いざ青春へ in日光

テーマ:
皆さんこんにちは!どゅうきです。
今回は渓流禁漁間際だったので、日光にふじっぺと行ってきました。

初めて見る人のため彼のblogを載せときますね

チャレンジャー高校生←クリック

彼はこの夏僕がNZに行ってる間日本一周に行ってきました。その事が上のblogに書いてありますのでゆっくり見てください。

しかし、ゲストハウスに泊まっては前回と一緒になってしまうので、今回は野宿を初体験してきました。

それでは行ってみましょう!

土曜日の午前授業を済まし午後3時最寄り駅裏のマックからスタート




荷物は5.6キロ位あったのではないかな

・ノースフェイス28Lバック
・釣具
・スケッチブック
・帽子
・コンパクトガスコンロ
・ガスボンベ
・クッカー
・半袖と長ズボン1着ずつ他パンツ、下着
・水筒
・懐中電灯
ナイフ
・水性ペン他小物

そして20分ぐらいで1台目のドライバーに羽生インター前のセブンまで

2台目は仕事中のお二人さんに羽生から佐野サービスエリアまで

最後の方はホッケーのコーチを母校で教えている様で下今市まで行ってもらいました。

下今市駅に到着後歩いて近くにあったスーパーへ食料を買い、明日の釣り券を求め「水堂釣具店」まで行きました。

僕達)こんばんは!

店長)いらっしゃい。

僕達)年券を買いたいのですが、残っていますか?

店長)あるけど、学生かい?

僕達)高校生です。

店長)どこから来たんだい?

僕達)埼玉からです。

店長)電車できたんだ。

僕達)違います。ヒッチハイクできました。

店長)???ヒッチハイク???

僕達)はい!!

店長)お前ら面白いな、飯と宿はあるんかい?

僕達)飯はありますが、宿はありません。なので野宿します。

店長)だったらうちの自治会館の軒下で寝ろ。


そうして店長さんが所有する自治会館の軒下で、ブルーシートを敷き、一夜を過ごそうとしていました。
お腹も減り、スーパーで買ったウインナーを焼いていたら、先程の店長さんが

店長)お前ら腹減っただろ。飯食いに行くぞ!!

あまりにも突然だったので、理解するのに時間かかりましたが、お誘いに乗っかる事に。

近くの居酒屋へ奥さんも合流して、4人で食事をしました。
そこでは、僕達の今までの経験やこれからの予定で盛り上がり、満腹になるまでご馳走になりました。
9時半頃お別れをして、僕らは拠点へ

本当にありがとうございました。
このあとも僕たちはお世話になるとはこの時は思っていなかったでしょう。

水堂釣具店←クリック

気さくな店長さんが日光近辺の釣り場情報を教えてくれます。
エサ、フライ、ルアーの品揃えもよく
ビギナーから上級者まで幅広く来店していました。皆さんも日光に釣りで出かけた際寄ってみてください。
今市地区で唯一年券が購入出来ます。



雨はどしゃ降りで気温も下がり、寒かったので、川の対岸にあったイオンで次の日の朝御飯を買いに行き、その後火を起こし暖をとり僕は寝ました。ふじっぺは寒くて寝られ無かったそうです。

勿論布団や寝袋ありません。
持っているのは、ジーパンとウルトラライトダウンぐらいしか、あったまるものはありませんでした。(それでも寒かったけどな)

寒くて僕も午前2時起床。
彼がコーヒーを飲むと言うのでコンロで湯を沸かしながら暖をとり、そのまま朝になってしまいました。





こんな格好じゃあ風邪引くぜw
5時半頃周りが明るくなったので大谷川に入川。
昨日よりかなり増水していたけど、自分は渓流足袋を履いて、彼はサンダルだったので開始早々退却(まるで氷水だ。)
このままだと風邪引くので即席めんを作り体を暖めました。

あまりの雨にイオンに逃げ込み、そして中にあったマックで作戦会議
このまま雨が止むのを待つか、素直に帰るか、悩んだ挙げ句に店長さんにも話を聞いて、湯ノ湖行くことに!!

日光街道から中禅寺湖行きのドライバーを20分程で発見し、ついでに湯ノ湖まで送ってもらいました。
道中の東照宮は、大渋滞でしたが、それを過ぎれば解消されて12時頃到着出来ました。
本当にありがとうございました。

念願だった湖の釣りにワクワクしていました…ところが放流が終わり周りも落ち着いていました。






景色は、よかったです。しかし、反応がない。二人ともルアーで攻めますが、ふじっぺがだいぶネイティブ化したレインボーを一匹だけで、特に当たりもなく湖を一周してしまいました。




魚は跳ねてるから居るとは思いますけどね…

その後は雨も酷くなり終了。まぁ難しいとは思いましたけど…

もしこれから行くお方がいましたら、絶対ボートがいいです。ルアーとフライならフライがいいですよ、エサはサシかブドウ虫がいいらしいです。


湯ノ湖釣り情報←クリック


帰りは釣具店の店長が手配してくれた車で釣具屋まで乗っけてもらい、ドライバーさんとお別れ。
見た目はちょっとファンキーだったけど、凄く優しい方でした。
本当にありがとうございました。
そして今夜の宿(前日の軒下)に行こうと思い、歩き出した、その時‼️

店長)布団敷いてあるから、早く風呂入れよ。風邪引くぞ。

僕は、嬉しさのあまり泣いてしまいました。

人間は、1人では生きていけないと

感じました。

結局、夕飯と次の日の朝ご飯、昼ご飯をご馳走してもらいました。
夕食後、家族7人(僕達も含む)で楽しい時間を過ごしました。
しかし、疲れが溜まったのか、8時過ぎからは記憶がありません。

最終日の朝は大谷川今市地区を攻めましたが
ウェダーの無い僕らには川は冷めたすぎて、
開始30分で退散。

釣り人は、禁漁前最終日だったので50人以上が入川していました。


山水堂の店主のご厚意で、日光地区に連れて行って頂き、ここでお別れとなりました。

3日間お世話になりました。






二枚目にふじっぺがいます探して見てくださいw


なかなかじっくり攻めても反応がなく時間だけが過ぎていきます。




そして今回の最終目的地の堰堤に来ました。
6月の時は稚魚があんなに釣れたのに、今回は全くの無反応…完敗でした。
改めて自分のレベルの低さを感じました。

しかし、釣れなくても全くの悔いがありません。これは自分でもよく分かりません。

2時頃川から上がり、帰りの支度を始めました。

そして歩き始めて15分程で日光インター前のセブンイレブンに到着。
腹が減っていたので、少し腹ごしらえをして

ヒッチハイクを開始しました。

帰りの1台目は日光インターから佐野サービスまで初めてハイブリッドの車に乗ったのですが、凄く音が静かでビックリしました。

2台目は佐野サービスから最寄り駅まで
この車では 、僕たち以外にもヒッチハイカーが乗っていて、しかもドライバーさんもヒッチハイク経験者だったので、色々な旅の話を沢山聞かせて頂きました。本当に楽しかったです。

そして10時頃帰宅

久しぶりのヒッチハイク旅だったので、
改めて自分の無力さや人々の優しさを感じる事が出来、凄く充実した旅でした。
偶然は必然とふじっぺが言っていたことの意味がよくわかりました。

改めまして

今回乗っけて下さった全てのドライバーさん
山水堂釣具店ご家族一行本当にありがとうございました。

そして旅にはミスチルの終わりなき旅ほど似合う曲はないと思いました。

僕たちの旅は永遠に終わらない
AD