平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相に同行して訪米し、ワシントンに残っている佐野忠克首相秘書官が現地時間の同日、スタインバーグ米国務副長官と会談することを明らかにした。

 国務省ナンバー2が首相秘書官と会談するのは極めて異例だ。佐野氏は普天間移設問題で、内閣官房と外務、防衛両省の実務者による作業部会のメンバー。スタインバーグ氏との会談では、同問題に関する日本側の立場を説明するとみられる。

【関連記事】
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
首相は普天間に政治生命賭けよ
夕食の前座「普天間会談」 オバマ大統領は冷ややか
「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ
外国人地方参政権問題に一石

台風の目「第3極」…政権与党を利するケースも(読売新聞)
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>51回目の結婚記念日 東宮御所で夕食(毎日新聞)
桜島 爆発的噴火400回超す 昨年より約7カ月早く(毎日新聞)
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状(産経新聞)
AD