エーザイは4月16日、スペインのアルミラル社の上部消化管機能改善剤シニタプリドについて、中国での独占的開発、生産、販売権を獲得するライセンス契約を締結したと発表した。中国でニーズの高い消化器領域での製品ラインナップを拡充するのが狙い。

 シニタプリドは、スペインで「軽度および中等度の運動機能不全型胃腸症」「プロトンポンプ阻害剤不応性の逆流性食道炎に対する併用療法」を効能効果として、アルミラル社が販売している。エーザイによると、中国の消化管機能改善剤市場は4.7億元(約63.8億円、1元=13.57円で換算)で、現在、機能性胃腸症で約1500万人、逆流性食道炎で約1100万人の患者がいると推定されている。

 エーザイには、中国事業における消化器領域の薬剤として、既に販売している胃炎・胃潰瘍治療剤セルベックスや、肝臓疾患用剤・アレルギー用薬強力ネオミノファーゲンシー、グリチロンのほか、現在開発中の慢性B型肝炎治療剤クレブジン(フェーズ3試験実施中)や分岐鎖アミノ酸製剤リーバクト(申請準備中)がある。


【関連記事】
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ
ドロップタイプの乗り物酔い薬にレモン味が登場―エーザイ
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
タケプロンに効能追加申請―武田薬品

第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
摂関時代は寝殿造、初の裏付け 藤原氏の別荘跡(産経新聞)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)
AD