2012年04月10日

武田一成「欲情の季節 蜜をぬる18才」(1973)

テーマ:ロマンポルノ
映画遁世日記

欲情の季節 蜜をぬる18才 (1973)
監督:武田一成
企画:伊藤亮爾
脚本:佐治乾
出演:梢ひとみ、中島葵、坂本長利、志賀圭二郎、織田俊彦、五條博、真湖道代

武田一成監督といえば、1970年代中期から80年代にかけて「主婦の体験レポート おんなの四畳半」(1975)「夫婦秘戯くらべ」(1976)「サチコの幸」(1976)「順子わななく」(1978)「おんなの細道 濡れた海峡」(1980)等といった、人の心が胸に染み入る傑作"人情派"映画群を撮り、またそれらの作品以外でも、人と人との繋がりを強く感じさせる、人間くさい映画を多くお撮りになってきた監督さんという印象があります。これらの事柄から(…もちろん師匠であり盟友でもある鈴木清順監督譲りの独創的な映像世界観もお持ちである武田監督であるからして、それが統べてとは言わないまでも…)察するに、武田一成監督には"ヒューマニズムの人"という側面があるのだと思います(馬鹿単純・且つあやふやですいません)。

どうしてこんなことをしゃちほこばって書いているのかというと、それはこの「欲情の季節 密をぬる18才」は"それらの要素"がことごとく抜け落ちている映画であったので、「エッ?武田監督もこういうのを撮ってたんだ!」と驚かされてしまったからです。

コレがどういう映画だったのかということを簡単に書くと、

(性的に)自由奔放、小悪魔的でコケティッシュな魅力を振りまく梢ひとみをミューズとした、ある意味フンイキものの作品であり、詰まるところそんな彼女に周りの人間が振り回されるという、それだけの映画といえます。劇中、お母さん役の中島葵と娘・梢ひとみの関係性をもっと突っ込んで描けていとしたならば、「マル秘色情めす市場」の花柳幻舟・芹明香親子のような面白味をかもし出せたのかもしれないのですが、結果的にそれもありませんでした(そして、それが悪いというワケでもありません)。

映画遁世日記
 詳しくは書かないが、このシーンが何が何だか分からないけど凄い

とにかくこの梢ひとみが着せ替え人形よろしく取っ替え引っ替えイカすお洋服に着替え、勝手気ままに振るまい、ある程度のわがままなら可愛いから許されてしまうという…。いうなればこれは"しらけ世代"のアイドル映画みたいなもんなのでしょうか?よく知らないのですが、もしかして往年のブリジット・バルドーとかジェーン・フォンダの映画ってこういうのじゃないのか?…みたいな(偏見)。こういう「内容的には多少スカスカでもキュートであればそれでいい」…そんな映画、武田監督で大丈夫なのか?と思いきや、さすがパリに映画留学、その際トリュフォー監督の現場も体験しているフランス語ペラペラのヨーロッパかぶれ(←悪口じゃん・笑)武田一成監督、ものの見事にモノにしていました(実際にはお洒落ヨーロピアン小悪魔ガーリー・ムービーにやさぐれジャパニーズ四畳半テイストを少々…みたいな佇まいに収まっていたような気もしますが)。

とにもかくにも本作は、武田監督のフィルモグラフィの中では完全に浮きまくりの一本であると断言できましょう。

そして、さらにはこれ、同じく主演の梢ひとみとしてもでも浮きまくりな映画なのです。先程から僕は彼女について「小悪魔」「コケティッシュ」「ミューズ」「着せ替え人形」「アイドル」「キュート」とかナンとか散々書いているものの、正直これまで梢ひとみ出演作を10本以上観てきた中で、僕はそういう印象を彼女に抱いたことは、ただの一度とてありませんでした。梢ひとみといえば、やさぐれ女や妖艶な女こそ似合えど、可愛い子ちゃん役を演じていたイメージはまったくありませんでした…(曽根中生監督「続ためいき」のOL役がギリギリで可愛い子ちゃん役だったであろうか…。いやあれは可愛いというよりアホな子だったような…)。なので「コケティッシュ」だの「ミューズ」だのと打ち込みながら僕は…半笑いになっていた次第です(笑)。

でも…

映画遁世日記
映画遁世日記
映画遁世日記
映画遁世日記
映画遁世日記
映画遁世日記
映画遁世日記
映画遁世日記

ご覧のとおり、しっかり可愛くてシャレオツな魅力を振りまいているんですよね!!

例えばいつも時代劇で着物ばかり着せられていた小川節子が洋服を着ているだけで「イイわぁ~!」と思えてしまうように、可愛い子ちゃんな梢ひとみも案外イケる。

武田監督とこずこず、なんかいつもと違うくねぇ?でも、なんだかすごくイイ!

「欲情の季節 蜜をぬる18才」はそんな映画であったのです。



おわり
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。