2011-05-18 12:57:00

【御礼】福島県・新地町における炊き出しに関する報告を兼ねた義捐金付食事会について

テーマ:11/05/02 福島県新地町・炊き出し

ご参会頂きました皆様へ


こんにちは。
「おいしイイコト」事務局
真鍋摩緒です。

15日は日曜日にも関わらず

福島県・新地町炊き出しのご報告を兼ねた
義捐金付食事会にご参会頂き本当にありがとうございました。

あっという間のお時間でしたが
皆様、お楽しみ頂けましたでしょうか?

当日の活動や被災地の様子を
皆様にきちんとご報告できる機会を設けることができた事、とても嬉しく思っております。

また、美味しいヒジキと肉厚の鮭を使い、

様々なバリエーションでおもてなしくださった
「いと家」店主、伊藤祐紀さんにも
心より感謝致します。

15日でも食べ尽くせなかった
西伊豆のヒジキと
焼津の鮭は

今後、「いと家」さんにて
義援金メニューとして扱って頂くお話を進めさせて頂いております。

またメニューやスケジュールなどが決定致しましたら
こちらにお知らせ致します。

最後になりますが
福島県新地町への炊き出し支援物資にご協力頂きました事
心より御礼申し上げます。


「おいしイイコト」事務局では「食」をキーワードに
様々な形で社会貢献に向けた活動を行って参ります。

今後もどうぞ宜しくお願い致します。


2011年05月18日
「おいしイイコト」事務局
真鍋摩緒

いいことの「イイコト」のブログ


住所

東京都 港区 南青山 2-19-1 1F

交通手段

外苑前駅徒歩2分程度

外苑前駅から204m

営業時間

11:30~15:00(LO:14:30)
18:00~23:00(LO:22:00)

ランチ営業

定休日

日曜


季節野菜のグリルと塩鮭のポワレ 大根とキウイのおろしソースで。
いいことの「イイコト」のブログ


甘辛く煮た若鶏とひじきの石焼ご飯。 
いいことの「イイコト」のブログ

塩鮭と防風のお味噌汁と。
いいことの「イイコト」のブログ


その他にも美味しく驚きのアレンジでした。

ありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-05-14 23:18:56

【御礼とご報告】5/2(月)福島県・新地町への魚貝類を中心とした炊き出しについて vol.2

テーマ:11/05/02 福島県新地町・炊き出し

前述の通り


この度、株式会社ユニバース様の運営されている

料理教室ナビ・キッチンライフ運営事務局様にて発足された


被災地の方々へ直接的な支援活動を大前提に、

支援金と物資提供の協力を呼びかけ、


全国の料理教室の先生や料理研究家・ボランティア団体とともに、

被災地の方々が求めている支援を直接的・かつ継続的に行う。


「COOK FOR JAPAN」という被災地支援プロジェクトに

ご縁あって当社も支援協力をさせて頂きました。



これより当日のレポートをお伝え致します。


また、こちらのブログでは

「おいしイイコト」事業部経由で物資支援頂きました皆様に向けて

頂いた物資をどの様に調理し、召し上がって頂いたかを中心に

詳細のご報告をきちんと記載させて頂きます。


この炊き出しには当社以外にも様々な業者様より物資のご協力がございました。

当日の活動内容も多岐に渡る素晴らしいものでしたので


株式会社ユニバース社 様主催の

「COOK FOR JAPAN」全体の活動ご報告におきましては

ユニバース様の運営サイト「お料理ナビ」でのご報告をご覧下さいませ。



5月2日早朝。集合場所は上野駅です。

これから総勢47名でバスに乗り込み、炊き出しにお伺いする先は

福島県相馬郡新地町の避難所「新地小学校」です。


ユニバース様が事前に東北エリアの料理教室の先生、生徒さんにヒアリングを行い

ボランティア団体などの炊き出しが少ない地区を決定された様です。


相馬郡新地町とは、宮城県との県境にある海岸沿いの町です。

新地小学校のすぐそばにある国道6号線を境に海側は津波に襲われました。


いいことの「イイコト」のブログ

向かう途中、バスから見えたその痛々しい傷跡に

胸がえぐられる様な気持ちになりました。


でもそこで落ち込むのではなく。悲しむのではなく。

その先にいらっしゃる避難所の皆様の笑顔を絶対に見るんだ!

と改めて気合を入れ


この日の為にご協力頂いたたくさんの支援物資と

錚々たる参加者の皆様と共に新地小学校に到着しました。



いいことの「イイコト」のブログ


新地小学校では以前まで200名を越える方々が

避難所にいらっしゃったそうです。


少しずつ仮設住宅が建てられ

順番に移動されているとはいうものの

こちらの避難所には、未だに約150名の被災者の方々が

避難所生活を送っています。

お隣の中学校にも30名。

避難所のスタッフさんも一緒に過ごされています。



東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様、そして被災地を

料理教室の先生や料理研究家を中心に


「食」を通じて復興支援しよう


そういった思いから参加者を募った結果料理研究家の皆様を始めとする


ウェブサイトやtwitterから参加を希望した食に興味のある社会人の方、

大学などで食に関する研究をする学生の方、

そこにCOOK FOR JAPANのスタッフの方も加わり総勢47名となった様です。



まず料理研究家の皆様には、

ご提供いただいた豪華なお刺身の数々を200人分ひたすら切っていただきました。



いいことの「イイコト」のブログ






















美味しいお刺身は切り方が大切です!

皆さんご自身の包丁を持っていらしていて

美しく、美味しく、めまぐるしい早さで仕上げていかれます。

いいことの「イイコト」のブログ


わさびはすり下ろされ
いいことの「イイコト」のブログ


お野菜と共に

海鮮丼に添えれば

いいことの「イイコト」のブログ


完成です!!!



前日準備したヒジキも

いいことの「イイコト」のブログ

きちんと取り分けられ
いいことの「イイコト」のブログ


あさりは美味しいお味噌汁に
いいことの「イイコト」のブログ

さぁいよいよ食事の時間です!!

いいことの「イイコト」のブログ


今日のメニューは

いいことの「イイコト」のブログ

海鮮丼・ひじきの煮物・あさりのみそ汁・ゴマドレッシングのサラダ

、キャベツと青さのりの炒め煮、それからビール。



まずは乾杯と共に
いいことの「イイコト」のブログ

どうぞ召し上がってください!

いいことの「イイコト」のブログ

本当に嬉しいですね!この笑顔!!


おかわりも相次ぎ本当に嬉しい。
いいことの「イイコト」のブログ

そしてお鍋もお皿も

いいことの「イイコト」のブログ

からっぽになりました。


「地震以来初めてお魚食べたわ!」

「こんな豪華なご飯が食べれるなんて、盆と正月が一緒に来たみたいだわ」

「また来てね」

「私達ばかりいただいてるし、一緒に食べる?」

「今度は福島の美味しいお魚も食べてほしい」

「孫になってほしい」←(!)


食事中も食後も

様々な言葉、様々な表情で

たくさんの「ありがとう」を頂きました。


感謝をするのはこちらの方です。


新地小学校の避難所の皆様は

震災により心にたくさんの悲しみや恐怖を抱きながらも

1ヶ月の時間を無駄にせず

きちんと前を向いていらっしゃいました。


まだまだ悩みも不安もつきない中にも

素晴らしい笑顔と強さがありました。


いいことの「イイコト」のブログ


他の避難所もまた

皆さんのスピードでお互いを思い合い

前に進み始めているのでしょうか。

だからこそ、今それぞれの場所はどういった状況で

何が必要なのか、きちんとした情報とヒアリングが

今後重要になってくるのだなと感じました。



配膳やらなにやらで

忙しなかった中でも食事の空間をご一緒させて頂いて
はっきり感じたのは

いいことの「イイコト」のブログ


やはり「食べる事は生きる事」であり

「楽しい食卓は笑顔と優しさそしてエネルギーを

私達にくれる」という事でした。


そして「食」の力を信じ発信する立場でいらっしゃる

料理研究家の皆様、「食」の時間を愛する皆様だからこそ


この企画に迷い無くチャレンジできたのだと思います。


実はこの日、私達のバスと共に出発した

海産物を始め現地で提供する食材を全て積んだ保冷車のタイヤが

向かう途中にパンクしてしまうという予想し得ないアクシデントが起こっておりまして

保冷車の到着が当初の予定より2時間半遅れてしまいました。


到着後3時間で準備を行う予定でしたが

それは不可能となりました。


しかしそれぞれの皆さんが

今できる事を話し合い、ご飯の準備、既存の支援物資を利用したおかず考案

食堂エリアの段取りなどなど

保冷車到着までの間に完ぺきな準備を行ってくださった為


あっという間に完成させる事ができました。



いいことの「イイコト」のブログ

海鮮丼は、避難所の方々の

「海が近くなので、皆、毎日魚を食べていた。もし可能だったら、新鮮な魚が食べたい」

というご要望により決定しました。


ここは福島県相馬市。海も近くお魚がとても美味しい場所。

毎日の炊き出しは本当にありがたい。


でも地震から1ヶ月が経った時

地震以降1度も口にしていないお魚を食べたいという気持ちは

とても自然な思いであり、

「食」を通じ様々な歓びを学び感じてきた私達は

その思いを感じ、向き合いたいと素直に思います。


事前ヒアリングにより

言いづらいであろう要望をきちんと受け取り、ご提案くださった


株式会社ユニバース社 様及び放送作家のわぐりたかし さん


当日ご一緒させて頂きました、参加者の皆様

素晴らしい時間を共有させて頂き本当にありがとうございました。


いいことの「イイコト」のブログ


そしてこの度

突然のお願いにも関わらず200人分の食材物資を


快くご提供くださった静岡県関係者の皆様に心より感謝致します。


ご協力頂きました。

食材の数々は、しっかりと美味しく調理され

避難所の皆様にお届けする事ができ

本当に喜んでいただく事ができました。



今後も「おいしイイコト」事務局では

「食」をキーワードに様々な形で

継続的な支援活動、社会貢献を行って参りたいと思います。





そして少しずつではありますがこういった活動が

被災者の方々のお役に立つことを事務局スタッフ一同心より願っております。





ありがとうございました。




2011年5月14日



「おいしイイコト」事務局

真鍋摩緒



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-05-14 22:45:48

【御礼とご報告】5/2(月)福島県・新地町への魚貝類を中心とした炊き出しについて vol.1

テーマ:11/05/02 福島県新地町・炊き出し

皆様へ


こんにちは。

「おいしイイコト事務局」

真鍋摩緒です。


こちらのブログ内でもご紹介、ご協力のお願いをさせて頂きましたが


この度、ご縁がありまして

料理教室を全般的に手がける株式会社ユニバース社 様及び

放送作家のわぐりたかし さんたちを中心とされ実施する


「COOK FOR JAPAN」というボランティア活動に当社も支援協力をさせて頂き、

また当日も福島県相馬郡新地町の避難所「新地小学校」に伺って参りました。


私達自身も突然の事でしたので

皆様へ物資協力のお願い が実施日の5日前という

非常にタイトな状況でのお願いであったにも関わらず

皆様の温かいご協力のおかげで

翌日にはご協力いただく内容もメニューも決まり、

当日へ向け準備を進める事ができました。


私どもを始め、各関係者及び被災者の皆様に代わり

この場を借りてお礼申し上げますと共に、当日のご報告をさせて頂きたいと思います。



また、こちらのブログでは

「おいしイイコト」事業部経由で物資支援頂きました皆様に向けて

頂いた物資をどの様に調理し、召し上がって頂いたかを中心に

詳細のご報告をきちんと記載させて頂きます。



この炊き出しには当社以外にも様々な業者様より物資のご協力がございました。

当日の活動内容も多岐に渡るものでしたので


株式会社ユニバース社 様主催の

「COOK FOR JAPAN」全体の活動ご報告におきましては

ユニバース様の運営サイト「お料理ナビ」でのご報告をご覧下さいませ。


それではまずは皆様からお送り頂きました

支援物資をお写真と共にご紹介致します。



今回は、静岡県関係者の皆様の迅速な対応により、

以下の物資をご支援いただきました。


■「西伊豆」:

 ・乾燥ヒジキ…200人分
いいことの「イイコト」のブログ



■「静岡」:

 ・生わさび
 ・わさび漬け


いいことの「イイコト」のブログ



 ・白醤油
いいことの「イイコト」のブログ


■「焼津」:

 ・ネギトロ…3Kg
いいことの「イイコト」のブログ



 ・鮭(大きめの片身)…8Kg

いいことの「イイコト」のブログ


 ・鰹のタタキ…10Kg

いいことの「イイコト」のブログ


 ・鮪柵…8Kg
いいことの「イイコト」のブログ



■「浜松」:

 ・あさり…15kg

いいことの「イイコト」のブログ


 ・すし酢…1L×12本
いいことの「イイコト」のブログ


こちらを


海鮮丼

あさりのお味噌汁

ヒジキの煮物


のメニューにお料理させて頂きます!


こちらの写真は前日の仕込みの際

場所をご提供くださいました。

貝印株式会社様のキッチンスタジオ

Kai House(カイハウス)さんにて撮影致しました。



ダイバーの皆さん自ら潜り収穫してくださった

たくさんの西伊豆のヒジキ。

早速使わせていただきました!


今回の炊き出しメニューをご考案くださった

林桂子先生のご指導の下

新地小学校に避難されている皆さん

200名分のひじきの煮物を作りました。


いいことの「イイコト」のブログ


海産物は品質維持と、酸化を防ぐために

すべて到着後に切る予定です。


わさびやあさりも同様です。



前日に到着した生鮮食材の物資を

きちんとした場所で保管頂き本当に安心致しました。

貝印様のご協力に感謝致します。



200名分のひじきを水で戻し材料を切り分け

鍋を何個も使って炒め煮続け

冷ましてジップロックに入れる。


前日仕込み参加者10名程で

6時間という長丁場となりました。



一度解散し

続きは当日に!!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。