イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのBlog

イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのブログ


テーマ:



どもー!大阪日本橋本店店長のたっくんです!

前々からやるやると言って中々出来ていなかった10Proケーブル自作記事をやっとUPする事ができます(^^;遅くなって申し訳ないです。


作業しては写真を撮り、また作業しては写真を撮り…の繰り返しでエライ時間が掛かってしまいました。また、分かり易く写真が多い方が良いだろうと思いましたので、何回かに分けて更新していきます!ぜひご覧ください。


僕自身中学生の頃に工作の授業で半田ごてを使ったことがあるくらいですのでペーペーもいいとこです。

高校は普通科、大学も経営学部ですので、工業的なことは全くの素人です(^^;

間違っている点もあるかと思いますが、「初心者でも簡単に作れます!」的な雰囲気を感じていただき、コイツでできるなら自分でも出来そうと思っていただけたら幸いです。

あと、自慢じゃないですが不器用ですしガサツなので、処理が雑になることが予想されます(^^;


自作ケーブルを使用しての製品の故障などの一切の事象については、自己責任となりますので、ご了承ください。


では早速行ってみましょう!

用意するもの


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
工具系…ニッパー、はんだごて、ケーブルストリッパー(あると便利)、クリップ(あると便利)、ミニ万力(あると便利)

材料系…ケーブル×4本(今回は1M×4を用意)、プラグ、D-Subピンオス×4、ピンコネクタ(1列2穴)、熱収縮チューブ


これくらいでしょうか…。ここで紹介していなくてあとで突如登場したらごめんなさい(^^;


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
早速準備します。久しぶりに取り出したはんだごて…。

果たして上手に使えるのだろうか…。さらにここで気が付いたんですが、はんだごての先が欠けている…。



イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
ここが10Proのケーブルを作る上でなかなか重要なとこ!

10Pro側のコネクタです!

D-Subピンの小さい方をえらびます。このピンは2種類あり、圧着タイプとはんだ付けタイプがあります。

どちらも電子パーツ屋で販売されています。はんだ付けタイプは名前の通りはんだを使います。

圧着タイプははんだを使わず、つぶしてくっつけてしまうタイプです。

本当なら圧着の方が良いのですが、圧着用の機材ってかなり良いお値段がするので、今回ははんだ付けタイプを使用します。


※はんだ付けタイプのピンは RS さんで購入しました。
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
今回は豪華にオーグラインで作ってしまいます!


分かり易く信号線を緑、グランド線を白の計4本です!


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
なぜ4本かというと、信号を送る線と帰ってくる線(GND)が片耳でそれぞれ必要なので4本必要です。


10Proがどんな風に音が変わるのか楽しみです!


まずは10Proのコネクタ側から制作します。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
意外と難しいケーブルの被膜剥き…。


さっそく楽をしてケーブルストリッパーを使ってサクサクと作業を進めます。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
約1cmくらい剥けば十分です。

いやーケーブルストリッパーはかなり作業が楽になりますね。


とりあえず4本全部被膜を剥きました
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
続いてピンの方を処理します。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
ケーブルを付ける前に先にはんだを溝に溶かし入れます。


ここで、はんだごての先が割れて太くなっているのでかなりストレスが溜まりました。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
そして右手にはんだごて、左手にケーブルを持ちます。ピンの中にあらかじめ入れていたはんだをもう一度溶かし、固まる前にケーブルをまっすぐ挿して固定します。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
4本同じようにしてください。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
コネクタにはめていきます。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
こんな感じです。


このコネクタサイズはピッタリなんですが、固定力が弱いです。ピンが動いてしまうので、しっかりと圧着チューブで固定します。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
熱収縮チューブは名前の通り、高温を当てると縮まります。

僕はドライヤーを当てて収縮させています。


イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
こんな感じにしてみました。この辺の処理はホントにこれで正しいのかわかりません。

なにかいい方法があれば教えてほしいです。


このあとさらに熱収縮チューブをコネクタ部全体を覆うようにかぶせます。

が…
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」のBlog
かなり長くなってしまったので、今回はここまで!

まだまだ続きます!次回はコネクタ部の処理から!


参考程度にでもなれば幸いです。


以上たっくんでした!


【やってみた】10Proの自作ケーブルをつくってみよう! Vol.2

【やってみた】10Proの自作ケーブルをつくってみよう! Vol.3


関連記事

【やってみた】SHUREの自作ケーブルを作ってみよう!

【やってみた】SHUREの自作ケーブルを作ってみよう! Vol.2

【やってみた】SHUREの自作ケーブルを作ってみよう! Vol.3



自作関連商品ページ(e☆イヤホンwebページへ)

http://www.e-earphone.jp/shopbrand/038/P/
いいね!した人  |  リブログ(0)

イーイヤさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります