点滴速度の設定ミスで患者の男性=当時(79)=を死亡させたとして、警視庁府中署は17日、業務上過失致死の疑いで、東京都府中市の都立府中病院(現・都立多摩総合医療センター)に勤務する女性看護師(22)を書類送検した。同署によると、看護師は容疑を認め「なぜ設定を誤ったのか自分でも分からない」と供述している。

 送検容疑は、平成21年6月11日午後2時20分から同7時ごろ、男性に栄養剤を点滴する際、速度を誤って通常の10倍に設定したため男性が心肺停止となり、同月13日午後7時15分ごろ、死亡させたとしている。

 同署によると、点滴速度はデジタル入力方式だったが、看護師が入力する数値を誤った。男性は当時、末期がんで衰弱しており、過度な点滴速度の負担に耐えられなかったとみられる。

 同病院庶務課は「看護師のミスがあった。死亡との因果関係は警察の捜査にお任せしている。ご遺族には心からお悔やみを申し上げたい」とコメントした。

【関連記事】
点滴ミス200万円で和解 大阪・泉佐野市の病院
体内に25年間ガーゼ放置 今年1月に摘出 長崎市市民病院で
胸の左右間違え、針刺す 徳島大病院
ガーゼ20年間、体内に放置 愛知・東海市民病院で医療ミス
腹部にキャップ置き忘れ 長崎・佐世保市立病院で医療ミス
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

仙谷氏、自民質問は「名誉毀損の告訴状出る議論」(産経新聞)
選手も監督も地味だけど…「世界を驚かせてほしい」(産経新聞)
診療報酬詐取 山本病院理事長に2審も実刑(産経新聞)
「日ごろからうるさいと思っていた」逮捕の同級生が供述 横浜の女子高校生刺傷(産経新聞)
蓮舫氏入閣は「テレビ用」=民主・渡部氏(時事通信)
AD