押し花アイロンフィルムとの違い

今でも押し花しおりと言えば、既存材料のパウチフィルムとかラミネートフィルムを使って・・
というのが主流の様に思われます。


パウチフィルムとかラミネートフィルムは写真や紙のカードなどに防水性も持たせるため

の材料で、ポリエステルフィルムの内側に熱で融ける薄い糊を付着させた素材です。


写真や紙など平面の素材をパウチ(ラミネート)フィルムに挟んでラミネーターに通すと、

付着した薄い糊が溶けて写真をカバーして、写真や紙に防水性を持たせることができます。


しかし、残念ながら薄い糊しか付着していないので、押し花しおりを作った場合台紙の

周りを透明のフィルムで覆うようにしないと作れません。


また、凹凸のある押し花を挟んでラミネートすると、花の周りに空気が入り立体を平面

で包み込む無理がみられます。


しかも、単体のポリエステルフィルムには殆どガスバリア性(酸素・水蒸気を透しにくい

性質)がありませんので、せっかく作った押し花しおりも、早くに退色してしまいます。


AD
hotbond.jpg

皆さん、先端がアイロンの様に熱くなっていて、うしろからスティック状の糊を差し込んで使う
「グルーガン」とか「ホットボンド」と呼ばれている接着剤はご存じでしょうか。


この接着剤は、熱で融ける糊を後ろから押し込み、熱で融けた糊が先端から出る様な構造

になっていいて、リースの仮止めなんかに便利な接着剤です。


この接着剤は平面同志の接着では、接着力があまり期待できませんが、融けた接着剤が

紙や布などの繊維質の中に浸透して冷めて固まると、接着力が強まります。


上で説明したスティック状の糊が150ミクロンのフィルムシート状になって離けい紙

(何もくっつかない紙)に張り付いている状態を想像してみて下さい。


細かい成分は違いますが、それが押し花アイロンフィルムなのです。


film.jpg

AD
押し花アイロンフィルムとの違い

120℃で15秒程加熱すると融ける、フィルムシート状の糊が押し花アイロンフィルムの正体なんです。


融けた糊が、押し花をカバーして、尚かつ紙や布などの繊維質素材の中に融けてゆき、冷めるとその

まま固まるので、紙や布などの素材がそのまま、しなやかな防水性のシート状に変身します。


しかも、紙や布などの風合いを残したつや消し状のシートになります。もちろんボールペンやサイン

ペンで文字を書くこともできますし、カッターやはさみで切ることもできます。


はじめて押し花アイロンフィルム使用する方への大切なアドバイスがひとつあります。

それは、必ず離けい紙(何もくっつかない紙)に挟んでから加熱する、という事です。


なぜなら、融けたフィルムは離けい紙と密着した側面からはみ出してきます。融けた糊状のものが

アイロンやラミネーターのロールに付着すると、アイロンやラミネーターそのものが壊れてしまうからです。


ラミネーターに通して製作する場合は、まず失敗がありません。唯一気をつけなければならない事は、

使用する30分前にスイッチを入れて、充分ラミネーターのロールを温めておく事です。


アイロンで製作する場合は、加熱するとき気をつけなければいけないことが一つあります。

アイロンは平面なのに対し、押し花を貼った台紙(紙や布)は凹凸がある立体であると言うことです。


離けい紙に挟んだ作品をアイロンで加熱する場合は、

上にクッションぺーパー(弾力性のあるあて布の様なもの)をのせてからアイロンをあてる事が大切です。


弾力性のあるあて布をかぶせて加熱すると、凹凸のある作品に柔らかい熱が均一にかかるので

巧く作れます。


初めての方は、離けい紙や台紙・クッションペーパーがセットされたものが便利です。押し花をお持ち

でない方や初めての方のために小分け押し花を準備していますので、大変便利です。


押し花しおりの作り方 は←こちらで紹介しています。
押花コースターの作り方 は←こちらで紹介しています。
押花コースター(上級編)の作り方 は←こちらで紹介しています。


押し花しおり材料&小分け押し花  ←こちらで販売しています
押し花コースター材料&小分け押し花  ←こちらで販売しています。
押し花アイロンフィルムロール材料 は←こちらのページで販売しています。
い草風織物繊維質単品素材 は←こちらのページで販売しています。


お支払い方法送料・お届け方法返品についてお電話でのご注文ファックスでのご注文メールでのご注文会社概要お問い合わせフォームe-0487.comトップ


人気ブログランキングへ
AD