まで、
是非この本を読んでみることをお勧めします。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
糖質が皮下脂肪増加の原因」という認識が広まっているのでしょう。
お酒(第3のビール)、パンに引き続き、
カップめんでも低糖質アピールの商品が出てきました。
(と言っても糖質25.2gなので、糖質セイゲンジャー的にはアウトですが、
選択肢が増えるのは消費者側としては嬉しいことだと思います)

この流れが進むと、
お米の消費量が今以上に減ることが考えられますね。

おいしさそのまま、糖質50%オフ  糖質が気になる人の「はじめ」てのカップ麺
2015年4月18日

引用開始

ラーメンは好き。でも糖質が・・・という人のために明星食品が商品化したのが、一般的なカップ麺と比べて糖質を半分に抑えた、どんぶり型のノンフライカップ麺「明星 低糖質麺 はじめ屋 糖質50%オフ」の醤油豚骨味とコク旨塩味。

引用終了
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかずは一切摂らずに白米、水、日本酒だけを摂取するとどうなるか
実験してくれた方がいらっしゃったそうです。


体重の部分も重要ですが、
江波戸的に気になったのは下記の部分。

引用開始

「むしろ身体よりもメンタルがヤバかったですね。鬱に近い状態になります。本当に何もやる気が起きなくなるんです。集中力もなくなるし、本を読んでも全く頭に入らない。起きてるのも嫌になって寝るだけになったり……。微熱がある時みたいに頭がポワンポワンするし、普段よりイライラするし……」

引用終了

「糖分は唯一の脳の栄養」
「糖分を摂らないと頭が働かない」
なんていう主張・ご意見を度々耳にしますが、
ケトン体という物質も脳の栄養になることは
生化学の教科書にも記載されていましすし、
この実験主さんの感想からしてもそうではないようですね。

上記の様な鬱っぽい症状でお悩みの方で、
糖分を毎食&間食で摂っている方は、
糖質(≒炭水化物)を控えてみるのも手ですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。