イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのBlog

イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのブログ


テーマ:

どもー!大阪日本橋本店店長のたっくんです!

「10Proのケーブルを作ってみよう!」も今回で完結です!


前回までの記事はこちら↓

【やってみた】10Proの自作ケーブルをつくってみよう!

【やってみた】10Proの自作ケーブルをつくってみよう!Vol.2


では、Vol.3に早速いってみましょう!


前回に引き続き、プラグ部分の製作に取り掛かります!
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
こんな感じです。

プラグに合わせて長さを調節して下さい。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
プラグを近づけてみて大体の長さに切って下さい。


ここで、忘れがちなプラグカバーを先に通しましょう!
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
これを忘れると、あとで絶望しますので、必ずプラグを作る前に先にカバーを通しておいてください!


プラグについてですが、このプラグは3.5mmのステレオミニプラグと呼ばれているプラグです。

プラグ部分に2本の線の様な、黒い絶縁体が確認出来ると思います。

一番右側がLチャンネル、中央がRチャンネル、それ以外がGNDになります。
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
プラグをミニ万力で固定します。最初に一番近いGNDからはんだ付けします。


ちなみにGNDの端子に予備はんだをしておきましょう!


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
GNDは右チャンネル、左チャンネルから各1本ずつあるので、2本まとめてGNDにはんだ付けします。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
続いてLチャンネル、Rチャンネルをはんだ付けしていきます。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
穴に線を通して仮固定します。手前側がLチャンネル、奥側がRチャンネルです。


左右のチャンネルに間違えがないかどうか確認したら、はんだ付けして下さい。自作ケーブルではプラグの内部で線材が切れて断線する事が多いので、丁寧に処理しましょう。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
はんだ付けをして、余った線材はカットしましょう。


ニッパーの錆が気になりますね(^^;小学生くらいから使っているニッパーなので、もう動きが悪いです。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
はんだ付けが終るとこの様になります。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
断線防止に役に立つので、カバーをかけて下さい。カバーの繋がっている部分はカットして使いましょう。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
プラグ上部のカバーを装着し、先に通しておいたプラグカバーを戻してきます。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
ネジに合わせて固定します。これですべての作業が完了です!

テスターで通電確認をするのがベターです。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
完成です!


早速WEB担当カーシーに聴いてもらいました。


当店スタッフのタクヤが自作したケーブルで試聴。線全体が固く、なかなか曲げづらい、自作ケーブルの特徴か。しかし、問題は外じゃなくてやはり中身。実際に愛用の10proに装着してみて聞いて みた。違いはハッキリとわかる。ボーカル部分、ノーマルケーブルは声が近く感じ、このオーグラインは遠く感じる。しかし楽器の距離感はとてつもな く近くなる。楽器と声の陰影がはっきりしており、音が重なるたびに歓喜する。ノーマルケーブルの欠点でもある音の曇り、靄ももちろん晴れて、クリアに聴こえる。線を変えるとココまで変わるか!?一音、一音聴き逃さないでほしい素晴らしさ。


と中々の評価をいただきました。また何か自作して記事に書いていきたいと思います。

以上たっくんでした。


PS.自作して散らかした部屋の片付けしなきゃ…


関連記事

【やってみた】SHUREの自作ケーブルを作ってみよう!

【やってみた】SHUREの自作ケーブルを作ってみよう! Vol.2

【やってみた】SHUREの自作ケーブルを作ってみよう! Vol.3


自作関連商品ページ(e☆イヤホンwebページへ)

http://www.e-earphone.jp/shopbrand/038/P/

いいね!した人  |  リブログ(0)

イーイヤさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります