イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのBlog

イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのブログ


テーマ:
さぁや
こまたけ

下午好!
またまた登場、e☆イヤホンスタッフこまたけさぁやです。

さてさてイベント終了から時間も経ち、いまさら感もありますが「香港高級視聴展」視察レポートです。
マイペースながらも更新していきますので、ぜひぜひ読んでみてください!

【#AVshow】2014 香港高級視聴展 レポート!【その①】

【#AVshow】2014 香港高級視聴展 レポート!【その②】


香港高級視聴展
2014 香港高級視聴展(2014 Hong Kong High-End Audio Visual Show)

今回は香港のオーディオショー「香港高級視聴展」にて、展示されていた商品の中でも
日本未発売のヘッドホンなど、気になる商品をピックアップしてお送りいたします!

まずはこちら!


Philips Fidelio X2


まずは何と言ってもこちらですね!
日本でも好評なモデル「Philips Fidelio X1」の後継機、「Fidelio X2」です。

まずは外観。


現行の「Philips Fidelio X1」とまず異なるのが、ヘッドバンドのカラー。
展示されていた「Fidelio X2」のヘッドバンドはブラックです。
またハウジング部のパーツもブラックになっており、全体的に黒で統一された
よりシックなイメージになっていました。

次は装着画像。


とても高級感がありますね。
また注目したいのが、ヘッドの部分。

現地で比較できなかったので個人的な感覚になりますが、ヘッドの部分に大分余裕がある印象です。

「Fidelio X1」では少し窮屈に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
「Fidelio X2」だと個人的には窮屈さは全く感じられませんでした。
装着間は大分向上している印象です。

ちなみに会場のデモ機のケーブルは全て純正のものではなく、
オヤイデ電気さんのケーブルが使用されていました。

会場のスタッフに伺ったところ、
「オヤイデ電気のケーブルは品質もよく、音質も優れてるから使ってるよ!」
とのことでした。

【実際に試聴してみました!】

音質的には見事に「Fidelio X1」のクオリティを引き継いでいます。
非常にバランスの良い、自然な音作りです。
低域が確りと出ており優しく包み込んでくれるような音作りですが、
全音域をきれいに聴かせてくれます。
さすがはゴールデンイヤーを有するPhilipsと言ったところです。

会場に「Fidelio X1」が無かったので比較が出来なかったのが残念でした。
日本でも登場するのが待ち遠しいですね。

そして最後に中国語ですがスペック表。


現行のPHILIPS Fidelio X1はこちらからご確認ください!
▼PHILIPS PHILIPS Fidelio X1 e☆特価¥42,800-


そして続いてこちらもご紹介!

FOCAL SPIRIT CLASSIC

「FOCAL SPIRIT CLASSIC」が展示されておりました!

FOCALと言えば、日本でも「SPIRIT PROFESSIONAL」など展開されており、その高い音質からも
人気のあるヘッドホンです。

「FOCAL SPIRIT CLASSIC」が如何なるものか、見ていきます。


形状は現行のFOCAL SPIRITシリーズと基本は同じ形状です。
人間音響工学に基づいて設計されたと言うSPIRITシリーズ宜しく、音響重視で設計されながらも
装着間は良好です。

カラーは全体的にブラウンや落ち着いた配色がなされております。
若い方よりも、落ち着いた大人の男性などに非常に合いそうなスマートかつラグジュアリーな印象です。

既存のシリーズと一目見て違うのは、ヘッドバンドの部分です。
非常に高級感もあり、厚みのおかげで装着感も向上している印象です。
頭頂部の痛みなどもより無くなりそうですね。


ヘッドバンド上部には「THE SPIRIT OF SOUND」と刻印。
さりげなく高級感を演出しています。


イヤーパッドも厚みがあり、その良好な装着感に一役買っています。
レザーで高級感もあります。

【実際に試聴してみました!】

これは非常に素晴らしいです!
特に素晴らしいと思ったのは、中域・低域。

既存のSPIRITシリーズと比べ、中低域のクオリティが上がっています。
下の下までしっかりと表現している低域と、
とてもマイルドで滑らかな中域は、既存のヘッドホンの中でもかなり高いレベルにある印象。

とげとげしさなど全く無いので、長時間音楽に浸ることが出来そうです。

形状的にもさほど大きくないので、ポータブル出来るのも嬉しいポイントです。

最後にまたまた中国語ですが、スペック表。


「SPRIIT」とスペルミスしているのはご愛嬌。

FOCAL SPIRITシリーズはこちらから!
▼FOCAL SPIRITシリーズ:e☆イヤホンWEB本店ページ

さて、いかがでしたでしょうか。

どちらの機種も非常にハイレベル・ハイクオリティなモデルで、日本でもかなり人気の出そうなモデルです!
現状日本での登場時期などは未定ですが、非常に待ち遠しいですね。

さて、第③弾はここまで。
続いて第④弾でも気になるモデルを紹介していきます!
お楽しみに!
いいね!した人  |  リブログ(0)

イーイヤさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります