気がついたらもう12月も折り返し!(早い!!)“あったかいほうじ茶で温まる”シリーズ(いつシリーズ化した!?)今回も、いつもお世話になっている神奈川県農協茶業センター直売所の売り出しでのイベント「ほうじ茶まつり」の商品から紹介していきましょうね。これまで“限定”商品が続いたので、“いつもの定番”「ほうじ茶」を淹れてみましょう。100グラム216円というお手頃価格の本格派!さて、これまでの“限定”とどう違うのか?!楽しみ♪←違いがわかるのか??(汗)

合わせるお菓子は、やはり、茶業センター直売所の売り出しで見つけて前々回にご紹介した“冬期限定”「チョコレートまつば」の、最近ラインナップ加わった「ホワイトチョコ」バージョンです。直売所でも人気のいもかりんと“芋まつば”にチョコをコーティングした冬ならでは!のアイテムです。コーティングされたチョコがホワイトチョコだとぐっとクリスマス気分が盛り上がりますね!
早速スタジオで淹れていきます。やってきたのはいつものスタッフくん。このシリーズは最初から参加しているので飲み比べはバッチリ?!かな?早速一服!「うーん、安定の品質。いつもの味です!ホッとしますねー」と馴染みの知り合いに出会ったような表情です。「香りが高いものとか、味が濃いものとか、いろいろありましたけど、ちょうど中庸な感じで落ち着きますね」とな。

では「チョコレートまつば」の「ホワイトチョコレート」です。「食感は前々回のチョコレートまつばなのですが、ホワイトチョコの風味が際立ちますね」ですって!「チョコレートの口どけと芋かりんとうのざっくりした食感が絶妙です」と着地。

寒い夜はあったかいほうじ茶とクリスマス気分のホワイトチョコまつばでゆったりぬくぬく過ごしたいですね。

さて、次回はもう冬至!しかもクリスマス間近かぁ!どうしようかな?

AD

暦の上では大雪を過ぎて寒さも本格的になってきましたね。今回もあったかいほうじ茶で温まりましょう。前回に引き続き、いつもお世話になっている神奈川県農協茶業センター直売所の売り出しでのイベント「ほうじ茶まつり限定商品」から、今回は「箱根丹沢山麓ほうじ茶」です。

通常の足柄茶のほうじ茶と違って200グラム入りのクラフト紙風のシンプルなパッケージ。いつものほうじ茶とはどんな風に違うのか?ちょっと楽しみ♪

合わせるお菓子はやはり茶業センター直売所に並んでいた“さくさく噛んで食べる飴”のシリーズから「湘南ありへいとう湘南ゴールド」をチョイス!この“ありへいとう”の以前に“足柄茶”フレーバーをご紹介したことがあるのですが、“湘南ゴールド”はどんなかな?

早速スタジオで淹れていきましょう。やってきたのはいつものスタッフくん。「前回よりは香りがマイルドですね」と言いつつ着席。「水色も控えめな感じですが。。。」と言いつつ一服。「あ!香りと見た目とは裏腹にすっごい濃厚な感じのほうじ茶です!!」と、見る間にオドロキの表情に!「いやぁ、同じ足柄茶のほうじ茶でも違うものですね!」とな。

そして、「湘南ありへいとう湘南ゴールド」です。「これ、キャンディですよね?」と訝しげなスタッフくん。「金色ですねぇ。なんか金の粒!みたいな?」と、金色のありへいとうの外観にテンションが↑↑上がりつつも「さくさく噛んで食べるんですよね?!」と(ホントにさくさく噛めるのか?!)不安そうに一粒食します。「んぁ!本当にさくさくですね!中から湘南ゴールドの風味がジュワッと湧いてきます!」とまたびっくり!そして、さくさくと食べながらお茶を一服。「お!これ、ほうじ茶と一緒に食べると酸味がまろやかになってなんか美味しくなります!」と着地。ほうじ茶っていろんなミラクルを連れてくる?!んですね!!

さて、次回は??

AD

12月になりましたね!本格的な冬の到来ということで温かいお茶を淹れていきましょうね!今回は、いつもお世話になっている神奈川県農協茶業センター直売所の売り出しでのイベント「ほうじ茶まつり限定商品」の「かりがねほうじ茶」です。“かりがね”とはお茶の茎の部分のことで、棒ほうじ茶とも言われます。

今回はイベントということで店頭での量り売り。美味しいうちに飲み切りたいので100グラムだけ量って詰めてもらいました。

合わせるお菓子は、やはり、茶業センター直売所の売り出しで見つけた“冬期限定”「チョコレートまつば」です。直売所でも人気のいもかりんと“芋まつば”にチョコをコーティングした冬ならでは!のアイテムです。

さぁ、あったかく淹れてみましょうね!

やってきたのはいつものスタッフくん。「すごーい香ばしい香りですね!スタジオ中がほうじ茶の香りでいっぱいですよ!」と言いつつ入ってきました。まずは一服。「あ、香りはすごく立っているんですが、味はすごくスッキリして雑味がないですね。茎の部分だけだからでしょうかね?」と、分析しつつ味わっています。

そして、「チョコレートまつば」です。「冬ならでは!ですね。これ!」と言いながら手に取るスタッフくん。「コーティングしているチョコが溶けない冬だからこそのアレンジですよね」と「チョコレートまつば」をもぐもぐ。「カリッとした芋そのものの素材感とミルクチョコの優しい味わいがいい感じです」とな。「香ばしくて雑味のないかりがねほうじ茶とお芋の食感が生きているチョコ風味は合いますね」と着地。冬の澄んだ空気のようなスッキリとしたかりがねの風味はなかなかイイ感じです。

さて、次回はどうしようかな?

AD