エデュケーショナルブーケ

 元教師、今は“教育師”です。
    教えるべきとことは、ちゃっちゃかと解るまで教える。
    育むべきところは、じっくりと見守って育む。

 教育で、個性ある花の数々を 一緒に味わいましょう!


テーマ:
「ぼくはリビングで勉強したいのに、あれじゃあ、できない!」とそろそろ勉強に真剣になった中学生の子が言いました。先日夜遅くまで、その子と両親と私とで、話し合いました。思春期の子がよく語ってくれたなあと感じました。そして、その両親もよくじっと聞いてくれたなあと、感心しました。以下、その一部です。

 その生徒の言い分・・・自分の部屋で勉強すると、どうも集中できない。なんだか、ぼっとしてしまう時がある。でも、リビングだったら、ぼっとしてはいられないので、そこで勉強したい。だけど、妹や弟がうるさい。ぼくに話しかけないように言っても、妹と弟とで話している声もでかい。

 お母さんの助言・・・妹や弟のことも考えると、仕方がないこと。だから、自分の部屋で勉強してはどうか。自分の部屋でぼっとしてしまうなら、お母さんが時々あなたの部屋に行って、声をかけてあげましょうか?

 生徒の意見・・・それは遠慮する。時々部屋をのぞかれるなんて、イヤだ。かえって落ち着かない。リビングでお母さんが台所に立って後ろ向いているぐらいが、ちょううどいい。

 お父さんの助言・・・じゃあ、おまえはそのことで、どうしたいのか? 解決策はないのか?



しばらく沈黙が続きました。


 生徒の意見・・・耳せんやあ! お父さん、耳せん、買ってよ。耳せんをやってみて、リビングで勉強してみるわ。


 なんだか、ほのぼのとした会話でした。あの沈黙の時、大人が3人もいると、つい策をアドバイスしなくちゃと思いがちですが、我慢できましたねえ。いいご両親です。いい子です。

付け足しですが、そういえば、思い出しました。うちの子もリビング学習していたのですが、私の声が大きいから、私がテレビを消さないから、といって勉強中に、水泳に使う耳せんをしていたことがありました。今度、わが子にその効果を聞いてみようと思いました。

わが子を「心が折れない子ども」に育てる方法 (DOBOOKS)/同文舘出版

¥1,404
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

元教師で今は“教え育む教育師”の水野まさこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。