自民党の大島理森幹事長は25日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が県外、国外移設を唱えているについて「政府の方針に反対するなら内閣を辞職して行動するのがあるべき姿だ」と述べ、閣僚の辞任を促した。

 大島氏は、福島氏が25日に沖縄県を訪問することについても「鳩山由紀夫首相が止めなければならない。それができないこと自体、内閣の統一が取れていない(証拠だ)」と述べ、首相を批判した。

【関連記事】
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
米国防総省も日米防衛相会談を発表 辺野古周辺移設を歓迎
米紙「オバマ政権の勝利」 首相の辺野古移設表明
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
虐待が子供に与える「傷」とは?

<貞観地震>震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)
首都圏で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)
ウイルス作成者ら2人逮捕=個人情報流出、現金詐取容疑―全国2例目・警視庁(時事通信)
僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)
小沢氏政倫審を回避?2度不起訴で民主が消極的(読売新聞)
AD