イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのBlog

イヤホン・ヘッドホン専門店 旧e☆イヤホンのブログ


テーマ:


こーんにーちはーーーーーー!!

あの花映画みにいきたいいいいいいいいいいいいいいいいい!!

めんまーーーーーー!!!!
じーーーんたぁああああああああああああああんんんん!!

・・・・・ゆきあつ。

今日からあの花の名前を僕たちはまだ知らない。劇場版が放映されますね!
女の人はすっぴんになって帰る程泣けるんだとか。要注意。

さて、あの花もいいけど
e☆イヤホンはおかげさまで6周年目前!

6周年
ぐっちとあやぱん。
シックスガールズ。
6にみえますか?みえますよね?
ぐっちは笑顔なんです。スマイル100%なんですけど、隠れててなんかこわいカンジになってますw

そんなこんなで楽しいたくさんの企画進行中です(^O^)!


詳しい記事はたっくんが書いてくれていますので、こちらを要チェック!
【告知】9月7日でe☆イヤホンは6周年を迎えます!

たくさんのイベント開催予定ですが、こちらは現在開催中!!!

     e☆イヤ6周年
\キックオフスピードくじ!!!/



WAO\(^o^)/
景品にbeats mixr neonカラーじゃありませんか!!!
しかもe☆イヤっぽいオレンジ色ですね!

私もbeats mixr愛用中です!
かわいくって音もよくて目立つ!
人とはちょっと違うカラーで気分もウキウキします!

さらに今回のスピードくじは
キャリーオーバー制!!!
本日開催中のスピードくじの景品が、出なければ次の日に持越し!!!!!

本日開催中スピードくじの景品はこちらから!!

■【店頭限定イベント!】eイヤ6周年前夜祭!スピードくじ!

9月1日(日)e☆イヤホンがアツイ!!!!!!

コチラのイベントの参加方法は
3,000円以上のお買いもの 又は 3,000円以上の買取りご成約で1回チャレンジ!

さわって当てろ!ミステリーボックス☆もやってるよー(^O^)!!
e☆イヤホン店頭にて

    \待ってるよ~~!!/

6周年
福くんも見事大当たりー!
第1回はカンタンすぎたかなー(^O^)???

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

たっくん
どもっ!!秋葉原店SVのたっくんです!

言いたかったけど、言えなかった…

本日全貌公開!


これだっ!


VERMELHO(ヴェルメリオ)

▼Bispa BSP-PHPA-03EB e☆特価¥39,800-

e☆イヤホンの6周年記念として発売するポータブルバランスヘッドホンアンプです!
約半年の歳月をかけて、Bispaさんと音やカラーリングについて企画を進めてきました。


バランス接続での音の良さを感じ、OPAMPによる音の変化を楽しんでいただければと思います。

本回路は「低電圧動作可能で性能の高いオペアンプ」を使ったヘッドホンアンプになります。
利得段にはトップクラスのローノイズ性能を誇るTi社製「OPA1602」を採用。
交換用のOPAMP OPA2211(青基板)
も付属しています。

さらに、このオペアンプの性能を存分に活かすための変換基板を合わせて採用しています。
ドライブ段には、最新のローノイズ差動出力オペアンプを採用しました。

様々なイヤホンやヘッドホンをバランス良く鳴らすのに十分な本格的なBTL出力対応ポータブルヘッドホンアンプになります。


バランスケーブルは別売で買うと高いですし、すぐに使っていただける様に付属品としました。

また、バランスとの音の違いも感じていただける様に、バランス to シングルのケーブルも付属品に含まれています。

<付属品(予定)>
BSP-PHPA-03EB本体 
SE変換ケーブル(赤)
ALOバランスコネクター変換ケーブル 
JPピン:4個 
化粧ビス:2個 
電池脱落防止シート:1枚 
専用MMCXケーブル

取り扱い説明書 
保証書




VERMELHOの名前の通り綺麗な赤色に仕上がりました。

<仕様>
寸法:107×67×27mm(最大寸法)
電源:単4電池×4本使用(充電池)
入力及び出力端子規格:入力…3.5Φステレオミニジャック / 出力…TinyXLR-5PIN
再生周波数帯域:15Hz~100KHz(±1dB)
入力インピーダンス:約10KΩ
推奨インピーダンス:ローゲインモード時…11Ω~300Ω/ハイゲインモード時…32Ω~600Ω
※電池は、入手性と取扱いが容易な単4電池を4本使用します。1.2V800mAhの単4充電池4本で、連続20時間程度利用する事が可能です。


さらに…

購入特典企画!


BSP-PHPA-03Gold OURO

この金色に輝くアンプは、今回の6周年企画を記念してプレゼント用に作られたアンプです。
実はこのポターブルバランスヘッドホンアンプは…
世界に3台しかない貴重なポタアン!


そんなOURO(オーロ)をVERMELHOご購入の方から抽選で2名様にプレゼント!(1台はeイヤホンで保管しておきます。)

実は、搭載しているコンデンサも、金色でお馴染みのニチコンコンデンサが積まれているこだわり様(^^;
世界で3台しかないOUROは手に入れた人しか聴けません!

ぜひご応募ください!

応募方法は製品の中に入っている応募用紙にご記入いただく形になります。
応募詳細は後日告知させていただきます。


ということで、やっと告知解禁できました!
試聴機は明日の営業開始から各店で可能です!ぜひご試聴ください!

オススメはSE535LTD-Jです。

以上たっくんでした!

PS.製作期間が長すぎたw

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

たっくん
どもっ!!秋葉原店SVのたっくんです!

ランチパックの宇治抹茶クリームがおいしいです。
まだ食べたことない方!ぜひ食べてみてください!

さて、本題!

今回はSHURE SE846CL-Jを徹底的にご紹介いたします!

ということで…

SE846
SE846を聴いてみた!

SHUREのイヤホンには、個人的にすごく思い入れがあります。
大学生の頃、持っていたイヤホンが断線し、『なんとなくいいイヤホンを…』 と買ったE2cがきっかけで、イヤホンの世界にのめり込むことに。

僕の原点ともいえるイヤホンメーカーが 『SHURE』 です。

そんなSHUREのフラッグシップイヤホンとして登場したのが 『SE846』 です。

▼SHURE SE846CL-4 e☆特価¥99,800-(ご予約受付中/予約順に入荷次第ご配送)

SE535が発売して3年程経ちますが、
最良のイヤホンを目指し作られたとのこと。


SE846

これまでのSHUREのイヤホンとは型番が変わっています。
これまではSE○○○の様に3つの数字で、一番左がグレード、真ん中がドライバー数、右が5ならリケーブル可能なモデルを表していました。

SE846では数字の数こそ一緒ですが、型番に違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか?

8ついては、特に意味はないそうで、とにかく良いものが出来たということで、5から3つ飛んで8を付けているそうです。
真ん中の4はドライバー数を表しています。
6はノズルの変更が可能という、着脱可能というだけではないさらに機能を持ったイヤホンであることを意味しています。

SE846

ケース

適度な硬さと柔らかさを持ったケースです。
正方形の形をしているので、収納時にイヤホンのケーブルにも負担がかかりにくいです。
大きさも適度な大きさで実用性があります。

付属品の多いSE846ですが、ケース内側のポケットにノズルケースごと収納できるので非常に便利です。


SE846

ノズルケースとノズルキー

ノズルケースは付属のノズルインサートを収納しておくためのものです。
ネジ式のフタになっているので、不意にノズルインサートを落としてしまうことがないですね。

右側のものがノズルキーです。
ノズルキーはノズルインサート交換時に使用します。
ノズルはボディ根元のネジ式のロックを、ノズルキーで回転させて外して交換します。

後ほど交換の様子をお伝えします。


その他付属品

これまでの製品とほぼ同じ付属品。
ボリューム付の延長ケーブル、航空機用変換プラグ、3.5mmステレオミニ→ステレオ標準変換プラグクリップ。
写真には載っていませんが、SHUREのロゴ入りクロスも付属しています。


MMCXコネクタ

これまでのSHURE製品と同じ、MMCXコネクタを採用しています。
プュッシュプルの方式で着脱が非常に簡単です。

各社からSHURE用に発売されているMMCXコネクタ交換ケーブルを購入することで、更なる高音質、自分好みの音を目指すことができます。

ロットによるかもしれませんが、コネクタはこれまでの金メッキのものとは変更されている様です。

ケーブル

素材は変わっていないそうですが、クリアケーブルの透明度が上がっている様に感じます。
本体色のクリスタルクリアーに合わせて作られている様です。

114cmと162cmのケーブル2本が付属しており、使用用途に合わせてケーブルの長さを選ぶことが出来ます。

最初からケーブルが2本ついているのは、ありがたいですね!


片側に4基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載。

ドライバーが増えれば増えるほどに、各ドライバー同士の連携と干渉の調整が難しくなります。
当然ながら4基ものバランスド・アーマチュアを、制御するのは非常に難しいです。
4基のバランスド・アーマチュア使用しても、ネットワークを上手に組まないと、音質的なメリットが得られない。
そのためSE846の開発段階から、4基のバランスド・アーマチュアを搭載しようと思っていたわけではないそうです。

それから研究を重ね、SHUREは
4基のドライバーを制御できる新技術の開発に成功しました。
新技術の開発によって、SE846では4基のバランスド・アーマチュアを搭載することが出来る様になったそうです。

SE846の分解図。

ドライバーの前についているのが 『ローパスフィルター』 です。
ノズル部分の青いものが 『ノズルインサート』 です。

SE846のトピックとして注目を浴びたのがこの2つの機能です。

そして、4基のバランスド・アーマチュアの搭載に貢献したのがこのローパスフィルターです。

イヤホンでは世界初の技術

SE846に搭載されているローパスフィルターはこれまでなかったテクノロジー。
10枚の薄いステンレスの板を張り合わせたものです。

このローパスフィルターはローエンドドライバーについていて、不必要な100Hz-200Hz周辺のミッドレンジに被ってしまう音を、このステンレスの迷路を通すことで減衰させます。
これにより75hz周辺から自然にロールオフさせ、ミッド、ハイの音への干渉をなくし、自然な低域の再生を実現しています。

実はこのステンレスの迷路は直線距離にして4.5インチ(約12cm)のステンレスの迷路を通ります。
ミッドの音も少しだけこのローパスフィルターを通っていて、高域にかかる部分を少しだけ減衰させています。

関連動画↓


音の流れがわかる動画ですね。

続いては 『ノズル』 についてです。


交換式ノズル

交換式ノズルノズルキーを使用してノズルのねじ込み式のフタをとります。
蓋を取るとノズルが取れ、ノズルインサートを交換できます。

ノズルインサートの内部にはフィルターを入れています。
このノズルインサートはミッド、ハイの音を整えるモノです。

早速やってみましょう。


ノズルキーを使用して、ねじ込み式ロックを外します。

ロックを外したら、ノズルを本体から外します。


こんな感じ。

ノズルからノズルインサートを取り外します。
ブルーのノズルは 『Balanced(バランス)』 という標準的なものになります。

本体とノズルにピンク色のマーカーが付いています。
装着するときは、このマーカーの向きをそろえて装着してください。


SE846
3種類のノズルインサート

黒色のものがWarm(ウォーム) -2.5 dB、1kHz ~ 8 kHz
白色のものがBright(ブライト) +2.5 dB、1kHz ~ 8 kHz
本体に装着されているブルーのものがBalanced(バランス) ニュートラル

3つのノズルインサートが付属品として含まれています。

SE846はベストバランスを見つけて作っていますが、最後の好みの部分はユーザー自身にゆだねています。

実際に装着!

さぁやの耳にも納まります。これまでのシリーズに比べて、大型になりました。
しかし、面が取れ、丸みを帯びているので装着感が非常に良いです。
女性の耳には、少し大き目かもしれません。

実際に聴いてみました。

 SHUREの新製品SE846は、見た目から明らかにこれまでのものとは違っていました。やや大きくなったボディに、隙間が無い程にドライバーが詰まっています。4基のバランスド・アーマチュアドライバーが搭載され、さらに大型のネットワーク、ステンレス製のステムに交換可能なノズル。これまでのSHURE製品に無かった機能しか積まれていないと言っても過言ではありません。
 ドライバー構成は高域に1基、中域に1基、低域に2基というよくあるものですが、SE846は非常にまとまりのある音でした。
まず、パッと聴いて分かるのは、良すぎる定位感とリアリティのある低域の再生能力でした。定位感はドライバーの数だけあって、これまでの4ドライバーのイヤホンに負けない高い解像度から来るもの。広すぎず、狭すぎない音場はSHUREのモニター的要素を残しながらも、リスニングでも使用できる適切なものでした。低域は圧倒的に高い技術力で造られた10層のローパスフィルターの影響で、これまでのBAドライバーでは感じる事のできない音でした。
 BAのイヤホンで低域の音圧を稼ごうと思うと、高域側の出力も高くなり、刺さりやすくなりがち。このSE846は刺さりが一切無いと言っても良いです。低域を適度に減衰させる事で、低域の音圧を高めても、高域側に無理をさせないというものだそうです。
この効果は絶大で、とにかく聴いた人が『上手にまとまっている』と口を揃えて言うのもうなずけます。
 また、中域にスポットを当てると、とにかく生々しいの一言に尽きます。女性ボーカル、男性ボーカルのどちらでも、頭の中央に密度のある音を鳴らします。口の動く様さえ感じ取れる様なリアリティ。カスタムIEMで感じるものをこのSE846では感じる事ができました。
 ハイレゾ音源で試聴すると、性能の高さが顕著にわかります。音の立ち上がりと、消えて行く際には雑味が一切泣く、非常に滑らかです。「SHUREの音を突き詰めるとこんな感じの音かな。」というイメージ通りの音のするイヤホンです。
個人的にはノズルインサートはBright(ブライト)を使用すると、適度に音が締まりオススメです。


ということで、SE846をご紹介させていただきました。

次回納期は未定ですが、待っても損のないイヤホンだと思います。
ぜひご予約ください!

▼SHURE SE846CL-A e☆特価¥99,800-(ご予約受付中/ご予約順にご発送します)

以上、たっくんでした!

PS.一気に書き上げたので、甘いもの食べたい(^^;




いいね!した人  |  リブログ(0)