広島少年院(広島県東広島市)で収容中の少年に暴行したとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元法務教官松本大輔被告(30)の控訴審判決が8日、広島高裁であった。竹田隆裁判長は、懲役1年4月の実刑とした一審広島地裁判決を破棄し、改めて懲役1年の実刑を言い渡した。
 竹田裁判長は「犯情はすこぶる悪い」としながらも、一審判決後に被害少年のうち2人と示談が成立したことなどを指摘。「執行猶予が相当とまでは言えないが、一審の量刑を維持するのは酷だ」と述べた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分
少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年
医療少年院の自殺で国が一部敗訴=ベルト貸与は注意義務違反
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行

鳩山氏「子分に裏金」疑惑 民主代表の座カネで買う?(J-CASTニュース)
「雷鳥」来春でお別れ…大阪と北陸結び46年(読売新聞)
首相、今夕にも小沢氏らと会談 「反省しながら、しっかりした道筋考える」(産経新聞)
「千円なんか要らん」…82歳強盗、逮捕(読売新聞)
<関アジ>対立していた漁協が「手打ち」 共同休漁の協定締結へ(毎日新聞)
AD