社民党の福島瑞穂党首は22日、都内で記者団に対し、日米の実務者が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設で大筋合意したことについて「沖縄県民との合意、連立政権内の合意なくしてなぜ日米合意が先行するのか全く理解できない」と述べ、政府の対応を厳しく批判した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

<将棋>羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
<殺人>庭先で腹刺され70歳男性が死亡 岩手(毎日新聞)
小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」(産経新聞)
NCの役員報酬規程などを了承(医療介護CBニュース)
<廃タイル違法処分>弁護士事務所など家宅捜索 岐阜県警(毎日新聞)
AD