千葉県銚子市の利根川河口から16キロ上流の茨城県神栖市太田で、気象庁が津波を観測した2月28日午後、水位が40センチ上昇していたことが1日、国土交通省利根川下流河川事務所の調べで分かった。同事務所は「利根川の水位が下流から急激に上がることは通常ない」としており、チリで起きた大地震に伴う津波が原因とみている。
 同事務所によると、利根川河口では28日午後2時20分ごろから水位が40センチほど急激に上昇。河口から16キロ上流の神栖市太田の観測点でも同3時ごろから水位が急速に上がり始め、30分後には40センチ上昇した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は一部継続
岩手、高知で1.2メートル=太平洋側各地に津波-65万世帯に避難指示・勧告

富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
銚子市といわき市で40センチの津波(時事通信)
診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)
泊原発作業員、微量被ばく=放射性物質吸い込む-北海道電(時事通信)
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発(産経新聞)
AD