堺市堺区の岩本隆雅(りゅうが)ちゃん(1)が虐待され死亡した事件で、大阪府警に傷害容疑で逮捕された同居の無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)が「面倒をみているとき、ぐずったり泣いたりしたのでイライラした」「これまで何度も暴力をふるった」と日常的な虐待を認めていることが16日、捜査関係者への取材で分かった。府警は同日、容疑を傷害致死に切り替えて送検した。

 関係者によると、隆雅ちゃんは今月3日に堺市や大阪府松原市の3病院を受診。3病院とも虐待を疑いながら児童相談所へ通告していなかった。母親(21)が「気づいたら頭にあざができていた」と虐待を否定したため、踏み込んだ対応ができなかったという。

<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
<福岡3歳児虐待>31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑(毎日新聞)
大型連休中の外遊見送り=鳩山首相、「普天間」に専念(時事通信)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
AD