2007-06-08

それでもボクはやっていない

テーマ:映画

を、遅ればせながら、見ました。


弁護士さんの評判としては、

細かいところは別にして、よく取材されている、

ということだったので、期待して観ていました。


感想としては、面白かった?かな、というところです。


知っていることからすると、想像の範囲内であり、

その範囲内で、担当が変な人たちばかりだと、こんなことになる場合もあるのだよ、ということを見える形にしている。


現実に富山での冤罪事件も発生しており、

極端にまれなことではなく、埋もれてしまっているものも多いのかもしれない。


ただ、表現として、

警察の変、検察の変、裁判官の変

を強調するが、

弁護士の変は?と疑問に思ってしまう。


弁護士の多くがあんなに優秀で情熱を持っていてくれたら、と思ってしまいます。

市民側の砦であるので、期待してますよという、メッセージなのであろうか?


職業柄、あなたそれでも弁護士?という人もいる。

弁理士にはいない、といことを言うつもりは毛頭ない。


であるので、

最後に、映画ならではの展開を期待して観ていましたが、

極端な例のドキュメンタリーを観ているような鑑賞後感でした。



ただ、気になるのが、

TVCMでは、容疑者が証言台を乗り越えるようなシーンがあったと思うのですが、

本編ではありませんでした。

容疑者の空想のたわいのない短いシーンで見逃した?

まさか?


裁判官や検察も今問題の国家公務員で期待薄なので、

これからの陪審員?制度に期待ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

e-chizaiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。