米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、平野博文官房長官は15日、政府が訓練移転を検討中の鹿児島県・徳之島の関係者らと鹿児島市内で会談した。

 関係者によると、平野氏は「民意の許せる範囲でお願いしたい」と協力を要請し、訓練移転を受け入れた場合、徳之島空港沿岸の干潟を埋め立て空港を拡張する構想も示したという。

 一方、鳩山由紀夫首相は15日、首相公邸で外務、防衛両省幹部から12日の日米審議会級協議の報告を受けた。米側は、沖縄県名護市辺野古沖合に杭(くい)打ち桟橋方式(QIP)で代替施設を建設する日本側提案に難色を示しており、政府は決着期限を最大半年後まで先送りする方針を固めている。

 これに関連、北沢俊美防衛相は15日、長野市内で「場合によっては米国に行きゲーツ米国防長官と最終的な詰めの調整をしなくてはならない」と述べた。

【関連記事】
銀座で「基地ノー」 徳之島出身者がデモ行進
谷亮子、スポーツ担当相で入閣か…鳩山“起死回生”衝撃策
大島氏「言い訳行脚だ」 平野氏の徳之島面会で
官房長官、午後に徳之島住民と会談
普天間問題決着の半年先送りを確認 関係閣僚会議

口蹄疫の感染止まらず=家畜処分対象は8万頭超に―宮崎(時事通信)
普天間で知事会の開催要請=麻生会長に首相(時事通信)
非常勤講師がリポート代行=有料、HP上で募る―桃山学院大(時事通信)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)
AD