フランスのFX取引

テーマ:
ここ過去数年間で、フランスFX市場は取引量が20%~30%上昇という大きな成長を遂げました。



フランスのFX市場は従来から活発でしたが、急速な拡大は新技術によりオンラインFX取引が可能になってからです。フランスではすべてのFX運用がFX取引業者か銀行により行われています。フランスのFX市場は、為替レートの設定を担当しているフランス銀行により規制されています。これらの為替レートは他の通貨の為替レートに依存しています。フランス銀行はFX市場に対して大きな影響力を持っており、フランス市場ほど中央銀行にFX市場が依存しているマーケットは他に類を見ないほどです。

フランス経済の背景とユーロ

フランス経済は、世界で5番目に大きく、購買力平価に関して言えば8番目に大きな経済となっています。フランス経済はヨーロッパにおいて第2位であり、EUの農業生産においては主導権を握っています。フランスで最も普及している農産物には家禽、豚肉、果実、ワイン、野菜です。フランスは資本主義経済をとりますが、政府の強い介在があります。ユーロ経済の一員でもあるフランスでは、グローバル購買力平価基準によりユーロの価格は控えめです。経済状況も、経済的多様性が低得点で、政府の透明性が高得点であるため、長期成長率も穏やかです。

著しく増加するフランスのFX取引

過去数年、フランスにおけるCFDやFX取引の20%~30%増加を示す報告が出ています。調査会社「Investment Trends」が発表したフランスのCFD・FX取引に関する報告書によると、2011年から2012年にかけてボラティリティ(変動性)が低下しているにもかかわらず、CFD・FX取引の著しい増加が指摘されています。低変動率下におけるFX取引増加の背景にある主要な原動力は、印紙税でした。予算上の問題を抱えていたフランスは、ヨーロッパ諸国で初めてすべての金融取引に0.2%の印紙税を課したのです。多くの投資家が印紙税を避け、株式を所有せずに取引ができるため印紙税のかからないFX取引へと流入したのです。

フランスFX市場はInvestment Trends社の調査対象となった他国に比べると、依然として相当小さくなっています。フランスのCFDトレーダーは19,500であるのに対し、ドイツは43,000、シンガポールは22,000です。また、活発に商うFXトレーダー数はフランスでは20,500であるのに対し、ドイツでは30,000、英国では74,000です。FX・CFDトレーダー数の人口比では、フランスが最下位でした。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

←ココから口座開設をどうぞ
AD

コメント(1)