2011-03-22 01:36:13

3月例会の記録

テーマ:例会

3月16日 例会 18:30~ @関内フューチャーセンター(仮称)



参加者:15名



例会の様子


横濱まちづくり倶楽部ブログ


主な内容



関内フューチャーセンター(仮称)について■



関内・関外地区は、開港以来、横浜の経済・産業をけん引してきましたが、近年では事業所や従業者数の減少や業務ビルの空室率の増加等、業務機能の低下が緊急の課題となっています。

このような状況を踏まえ、横浜市との連携・協働のもと、シェアオフィス型のビジネスインキュベート拠点「関内フューチャーセンター(仮称)」を開設します。

社会起業家とアーティスト、クリエイターなどの集積・コラボレーションや海外ネットワークの構築を促進することで関内地区のイノベーションを導出し、業務機能を再生していくことに力点を置いた新たなまちづくり拠点を形成します。

このような目的によってできた施設であり、今回の例会が記念すべき施設の最初の利用となりました。

今週からオープンするとのことなので、興味のある方は是非立ち寄ってみてください。


http://innovation-initiative.jp/#top





■アクションポート横浜について■


 アクションポート横浜は、横浜に関わるNPO、企業、大学、行政等の異なる性格の組織が、対等に集い連携できる場を形成し、かつ、多様な人材を育成し地域参加の機会を創出することをもって、地域の様々な課題の解決を促し、環境に配慮した都市づくり、多様な文化・属性をもつ人たちの生活や人権が保障される共生社会づくり、市民が支える地域社会づくりの実現に寄与することを目的とする組織です。

 そして、その目的を達成するために、市民や組織の連携により、新たな事業やシステムを創造するためのプロジェクトや、市民や市民活動団体の地域の課題解決や、そのための組織運営を支援するプロジェクトに力を入れつつ、市民活動や地域の課題解決に関する、相談やコーディネート、情報提供や問題提起、政策提案、研修・講座などを実施します。また、これらの上記事業を推進するための、創造と連携の拠点づくりを目指しています。

 最近行った活動事例としては、横浜サンタプロジェクトや横浜都心部コミュニティサイクルの社会実験などがあり、例会では後者の活動を主に紹介して頂きました。







■横浜都心部コミュニティサイクルの社会実験について■


 「横浜都市交通」「関内・関外活性化推進計画」に位置づけられた都市部活性化、観光振興及び「横浜市脱温暖化行動方針 CO-DO30」ロードマップの交通分野における脱温暖化に向けた先進的な取り組みとして、横浜都心部におけるコミュニティサイクルの長期社会実験を行っています。

従来のレンタサイクルとの違いは、好きな場所で借りることが出来、どのポートに返しても大丈夫という点があります。

 議論として出たのは、ポートや自転車のデザインが重要であるとのことです。レンタサイクルの先進都市であるパリでは風景にあうように自転車がデザインされています。つまりレンタサイクルの利用風景が横浜の絵になってようやく定着したものといえるのであり、そのためにはデザインによって魅力的な風景をつくる必要があるとのことです。







■YOKOHAMA PICNIC MARCHEについて■


 今年の会の事業としてマルシェをやることが決まりました。今回の例会では企画書ができたのでその内容について報告がありました。

以下概要です。




・趣旨


水辺空間は横浜の観光・文化的な要素が凝縮しているエリアです。

それは、この土地が国土の「端部」ではなく、文化と文化をつなぐ結節点「中心」であるからにほかありません。今でもこのエリアは、赤レンガ倉庫、大さん橋、山下公園など流動的な観光客が多く訪れる魅力的な場所です。その「中心」から見える風景の中には、経済力や生産力はもとより、日本の近代を拓いた歴史、文化、営みが含有されています。

ここで最も価値のあるものは「風景」と考えます。

この度、ヨコハマピクニッククラブは、交流交易の中心であったこの場所に、横浜の魅力を凝縮した「マルシェ」、凝縮した風景を楽しむ「ピクニック」を企画・実施します。

この試みによって、横浜によって生産された文化や食、魅力ある商品などを凝縮させ、市民の店や市民、アーティストなどからの商材を通して、観光客などの来訪者に、多様な「横浜」の姿を伝えます。

期間中は、オープンなピクニックサイトとして、商業・観光施設などの周辺施設への回遊拠点となります。

YOKOHAMA PICNIC MARCHE企画書より引用)


現在開催日程としては、201164日(土)としています。

※雨天時翌日5日に順延



また、開催に関して象の鼻で物品を売ってはいけないという決まりがあり、現在どうするか検討中とのことですが、これに伴って42日(土)にピクニックをやりながら詳細計画を決めたり、出店希望の相談をするとのことなので、都合のつく方は是非参加してください。







■はまふぅどナビについて■


 はまふぅどナビとは、横浜の「食」「食卓」と「農地や農業、農産物」を結ぶための情報紙のことです。直売所、旬の農産物と料理レシピ、農体験などの行事、地産地消に取組む人、横浜市の地産地消に関する取り組みなどを紹介しています。

今月の特集は横浜みどりアップ計画2年目の成果として水田保全面積が100ヘクタールを突破したことが書かれています。地産地消のお酒などについても記載されていて、横浜の農の取り組みについて紹介して下さいました。



























AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。