建築で『今すぐ使える! CADデータ』・家具設計、キッチン設計のノウハウ

住宅の設計ですぐに役立つインテリア家具の情報を毎日発信中!
システムキッチンやTVボード、洗面化粧台の設計の仕方を見て学べるブログはここだけ!
CADデータサンプル、家具、キッチンの設計ノウハウのレポートもたくさん!


テーマ:
までのTVボードはリビングに置くタイプのものが
中心でしたが


洋室、例えば
寝室だったり、仕事部屋、子供室などに
デスク、もしくはドレッサー兼用のTVボードというものを
考えてみました。



TVも大型というよりも30インチ前後のものが対象で、
最近ではアームの種類も多くどんな角度からも
TVを見れるようになっています。


ですから今後は
リビングだけというのではなく
洋室タイプのTVボードも考えてみようというわけです。

(施工例もありますが・・・)


とりあえずの
イメージをごらん下さい。




要は

デスクの横に単にキャビネット(TVボード)を
連結させただけのものですが、


考え方として

アンテナやコンセントの位置をどこにするかで
このようなTVボードが付けることができたり
できなかったりするということです。

壁の下地もそうです。





ポイントは


このような
造作家具をのちのち考えるのであれば


コンセントの位置やアンテナの位置、
そして家具を取り付けようとする場所や
TVを付けたい場所などに下地を入れてもらうと良いということに
なります。


そうそう

照明器具も
天井ばかりではなく
壁に後で付けたいと言う時に備えておくことも可能ですので、

ハウスメーカーにお願いすると良いでしょう。




一つの例として、


洋室ではなく
玄関に将来的に下駄箱を取り付けた時に
下に間接照明を付けるために

ハウスメーカーにお願いして
壁に配線だけをしてもらい、
リビングにはスイッチも付けてもらったことがあります。




以上のように

インテリア、

特にオーダー家具については
建築工事とのからみがとても多いのです。


何度も言っていますが、


下地と電源に関しては
簡単にスルーしてはいけません。




*工事後ではできません!



後々諦めることが無いよう
部屋の使い方をよく考えて
ハウスメーカーにお願いしてみましょう(^-^)














↓注目コンテンツ↓


↓可動はPC(3分)。あとはスマホで投稿するだけ
→本当に無料で使い続けられる集客ツール(マニュアル付)







→フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始】








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。