ホウキ

テーマ:

チェです。

 

掃除機がずっと調子が悪くて、

スイッチを入れると電源が30秒で落ちてしまうのです。

 

ジャパネットタカタのCMが流れる度に、

電話をかけようか心が揺らいだ年末を乗り越え、

大掃除は雑巾とクイックルワイパーで乗り切ったのです。

 

我が家はあまり広い家ではないし、掃除用具を入れておく倉庫等も無いのです。

掃除機は「その辺に置いて置いても違和感が無いデザイン」のモノが欲しい。

ジャパネットタカタでプッシュしている「サイクロンV」も気になるけど、

かさばりそうだし。結構高い。

 

うちの掃除機だって割とそこそこしたのに、5年そこそこで壊れかけ。

 

コスパ悪いなぁ。

 

安い掃除機を買おうか。

 

と、悩んでいたのですが、

結局、こいつを買いました。

 

image1.JPG

 

そう、ホウキです。

シュロ製の柄の長いホウキ。

近くのホームセンターで買いました。

 

新しい掃除機を買う迄の代用品、と思っていたのですが。

こいつが結構優れもの。

 

①まず、安い。

コストは掃除機よりはるかに安い1600円。掃除機を買おうと思うと数万かかってしまうので、このコスト差は明らか。

 

②音がしない。

夜中でも、朝方でも物音ひとつさせず、さっさとゴミをかき集めることができます。

…掃除したいけど、音が大きいからなぁ、と思っていた方にもオススメです。

 

③収納スペースを取らない。

ホウキが痛むので引っ掛けておくことが大条件ですが、

引っ掛ける場所はS字フックや壁等、どこでも作れます。

我が家は台所の後ろの棚に丁度隠しておけるいいスペースがあったので、そちらへ。

場所的には30センチ×2センチと超コンパクトに納まりました。

掃除機をしまうとなるとかさばるし、コードの問題などもあるのでそういう問題に直面しなくていいのもゴキゲンポイントですな!

 

 

④使い勝手が良い。

たまたまかも知れませんが、およそ160センチの私にはこの柄の長いタイプがピッタリでした!柄の短いタイプの方が若干お安かったんですが、数百円ケチって結構泣いているので、少し長く使おうと思っている物はそこはケチらない主義。

結果、良かった!でも使いやすいサイズは人によって違うと思うのでご自分で買う時は必ず一回持って見るといいと思います。

 

 

昔から長くあるものって、

やっぱりいいから長くあるんだなぁ、と。

しみじみ思ったのでした。

 

ではでは、チェでした。

 

 

+++++++++++++++++++

3月は宇都宮で演劇イベントがあるみたいですね!

1000円で参加団体のお芝居を全て観られちゃう、というお得なイベント。

宇都宮春の演劇フェスティバル

ホームページ見つからなかったので、参加団体の劇団ネクスト・ステージさんの情報をお借りしてます。

+++++++++++++++++++

 

 

色々頭を悩ませた結果。

今年、私はお芝居は控えめにいこうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

チェです。革命はしません。

あけましておめでとうございます。

 

連続ドラマが苦手で。

完結してから観る場合が多いです。

 

基本、せっかちなので。

1週間待てないんですよね。。。

 

だから、予告で

(面白そう)

と、思っても、

(毎週観るのがしんどい)

が勝ってしまって、連ドラはリアルタイムではほとんど観ません。

大抵はDVDでレンタルしたのを一気見するケースが多いです。

(睡眠時間を削って…)

 

年末に飲み会をした時に、逃げ恥の話になって、

旦那さんは凄くハマってみていたので、話は聞いていたのですが、

(今回もめんどくさがってみないんだろうな…)

と、思っていたら、

優しい友人がDVDを全話焼いてくれました。

 

そんなこんなのいきさつで晴れて「逃げ恥」を観ることになった訳です。

 

ここから感想*ネタバレ含む*

 

+++++

星野源があざとかったですあんぐりピスケ

そこかよ!!!

あざとかわいいっていうのでしょうか…

 

私、ガッキーがヒロインだと思っていたのに。

まさか!!源さんがヒロインだったとは思いませんでした。

あの子犬のような目は販促…

間違えた。

反則だと思いました。

 

ドラマ、面白かったですね!

コメディだったんですが、なんか色々考えてしまいました。

自分が昔派遣の管理のお仕事をしていた時に、

ずっとずっと「仕事とはなにか」を考えていました。

その時に私も「ボランティア」とか「主婦の対価」について考えていたことがあって、なんか、結構主人公のみくりちゃんには凄く共感してしまいました。

 

あと、石田ゆりこさんの役が凄く好きでした。

 

私は女の人なので、どうしても女性目線で観てしまうんですが、

リミットのある(と世間では一般的に思われている)女性はどうしても制限が出ちゃう。自分で自由に生きようとしても世の中に邪魔される(ような気がしちゃう)

だから強くなっちゃう(ほんとうはそうでもないのに…)

 

どう生きてもいいと思うんですけどね。

 

そんなことを考えながらドラマを観た年末年始でした。

 

噂の恋ダンスも改めてマジマジとみましたが、あれはウキウキしますね♪

ダンスはうちの息子が画面を見ながら一緒に踊っていて、母は息子に恋しましたよ!

 

↓だからうちの年賀状はこうなりました。

image2.JPG


 

ではでは。チェでした。

今年もブログはゆるっといきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

チェです。

先週の話なんですが、ワークショップに参加してきました。

 

本当はガッツリ2日間!

と、思っていたんですが、息子の発表会だった為、

1日目のidenshi195さんのワークショップから通しで参加させて頂きました。

 

息子ちゃんはその間パパちゃんとお留守番。

二人は男同士なかなか楽しい時間を過ごしたみたいです。

(結構大変だったみたいですがニヒヒ

 

なんか自分の中で芝居とのつきあい方をどうすればいいのかようわからなくなっていたところでした。

いいタイミングで機会を頂いたので、じゃあ参加してみるか、と軽い気持ちで参加を決めました。

 

子供居るのに好きなこととかやるなんて悪。

辞めろとはいわれるけど、続けてなんて一言も言われない。

でも可能なら続けたい。。。でも中途半端にやるなら辞めちゃえば?

 

なんてもやもやもやもや思いながらの参加でした。

 

が、結論。

 

参加して良かったです。

 

参加者も講師の方々も温かかったです。

こんな下手くそにあんなに真剣に指導してもらってありがとうございました。

 

生き方は芝居に出てしまうなぁ。

ごまかせんなぁ。

芝居はやっぱり厳しいなぁ。

でもやっぱり楽しいなぁ。

 

そんなことを考えたワークショップ。

 

ひとつわかったこと。

自分次第ってことかゲッソリ

 

 

チェでした。

 

 

++++++++++++++

ワークショップで講師をしてくださったidenshi195さん、

SAIさん公演があるようです。お時間ある方是非。

 

idenshi195 公演

 

 

舞台芸術創造機関SAI

 

 

AD

ミシン屋2

テーマ:

チェです。革命はしません。

 

お待たせっ!☆(多分待ってないと思うけど滝汗

 

前回まさかの続き物となってしまったミシン屋の話。

1ヶ月も経ってしまいましたが、更新しますよ!

 

 

前回のブログはこちら↓

 

http://ameblo.jp/e-create/entry-12223716844.html

 

あらすじ)

ミシンが壊れて修理を頼むことになったチェ、予約完了!いよいよ当日を待つのみ!

ミシンは直るのか?

 

 

+++++++++

 

はい、そして来たよ修理日当日。

凄く腰の低いおじさんがやってきました。

「壊れたのはどのミシンですか?」

との問いに、「これです」と壊れたミシンを見せました。

 

 

すると、なんだか雰囲気が一変。

 

 

なんでも、私のミシンは電気店で買える某「兄弟」の名前のメーカーのミシンだったんですが、そのミシンは基本修理が無理とのことなのです。

何故かというと、パーツがばらせないので分解が出来ない。パーツの交換が出来ない。などの理由からとか。

 

このミシン屋さんも結構そのミシンでは酷い目に合っているらしくしきりに厳しい口調で「これは安いから直らない」「安物のミシンは…」を繰り返していました。

 

知識として頂けるのはありがたかったのですが、ミシンの持ち主としては複雑な気分でした。

 

その後、ものすごいミシンのうんちく(30分くらい)を頂いて、

「直る補償はありませんよ安物なんで」

と、何回も何回もいいながら修理してくれました。

 

結果私のミシンはギリギリ直りました。

 

が、「ジグザグ縫いは不可」「速い速度ではもう縫わない方がいい」「厚物は縫わない方がいい」との3禁をいただき、

 

『次壊れたら多分直りません」

 

と太鼓判を頂きました。

 

しかし、料金が激安だったのに、わざわざ家迄きてくれるし、

ちょっと口うるさいけど

 

結果、超親切なミシン屋さんでした。

 

口うるさいのも愛ゆえだと思います。

ミシンへの愛を感じました。多分仕事が好きなんだろうと思います。

こういう職人さんは私、結構好きです。

 

そろそろ買い替えの時期が迫ってそうなので、ミシン貯金しなきゃかもしれません。。。(そんな頻繁には使わないのだけどえーん)ううう。

 

 

ではでは、

チェでした。

 

 

ミシン屋

テーマ:

こんにちは。チェです。

革命はしません。

 

11月ももう後2日なのか!

ビックリだぜ!!

 

今月はit's secret!の公演に県芸術祭。

それに絵画展と文化に触れながら秋らしく過ごした気がします。

 

色々観たので、公演の感想とか、upしたかったんだけど、

ぼんやりしていたら月末だよ。。。。

 

おいおいあげようと思います。。。

気長に待っててください。

 

ので、あえてどれにも触れない話をしたいと思います。

 

+++++++++++++

 

先日、ミシンがとうとう壊れまして、

ミシンの修理を産まれて初めてお願いしました。

 

お裁縫得意じゃないのでミシンは滅多に使わない。

だけどもなぜか持っているミシン。

それは、私が短気だから!

手縫いが大嫌いだから!!!

(ミシンで縫うと早い!直線縫いは大好き!でも布の裁断が大嫌い!)

という奴なので、基本お裁縫とは縁がないのです。

 

が、

 

息子の保育園へ持って行く布団袋(ビニール製)がとうとう壊れてしまい、

片掛けのものが欲しいと思っていたので、

よし、じゃあ作ろうかと。

 

布団袋なら直線縫いだしね☆

裁断する布もそんなに無いしね!

 

と、いう訳でいそいそと出したミシンですが、

 

うごかねぇ

・・・・・壊れてやんの。

 

どうせ年に数回しか使わないミシン。

このまま放置も考えたのですが、

また使いたい時に使えないのも切ないので修理をお願いしようとおもった訳です。

 

さて、でも、購入はもう10年近く前です。

メーカーの補償もとっくに切れているし、しゃあねぇ「ミシン修理 宇都宮」で検索。

すると、業者さんが何個かでて来たので、その中の1社に電話をかけてみました。

 

 

ぷるるるるー

 

ミシン屋「はい、ミシン屋です」

チェ「すいません、ホームページで拝見してお電話したのですが・・・ミシンが壊れてしまって。。。」

ミシン屋「はい、ありがとうございます。どのような症状ですか?」

チェ「ミシンの針が布を貫通しないんです」

ミシン屋「はい、針の調整ですね。それですと、3400円です。お住まいはどこですか?」

チェ「☆☆なんですが・・・」

ミシン屋「はい、次そちらを回るのが27日なので、27日に伺います。出張費も頂きません」

チェ「え?きてくれるんですか?」

ミシン屋「はい」

 

 

・・・・なんと訪問して頂けるということで。。。。

しかも3千円台と格安なのに出張費も頂かない、ということで。。。

 

ドキドキしながら当日を待つことになった訳です。

 

 

 

なんと、続く!!

 

IMG_0305.JPG

写真が無いのでこないだ息子と無理矢理とったツーショットを入れておく!

 

 

では、また!