森田恵奈★えなにっき

フリーアナウンサーです。
ニュースアナウンサー・ラジオDJ・
リポーターや司会などなど…
おしゃべりの仕事をしています♪

ツイッターは@moritaenako1986

お仕事などは 〒530―0041 大阪市北区天神橋2丁目4―2 (株)オフィスキイワード

森田恵奈宛 までお待ちしてます(o・ω・o)ノ゛


テーマ:
秋雨前線の影響での大雨。
 
 
その影響で、
思わぬお休みになりました…!
 
 
みなさんは、
どんな連休を過ごされていますか?
 
 
 
 
さて、秋と言えば、
新米の季節ですよね(*^^*)
 
 
もう放送がスタートしているようなので
お知らせさせてください♪
 
 
近江米のテレビCMに、
出演させてもらいました!
 
 
おにぎりをいっぱい持って、
にこにこしています森田を、
ぜひ見つけてください。笑
 
{0D350E42-F52C-4846-BEE0-BC56F7CECDA8}
 
 
びわ湖放送さん・KBS京都さんなどで
放送されているようです♪
 
 
米屋の家系として
なんとも光栄なお仕事でした!
嬉しいっ!
 
 
 
 
 
秋・秋と連呼していますが。
 
 
わたしはやっぱ食欲の秋!
 
少し季節は戻るかもしれませんが、
この夏にやたらと食べた
カキ氷のことをつらつらと。
 

 

 

 

 

まずは、

大阪のグランフロントに出来た

「アイス・モンスター」の

マンゴーかき氷を!!

 

 

うちの母が、

どうしても食べたい!と言うので、

 

母への、

プレゼントランチの

あとに一緒に行って来ました。

 

氷にもマンゴーが練りこまれた、

台湾生まれのかき氷!

 

{66B5C848-A13A-40BD-A656-4AB45AAD93BC}
 
き、巨大なかき氷…!
 
マンゴーを食べているよりも、
濃厚なんじゃないかと
思うくらいの濃いーかき氷!
 
これ1皿に、
マンゴー何個くらい使っているのかな…?
 
 
ちなみに。
 
ランチ直後なのに、
「わたし一人で1つ食べられるで!」
と言う母を制して、
二人で1つにして本当に良かった。
 
案の定、
半分も食べずにギブアップする母。笑
 
「あれ?意外と食べれへんなぁ?」
なんて言っている、
天真爛漫な母が大好きです。
 
 
でも、1人1品の注文が
このお店のルールなので、
 
マンゴーのケーキと、
お茶を注文しました(*^^*)

 

 

{6715D9BC-3F55-477E-A7B7-802486E276BF}

 

 
はじめて飲んだ、
「東方美人茶」というお茶。
 
飲みやすくて美味しくて、
思わずこのあと、
お茶専門店に探しに行きました!

 

 

 

{77898E3B-C24E-4A4F-AC7A-4CE6D3435828}

 

 
マンゴーのケーキも、
とぼけた顔で
可愛い…(*^^*)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅田に行くのは遠いし、
並ぶのも今日はやだなぁ…

 

 

 

なんて日に食べたのは。

 

 
ミスドのかき氷!

 

 

 

 

 

 

{0CE43528-1E96-456D-8F11-E8AB5F4D40A9}

 

 
 
ふわっふわの氷が、
想像以上に雪のようでした!
 
店員さんのおススメに従って、
ピーチの味を選んで正解!
 
くちどけー幸せー♪
暑い日に乾いた体に
しみわたるー(*^^*)

 

 

 

{1ED1920C-F0A7-404D-A054-D49A721E524A}

 

 
だいぶニヤニヤしながら
食べている顔からも、
幸せっぷりが伝わりますでしょうか?笑
 
 
 
 
ちょっと大人なかき氷が
食べたいなーなんて思った日に。
 
京都のお友達が
連れて行ってくれたお店で食べた
 
抹茶のかき氷(*^_^*)

 

 

 

{95BC76F9-A0F7-4EF4-9520-40D453D5E1D9}

 

 
これまた山盛り!
 
そして、抹茶の味が
本当にしっかりとしていて、
満足感の高い、かき氷でした(*^_^*)
 

 

 

 

{A1830195-79FA-42F8-B719-D301F34968DE}

 

 
こんなにニヤニヤしながら
食べ始めたものの。
 
ランチ直後のこの山盛りに、
9割ほど食べたところでギブアップ…
 
一緒に行った、
心優しいおともだちが
食べてくださいました…!!
 
(なんだろうこのデジャブ…
間違いなくわたし、
母の娘のようです…。。)
 
 
 
そして、
この夏のシメとなったかき氷が。
 
こちらの「がるる氷」さん。

 

 

 

{EEB17E00-B371-4C01-850F-35C60D763178}

 

 
 
エスプーマ・かき氷という、
もはや想像も出来ない名前に
惹かれて行ってきました!
 
エスプーマとはなんぞや?
 
と首を傾げる私の前に、
ドンと出て来た現物がコチラ!
 
 

 

 

 

{9DCBFDE2-4296-4FA5-BA1D-FCC61306D3A5}

 

 
おしゃれー(*^_^*)
 
 
上に乗っているのは、
ふっわふわのヨーグルトのクリーム。
 
酸味とさっぱりした甘さが
たまらんとまらん!
 
下のかき氷には、
夏ミカンのシロップと、
夏ミカンの果肉もたっぷり!!
 
美味しくて、無言で食べ進め…
あっという間に完食!!
 
暑いのはイヤですけども、
あの暑さがあるからこそ、
かき氷って一層おいしく
感じるんでしょうねぇ…(*^_^*)
 
 
 
他にもこの夏、
食べに行ったスイーツ報告は
つぎの記事に書きますね♪
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
お久しぶりです、
みなさんの記憶の片隅にでも
私の名前は残っていますか?
森田恵奈です。
 
 
いや、気付けば8月は、
1回も更新していませんでした…!!
 
 
{4F5D2A46-D179-495F-AE1B-E7E5991C1864}
 
「大津ヒカル」くんとロケしたり、

 

 

{078419BF-CBCE-41E1-BBD3-B0682BD0DF6D}

 
浴衣でお仕事したり
 
(左から、mioさん・杉浦なおやさん・私・鍵和田昌子さん)
 
そんな感じで、
ありがたいことにお仕事三昧の8月。
 
暑中見舞いの時期も過ぎ
残暑見舞いの時期も過ぎ
 
何を書けば良いのか、
はたと困っていましたところ。
 
 
イベントやラジオで、リスナーさん達から、
「そろそろ本の紹介をまたして」
なんて言って下さったので(*^^*)
 
また、
最近読んだ本の中からいくつか
調子に乗って書いちゃいます!
 
 
よかったら、秋の夜長のお供に。
 
 
***
 
川村元気さん
「世界から猫が消えたなら」

 

 

 

{BE88F90A-AB7F-4CC8-9F61-F30FC79F49E9}

 
有名ですよね、話題作になりました。
映像化もされましたよね。
 
そういう作品をついつい避けちゃう、
ひねくれものの私なのですが。
 
表紙のネコさまの表情が
「読まないの?いいの?本当に?」
って言っているように感じて購入。
 
いやもう、買ってよかったです。
 
タイトルから想像する内容と違って。
読んでいてずっと根底にあるのは、
喪失感・不条理・やるせなさ・悲しさ
そんな悲しい気持ちなんですが。
 
すごく温かくて、爽やかで、前向きになれる
そして、
「そんなばかなー」「わはは」
なんて笑ったりもしちゃう。
とっても不思議な素敵なお話しでした(*^^*)
 
すっごく漠然と書いていますが、
なんか内容やあらすじは、
書いちゃいけない気がして。
 
このネコさまと目が合ったら、手に取ってみて下さい。
 
 
 
北川恵海さん
「ちょっと今から仕事やめてくる」

 

 

 

{CCE15411-70F7-42DD-9B88-5D93152AC1D0}

 
タイトルを見て、
なんか甘ったれた主人公が
仕事からすぐに逃げちゃって、
「逃げちゃダメだ!」って諭される、
(どこかで聞いた台詞だ…笑)
そんな熱い話なのかな…と勝手に思って、
敬遠したりなんしてたのですが。
 
真逆でした。
主人公は、とっても真面目なサラリーマン。
真面目が故に追い込まれ、
駅のホームから、電車に飛び込もうとする。
 
そこに偶然通りかかった、
(全く覚えのない)関西弁の同級生に
自殺を阻止されるところから始まるお話し。
 
でも、この同級生、やっぱりおかしい。
インターネットのSNSなどで調べてみたら…
え、こいつ、死んでる…?
 
お前いったい誰なんだよ!
 
その答え、そしてそこから動き出す、
真面目すぎる主人公の人生。
 
タイトルの
「ちょっと今から仕事やめてくる」
この言葉で涙が出るなんて…
読む前には想像もしませんでした。
 
 
 
坪田信貴さん
「学年ビリのギャルが
1年で偏差値を40上げて
慶応大学に現役合格した話」

 

 

 

{8F5EB61E-5867-4657-9425-3C5946AC6D07}

 
ものすごく売れましたよね、
これも映像化されましたよね。
 
発売されて間もないころ。
 
本屋さんで立ち読みして、
聖徳太子のことを
「この人かわいそう、
せいとくたこ、なんて名前つけられて」
なんて言っているサヤカちゃんを見て。
 
「ぜったい面白そう!読もう!」
と思ってそのままずるずる…。
 
ようやく読めました!
やっぱり面白かった!
でも面白いだけじゃなかった!
感動した!
勉強の大切さも、
勉強以外の大切さも知れる本ですね!
 
内容を1言で言うと、もう、
タイトルそのまま。
 
そんなドラマチックな内容を、
塾の先生が、
時間軸に沿って、的確にまとめあげた、
それでも十二分に笑って泣いて、
とってもスッキリと読める1冊でした。
 
必要以上に感情を煽ったり、
すごいだろう!ほらどうだ!
という書き方じゃなくて、とっても好き。
 
努力する、努力できる人ってすごい。
信じてあげる力ってすごい。
 
わたしが中学・高校の頃に読みたかった…!
 
 
近藤史恵さん
「ヴァン・ショーをあなたに」

 

 

 

{77924C7E-2E87-4EAD-9BCD-0E51C9CA7950}

 
大好きな前作「タルト・タタンの夢」の
第2弾です(*^^*)
 
商店街の一角にある、
「パ・マル」(悪くないという意味)の
フランス料理屋さん。
 
個性的で魅力的な登場人物と。
 
たくみな描写で
美味しそうなお料理たちに、
心を掴まれちゃいますよ。
 
お料理を通して、
謎解きをしていく前作と同じく、
日常にミステリーな章もあったり。
 
謎に満ちた三舟シェフの
過去を知れるエピソードもあったり。
 
こんなフレンチのお店が
近所にあったら絶対行きたい(*^^*)
 
庶民的なのに、
お料理は手抜き一切なし!
なのにお値段は良心的。
良いなぁ、お腹空いちゃうなぁ。
 
フレンチの知識がなくても、
すっと入っていけるし、
ちょっとフレンチの知識も付いちゃう。
 
何度も美味しい、そんな1冊でした(*^_^*)
 
お酒苦手だけど、
ヴァン・ショー飲んでみたいなぁ。
 
 
柚木麻子さん
「あまからカルテット」

 

 

 

{1B4925A1-7CDF-4F6A-9F33-7401AEA9F74D}

 
女子のグループって、
とかくめんどくさいことが多い
って思われますよね。
 
実際、そうだなと思うこともあるし、
そういうグループもありますけど、
 
そうじゃない
女子のグループもあるんです!
ということを声を大にして言いたい。
 
そんな素敵な女子グループ、
学生のころからの4人の女友達が
このお話の主人公たちでした。
 
みんな個性はバラバラ、
お仕事も趣味も、
雰囲気も、服も、メイクも、
大人になって生活スタイルもバラバラ。
 
でも、お互いが、
お互いを思いあって動きあう。
 
でも、仕事や恋愛を優先すべき時は、
恨みっこなしで、
そっちを優先すべし!
 
ベタベタじゃない、
大人の女性の強い結束がすごく素敵!
 
女子だから共感できるところもゴロゴロ!
 
わたしも学生の時からの仲間と
大人になっていくごとに、
こんな心強い関係になっていきたいな!
と心の底から思った1冊。
 
あ、そして、
表紙からお察しの通りに、
美味しそうな食べ物もたくさん出てきます。
その描写で、お腹が鳴りますのでご注意あれ。
 
 
 
伊坂幸太郎さん
「魔王」
 
{2866842A-6FD3-49B2-B33F-A6DD609B88DA}
 
「魔王」って聞くと、
中学の時に音楽の授業で聞いた、
あの怖い曲を思い出すなー…と思って
前に買っていた1冊をようやく読みました。
 
本当にあの曲の話が出てきてびっくり。
 
伊坂さんのお話は、
本当にぐいんぐいんとお話の世界に
引きこまれていきます。
 
ある日、突然に、不思議な能力を
自分が持っていことに気付く主人公。
 
「人の言動を操ることができる」
 
ものすごく突飛な能力なのに、
実際に自分もその能力を使っているような
そんな風に感じる描写にゾクゾク。
 
そして、読了して思う。
伊坂さんって、
未来のことが見えるのかな…?
 
 
知念実希人さん
「優しい死神の飼い方」

 

 

 

{32E170E2-345F-4C23-80F9-F7BA17638B4B}

 
 
この作者さんの、
「推理カルテ」シリーズが大好きで。
 
この本は、書店で平積みされていて、
ふーっと惹かれて
ぱらっとページをめくり、
そのままレジへと歩いて行きました。
 
「吾輩は死神である。名前はまだない。」
ゴールデンレトリーバーの姿で、
しかも夏毛の状態で、
真冬の人間界に降ろされた死神。
 
雪のなか、凍えて、
「え、死神なのに、死んじゃう?」
そんなピンチに陥った一匹の犬(死神)を
助けてくれたのは、可憐な少女。
 
未練を持ったひとたちと、
仕事熱心な死神の、
噛み合っているようで、無いようで、
でもどんどん通じて行く心に、
感動できるお話しでした(*^^*)
 
 
 
司馬遼太郎さん
「関ケ原」

 

 

 

{FFFB1EFF-2B84-4F62-A63D-EF37DDA33573}

 
言わずと知れた!名作!
 
私なんぞが紹介するのは
おこがましすぎますが。
 
映画化もされたということで!
滋賀県民としては、
改めて読まなきゃ!!
 
やっぱり歴史は面白い、
わくわくするハラハラする、
血湧き肉踊りますね!!!
(あ、引かないでください)
 
この本の影響で、
島左近さんが好なりました。
 
(「影武者・徳川家康」の影響もありますが)
 
 
 
***
 
というわけで、
つらつらと何冊かご紹介しました。
 
暦の上ではもう立派な秋!
 
読書がさらに楽しい季節ですね(*^^*)
 
 
夜に読むと、
お腹が空いて切なくなっちゃう
かもしれない本も、
いくつか紹介しちゃいましたが。
 
 
またそのうちふらーっと
本のご紹介書かせてもらうかもです。
 
 
でも、たまっている、
ぶらりおでかけネタのブログも
そのうち更新します(・ω・)ノ
 
 
またふらっと
遊びにきて下さい。
 
 
それでは、
残暑に負けずに頑張りましょう!
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

広島の旅ぶろぐも
無事に完結しましたので。


久しぶりに、
読んだ本のご紹介を
してみたいと思います(*^^*)


この前、
ラジオ局のイベントにて
お会いしたリスナーさんに

「おススメ本を教えてー!」って
お声をかけて貰ったもので。


うきうきいそいそ、
調子に乗って書いちゃいます♪




***



まず1冊目


伊坂幸太郎さんの

「残り全部バケーション」


{1A5590AD-F8F3-478C-8672-05E2242A8D9C}


伊坂さんの書かれる本、

まだまだ数冊しか読んでませんが
このスピード感?

お話が、
坂道をコロコロ転がるように
どんどん進んでいくところが、
たまらないです(/・ω・)/


このお話は、
最初の数ページ立ち読みして
どっぷり引き込まれて
購入しちゃいました。


離婚寸前に、
最後の家族会議をしていた
とある家族。


その家族の父に届いた、
明らかな迷惑メール
「適番にメールしました、友達になろうよ
ドライブとか、食事とか。」


「お父さん、友達欲しいんだよな。」
「返事していいかな。」


なんだこのお父さん!

そしてここから始まっていくお話しは
予想外の方向に
コロコロと転がっていきました。


時間軸さえも行き来して。



このあとに出てくる、
悪人なのに憎めない登場人物たち。


彼らにぜひ、出会ってください(・ω・)



***



原田マハさん

本日はお日柄もよく


{C25D5906-448A-44EA-AA74-CC26ADD91421}

結婚式で必ず聞く、
いろんな方のスピーチ


そんなスピーチに
人生変えられちゃった女の子のお話


幼なじみの結婚式にて

あまりにも
つまらなくて眠くて
目の前に置かれていた
スープに顔面からダイブするほど

(ものの例えではなく本当にジャボン)

退屈していた主人公「こと葉」



その次に出て来た
美女のスピーチに心を奪われ
涙を流すほどの感動を…


空気を変えてしまう
言葉の魅力に魅了されて、

「スピーチライター」の世界にダイブ!!


体当たりで
高い高い壁の仕事にもぶつかっていく
そんな「こと葉」の姿に、
わたしも頑張ろう!と思える1冊。


しかも、
名言がゴロゴロ!
名言の玉手箱やー!!!


そんな、
きらきらした言葉の世界に
ダイブしてみて下さい(*^^*)



***


宮下奈都さん

太陽のパスタ、豆のスープ


{FD17D48A-E3C8-49DD-872F-40C03C469884}


大好きな彼といよいよ結婚!

結婚式ももうすぐ!

今日は彼と映画を見て、
そのあと食事をしているの♪


そんな人生の絶頂のタイミングで、


突然その彼から、
婚約を解消しようと言われた主人公。




しかもその彼は、

穏やかな笑みを浮かべている!

取り乱す主人公を、
きょとんとした顔で見ている!!


きょとんて!

こんな場面で使う効果音じゃ
ないだろーう!

と言いたくなる場面から始まるお話。




よく考えると、
流されて生きて来た気がする

強い意志を持って、
自分のやりたいことを
選んできていない気がする…

そんなことを思った時に
読むと沁みると感じたおはなし。



そして、
登場人物が個性的で魅力的。


そして、
出てくる食べ物がおいしそう!!
(ここ重要です)




今年の本屋大賞を受賞した、
「羊と鋼の森」の作者さんの
おはなしです(*^^*)




***


柚木麻子さん

ランチのアッコちゃん


{9DE0B977-09F2-4D0D-A9F0-F1FB7884AE5B}


ずーっと気になっていて、

読みたくて読みたくて、

この作者さんの他の作品を読んで、


またさらに読みたくなって。



ようやく読みました(*^^*)



ものすごい存在感を放つ、

黒川敦子部長

通称・アッコさん



まず明らかになる、

アッコさんの
「一週間のランチの謎」

ここで一気にアッコさんの
魅力のトリコになります。



いやもうね、

すごく豪快で痛快なのに

繊細で優しいアッコさん。



新しいことを始めるのに
全く躊躇しないアッコさん、
なんてかっこいいんだろう。


読み終わったあとに、
心の中にスァーっと
爽やかで気持ちいい風が吹く

そんな読了感を得た本。


そして、

出てくる食べ物が美味しそうで!

読み終わったらとりあえず
たまらなく
お腹が空きますので注意!!笑



***


住野よるさん


また、同じ夢を見ていた


{8ADB0088-F24D-4916-BE02-9DAFC74C575A}


一作目の小説
「君の膵臓を食べたい」

で、私はもう、
この作家さんのファンになりました。


本屋「大賞」は逃しましたが、

デビュー作で2位って!


すごすぎます、住野さん。



そんな住野さんの2作目、

しかもサイン本をゲットしました!


買う時、
テンション上がり過ぎて

手が震えていました!!



サインが入っているし、
値段が0ひとつくらい
多かったらどうしよう!あわあわ!

…なんて思うほどに。笑



{C9E82CB1-866F-4E94-B283-7CA12E71CC22}


えへへへ。



しあわせ(*^^*)





内容は、

日常にひょっこりファンタジー


という印象を受けました。



お話を進めていくのは、

なんとも大人びた小学生の女の子。



そして彼女をとりまく、

たくさんの登場人物たち。




住野さんの本を読んで、

すごく素敵だなぁと思うのが



「会話」



本当にもう、


登場人物たちがすぐそこで

話しているところが目に浮かぶのです。



やり直せないからこそ、

人生はかけがえが無い




でももしも、もしも……




江國かおりさんの

「すき間のお友達」「ホテルカクタス」


が好きだなぁなんていう方には

特に、

全力でおススメしたい本です(*^^*)







というわけで、

長くなりましたが


最近読んだ中から

いくつかご紹介しました。



家で本たちを並べていたら

母に言われた言葉。


「だいたい表紙が食べ物やん」





「……バレた!!!」


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。