新緑の京を彩る「鴨川をどり」(5月1~24日)の衣装合わせが2日、先斗町歌舞練場(京都市中京区)であった。芸舞妓(げいまいこ)24人が舞台衣装で、パンフレットに使われる写真撮影に臨み、会場はあでやかな空気に包まれた。

 京都五花街の一つ、先斗町歌舞会の主催。今年の演目は阿波言葉を取り入れた舞踊劇「女たちの幕末」と緑をテーマとした舞踊組曲「薫風歌絵巻」。初舞台となる舞妓のもみ福さん(16)は「緊張するが、姉さん方の足を引っ張らないよう頑張りたい」と話した。

 問い合わせは同歌舞練場(075・221・2025)。【小川信】

【関連ニュース】
舞妓:「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初
雑記帳:あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社
街かど:都をどり大ざらえ /京都
北野をどり:優雅な踊りで魅了 前夜祭に240人 /京都
上七軒歌舞練場:舞台に和紙のどん帳 /京都

<軽費老人ホーム>設置基準緩和の「都市型」容認へ…厚労省(毎日新聞)
<傷害>別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警(毎日新聞)
【探訪 企業ミュージアム】サクラクレパス サクラアートミュージアム(産経新聞)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初-岡山県(時事通信)
首相動静(3月29日)(時事通信)
AD