2012-02-22 18:20:35

【レポート】 第3回 アイとワイン。(仮称) ~イタリアのヌーヴォー「ノヴェッロ」を楽しむ~

テーマ:「アイとワイン。」(仮称)

昨年の11月、最終である第3回のテーマは

ボジョレー解禁の前に訪れる、ノヴェッロの解禁です。



ノヴェッロ…とは、イタリア版のボジョレーヌーヴォーのようなもの。


日本ではボジョレー程の知名度がない為、なかなか飲む機会が無い。

というお声がありましたので、今回もギャラリーやさしい予感 にて

「ノヴェッロを楽しむ会」を開催いたしましたワイン



ご用意させて頂いたのはこちら!


ワインアドバイザー 真鍋摩梨 ブログ-DSC_0026-1.jpg
左: ネグラーレ ヴィノ ノヴェッロ 2011 


本日の主役です。

ノヴェッロは、ボジョレーと違いイタリアの各地で造られている新酒で

造られた地域、土地によって様々な味わいを楽しめる所がポイントです!

今回は「ロミオとジュリエット」の舞台でも有名なヴェネト州ヴェローナ近郊の

ノヴェッロを選びました。



右: テレダ ヴィーノ ピエモンテ シャルドネ ヴァッレレン ブリュット


ノヴェッロは、ボジョレー同様に収穫をお祝いするお祭りですので

まずは乾杯!にイタリアのスプマンテをご用意しました。



ワインアドバイザー 真鍋摩梨 ブログ

まずは乾杯を…


1本泡モノが入るだけでお祝い感が増しますよね!

泡モノ=シャンパン=高価 

というイメージが付きがちですが、シャンパーニュにこだわらなければ

安くて、とても美味しいスパークリングはたくさんありますので

これからもどんどんご紹介していきたいと思っておりますニコ



さて今回のスプマンテのお味は…

抜栓した瞬間から爽やかな香りが広がりワクワクさせます。

色はやや濃いめの黄色でしたので、香りに比べて味わいは華やかでした。

熟した黄色系果実、白い花、はちみつの香りも感じられますが

飲み口はキリッと辛口できちんと締まります。

コストパフォーマンスの高いスパークリングでした。



そして、乾杯の後は今回の主役、ノヴェッロ説明を!


ワインアドバイザー 真鍋摩梨 ブログ


先程も少し触れましたが、

フランスのボジョレー ヌーヴォーは、ボジョレー地区で収穫されたガメイという品種

を使用したヌーヴォー(新酒)のみを指す事に対し、

イタリアのノヴェッロ(新酒)は地区、品種を問わずイタリア各地で造られています。


ですので、各地の風土、品種の違いによって味わいも異なり

様々なノヴェッロを楽しむ事が出来ますありがちなキラキラ



今回ご用意いたしましたノヴェッロはネグラーレ社のもので

ヴェネト州の代表的なD.O.Cワイン、アマローネの生産社でもあります。

アマローネは私が好きなイタリアワインの1つなのでとても興味深いです。


こちらのノヴェッロはコルヴィーナ ロンディネッラ種を多く使用し

軽快なタイプである…と聞いていたのですが、グラスに注いでみてビックリ

濃いめのルビー色でこっくりとした印象でした。

香りも華やかで、熟したプラムやバナナのような糖度が高めのフルーツの香り

、スミレの香りが感じられました。

味わいも程よいボリュームがあって新酒?と疑ってしまうほど。。

ライトではなく、ミディアムボディに近い飲みごたえがありました。


ご参加いただいた皆さんも、ボジョレーのイメージが強かった為

ノヴェッロのふくよかな飲み口感動していらっしゃいました!



そんなしっかりめのノヴェッロに負けない本日のメインがコチラ!



ワインアドバイザー 真鍋摩梨 ブログ-DVC00263.JPG


☆牛ロースのタリアータ バルサミコ風味


ワインアドバイザー 真鍋摩梨 ブログ-DVC00262.JPG

今回は、トラットリア ランテルナ マジカ  さんにお願い致しました。


こちらのお店はザガットのイタリアン部門で1位を取った事もある人気店で

なかなか予約が取れないお店としても知られています。



ワインアドバイザー 真鍋摩梨 ブログ
お忙しい中、お料理のご説明までいただきありがとうございました!


程良く火の通ったやわらかいお肉に、パルミジャーノのコク。

それをバルサミコの効いたソースがきちんと引き締め…

素晴らしいバランスのお料理でした!


今回ご参加いただいたメンバーは男性率が高めでしたので

皆様とても喜んでいらっしゃいましたキャ 良かったです。



この後はいつものように思い思いにワイン、お料理、お話し を

楽しんで頂き、最後まで笑顔で過ごす事が出来ました。


ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。




今回のように、まだまだ知られていないワイン達がたくさんあります。


ワイン=高価じゃないと美味しくない (安いワインはまずい)  とか、

ワイン=知識が無いと難しいし恥ずかしい            のような


ワインに対する間違ったマイナスイメージを少しでも無くしたいと思っています。



今後も、ご希望にそった価値のある美味しいワインをたくさん提案し続け

皆様の日常の中でもっと身近なお酒になるよう活動していきたいと思います。



今回も、ご参加いただいた皆様

本当にありがとうございました!!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-02-22 17:10:34

【レポート】 第2回 アイとワイン。(仮称) ~上野 司 × 畠山 順吉 展 / 絵画~

テーマ:「アイとワイン。」(仮称)

昨年10月、今回のワイン会も

築50年の古民家を改装したギャラリーやさしい予感 にて行われました。


「アイとワイン。」と名付けられたこの会は

アート(絵画)を楽しみながら、皆さんで楽しくイート(お食事)をしつつ

テーマに添ったワインを楽しむ…

というコンセプトで、全3回、毎月違うテーマで開催しておりましたにゃ



そして、第2回のテーマは「信州」。



真鍋摩梨 ブログ-111014_201438_ed.jpg


日本の風情を五感で味わう会でしたもみじ



そこで、今回ご用意いたしましたワインはこちら!



真鍋摩梨 ブログ-111014_201157.jpg

白: 日本の地ワイン 新鶴シャルドネ (福島県)


   福島県大沼郡新鶴地区で採れたシャルドネを100%使用。

   1976年からシャトーメルシャンとシャルドネ品種の契約栽培を始めました。

   丘陵地で昼夜の気温差が大きいため、ブドウの栽培にとても適しており

   柔らかい口当たりにふわりと香るトロピカルフルーツの香りが心地よく

   繊細で優雅な味わいを楽しみながらスルスル飲めるワインです。



赤: 日本の地ワイン 塩尻メルロー  (長野県)


   長野県塩尻市桔梗ヶ原地区で採れたメルローを100%使用。

   標高約700mの台地に位置している桔梗ヶ原地区は、冷涼で

   火山灰土壌のためメルロー品種の栽培に非常に適しています。

   昼夜の温度差が大きく雨量も少ないため色づきの良いブドウができるのです。

   明るく輝きのあるルビー色、ふわりと香る赤い果実の香り、

   綺麗な酸と優しい果実味が溶け込んでいるとてもバランスの良いワインです。

 


赤はテーマでもある信州、長野県のワインを。

白は復興支援もかねて福島県のものを選びました。


真鍋摩梨 ブログ

そして、いつものようにワインのご説明と…


真鍋摩梨 ブログ
真鍋摩梨 ブログ

質問タイムや、時にはみなさんでディスカッションをします…


真鍋摩梨 ブログ


今回は「日本のワイン」という事で、私自身とても思い入れが強かったのです。



なぜならば、年々造り手さんの努力により素晴らしくクオリティが上がっている中

日本人が日本のワインの美味しさをほとんど知らず、知る機会が無く、

飲める場所があまりにも少ない。という現状をとても悲しく思っていたからです。。



確かに過去は、変な甘ったるさが残ったり荒いワインが多かった時代もありました。

でも現在は、とても繊細な香りを漂わせ、口に含んだ瞬間…素直に

「美味しい!」

と、言ってしまうようなワインがたくさんあるのです!




実際、

今回ご参加頂いた皆様には「日本ワイン」のクオリティの高さを感じて頂け、

本当に驚いていらっしゃいましたし、本当に楽しんで下さってましたラブ


すっごく嬉しかったです!!




そりゃぁ、美味しいはずなんです!

小さい頃から食べているお米やお野菜と、同じ土地、同じ水で丹精込めて育てたブドウを

小さい頃から和食を食べ慣れ親しんでいる人間の舌でテイスティングをしてできたワインですもの!!



もっと和食系の飲食店さんで飲めるようになればいいのになぁ。。。





さて!真面目なディスカッションの後は楽しくフリータイムですりぼん



真鍋摩梨 ブログ-111014_203719.jpg


真鍋摩梨 ブログ-111014_210049.jpg

本日も様々なお料理が並ぶ中…


今回のメイン料理はこちら☆


≪たっぷりきのこのリゾット≫

真鍋摩梨 ブログ-111014_204207.jpg

料理研究家で、日本初のオリーブオイルソムリエでもある

石井秀代さん に作って頂きました!!



旬であるきのこをふんだんに使って頂き、

繊細な日本のワインにも合うようチーズやポルチーニの風味は抑え目に

あっさりとしていて、でもきのこの香りがしっかりと口に広がる…

まさに秋!な絶品リゾットを作っていただきましたにへ



美味しいご飯を食べながらの歓談の後は

なんと!ワインのプレゼントじゃんけん大会を行いました!(笑)


今回、特に人気だった塩尻メルローをかけて、勝ち抜き戦ですありがちなキラキラ



真鍋摩梨 ブログ

にぎやかに始まり~


真鍋摩梨 ブログ-111014_222640.jpg

だんだん減っていきます~


真鍋摩梨 ブログ

なんと!!!  最後に勝ったのは、

こちらの、ギャラリーやさしい予感 のオーナー大藤さん!!!



あんぐり  

(まさかの身内の勝利に一瞬固まる真鍋。。。)




と、思ったのも束の間!


真鍋摩梨 ブログ

この日お誕生日だった女性のお客様にプレゼント~う



という、何とも粋な計らいがっ!!


(しかも特にこの赤を気に入ってくださっていたお客様だったのです!)



素晴らしいっ!!ナイスっ!!!泣


みなさんからも拍手が起こり、無事にいい空気で終わりました!(笑)




ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。


今回も、皆様が同じ気持ちでこの時間を楽しんでくださったので

とても有意義な時間になりました。

本当にありがとうございました。


この機会に「日本ワイン」に慣れ親しんでいただけると更に嬉しく思います。



これからも、

小さな力ですが、こういった会を重ね表現し続けていく事で

1人でも多くの方にワインの楽しさとオモシロさを伝えていきたいです。



今回も、ご参加いただいた皆様

本当にありがとうございました!!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-02-22 16:02:24

【レポート】 第1回 アイとワイン。(仮称) ~目黒さんま祭りアートフェスティバル~

テーマ:「アイとワイン。」(仮称)

昨年9月、目黒にありますギャラリー「やさしい予感」 にてワイン会が行われました。


こちらは築50年の古民家を改装してできたギャラリーで

どこかノスタルジックな雰囲気の残る魅力的なギャラリーです。



mari ブログ
さてさて


今回のテーマは


「仲良しワイン」







みんなで楽しくワインを飲み、食事をしながらたくさん会話をして仲良くなろう!

というのが目的の会でした。


そこで今回選ばせて頂いたワイン


白: バーリオ デル ソーレ インツォーリア 09 (伊・シチリア)


シチリアの地ブドウである、インツォーリア種100%のワイン。

シチリアの暑い気候の中でできたワインにしては口当たりがソフト。

決して飲み疲れする事のないクリーミーさはステンレス発酵ならでは!

デイリーワインとして気軽に楽しめるワインです。


赤: ポッジョ・アル・カソーネ ラ カットゥーラ トスカーナIGT 09 (伊・トスカーナ)


こちらは同じイタリアでも、トスカーナのワインです。

トスカーナではサンジョベーゼ種が主体のワインが多い中

こちらはテロルデゴ85%シラー15%という変わり種。

酸がしっかりとある生き生きとしたボディの中に、ブラックベリーやペッパー

時間が経つとサクランボの香りもしてくる飽きさせないワインです。




今回のワイン会は参加される皆様にお好きな食事を1品ご持参いただくシステムで

当日までどんなお料理が並ぶかわかりませんでした汗



なので今回は「仲良しになれるワイン」というテーマのみに絞り

白赤共にイタリアワインを選びました。



なぜイタリアワインかというと…


自論かもしれませんが

ワインは人が造るものですので造り手の人柄や幼い頃に培った味覚が

そのままワインにも反映されると思っています。


イタリア料理を食べるとわかりますが、基本的に、あまり飾らずフランクに

大皿のパスタやピッツァをみんなでシェアしながらワイワイ食事をする…

そんな光景が多いように感じます。


あまり堅苦しい事は気にせず、地位や性別、人種も関係なく

ただ笑顔で、ただこの時間を楽しみながら会話をする。


私はそんなスピリットを以前から感じていたので

まさに今回のテーマに合うのはイタリアワインだな!と、即決でした。




mari ブログ


mari ブログ

このような内容でワインの説明をさせて頂き、質疑応答タイムもありました。


皆様ワインに詳しい方から、ワインを飲む事が純粋にお好きな方まで

様々な質問をして下さり、とても楽しい時間でしたう


mari ブログ-DVC00104.jpg

真ん中のテーブルに持参いただいたごちそうが並んでいます。

ご自分で作られた方から、オススメを買ってきていただいた方まで

多種多様で、とっても贅沢な会でしたぼー



mari ブログ-DVC00105.jpg

最後にはこんな掘り出し物ワインも登場!

先日まで中国にいらっしゃった方からのお土産です。


なんと、中国のシャトーのグランクリュ(特級畑)ワイン!!


初めて飲みました。。。


カベルネソーヴィニョン主体でしたが、ペッパーの感じはあまりなく

ブラックベリーとサクランボのジャムのような甘みがある不思議なワインでした。

でも、予想よりはるかに美味しかったです。

いい勉強になりました。ありがとうございました。




今回の会の目的である、交流。


東日本大震災以来、人との繋がりや共に過ごす時間の大切さをよく考えます。


家族や友人、恋人など、常に大切に思う絆はもちろんですが

このような新しいご縁を生み出す場もとても大事だと思っています。


今回の会も震災のチャリティーを兼ねている為、参加費の1部(500円/人)は

義援金として東北地方に送られます。


皆様が同じ気持ちを持ちこの時間を思いっきり楽しむ!

そう感じて下さる事で、結果的にとても有意義な会にしてくださっています。

本当に感謝感謝です。



小さな力ですが、これからも自分にできる事を一生懸命にやっていきたいです。しゃきーん



今回も、ご参加いただいた皆様

本当にありがとうございました!!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。