埼玉の連続不審死事件で、県警は大出嘉之さん=当時(41)=の死亡を「自殺に見せ掛けた他殺」と判断した。木嶋佳苗容疑者(35)は否認し、殺害を直接裏付けるような有力な物証などもないとみられる。捜査当局は、同時期に発覚した鳥取連続不審死事件と同様、状況証拠の積み重ねで立証する方針だ。
 大出さんはレンタカー内で一酸化炭素中毒死していた。車内にはしちりんや練炭、マッチの燃えかすなどが残されており、遺体からは睡眠導入剤とアルコールが検出された。捜査幹部は「状況は典型的な練炭自殺とほとんど変わらなかった」と振り返る。
 ただ、車の鍵が見つからなかった。「あるべきものがない」。県警は他殺の疑いを抱き、捜査を開始。大出さんの周辺を聞き込んだが、自殺の動機はなかった。遺書もなく、遺体の発見前日には「今夜から2泊3日で婚前旅行に行きます」とブログに書き込んでいた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「睡眠導入剤」
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い
意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析
強盗殺人容疑で女を再逮捕=電器店経営者に睡眠剤

アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)
「高島易断」名乗る祈祷料詐欺 起訴内容認める(産経新聞)
<就職戦線>続く氷河期 手当たり次第登録「理想より内定」(毎日新聞)
<国民読書年>開始を宣言 活字文化議員連など3団体(毎日新聞)
医療ADRに関する連絡協議会を設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
AD