枝野幸男行政刷新担当相は9日午前、閣議後の記者会見で、国民の行政参加を促す観点から、自らを座長に有識者らが参加する「行政透明化検討チーム」を設置し、国の情報公開制度の抜本的見直しに着手することを明らかにした。15日に初会合を開き、6月をめどに結論をまとめる。早ければ秋の臨時国会に情報公開法改正案を提出する見通しだ。
 検討チームのメンバーは10人で、座長代理に情報公開法に詳しい弁護士の三宅弘氏を起用。情報公開法を所管する総務省から階猛政務官、首相官邸から地域主権担当の逢坂誠二首相補佐官もメンバーに加わる。
 枝野氏が制度見直しの素案を提示した上で検討に入り、「公開請求から開示決定までの期間短縮」や「不開示要件の縮小」などを目指す方針。 

名張毒ぶどう酒事件 差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
父離れた30分内に炎上…幼児4人死亡(読売新聞)
教委に「天窓はない」=安全策軽視、男児転落の小学校-鹿児島(時事通信)
「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
銀行本店に油まき放火=男を確保、けが人なしか-山形(時事通信)
AD