鳩山由紀夫首相が17日、企業の内部留保課税を検討する姿勢を示した。日本経済が回復軌道に乗る一方、雇用情勢や中小企業の経営環境が引き続き厳しいことが背景にあるとみられるが、唐突な表明に現実味は乏しく、産業界からは「競争力をそぐ」と早くも反発の声が上がった。
 内部留保とは、企業の利益から法人税や配当金などを除いたもの。現行の税制では経営者の親族らが過半数の株式を保有する一定規模以上の特定同族会社に対し、留保金課税制度が適用されている。
 しかし、これには「二重課税」との批判が根強いほか、内部留保は設備投資の原資ともなるだけに「前向きな成長戦略を阻害する」(大手電機メーカー)、「本社を海外に移す動きが出かねない」(経済団体)と産業界の反発は強い。 

【関連ニュース】
消費税上げ「国民に信を問う」=予算の衆院通過後に議論
ペットショップが5500万円脱税=法人税法違反容疑で告発
帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税
ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し
建築設計会社社長ら逮捕=3000万円脱税容疑

<年金業務監視委>「14年まで活動」で合意(毎日新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍-東京地裁(時事通信)
<数学分野>研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減(毎日新聞)
<自民党>「予算案」に消費税上げ明示せず(毎日新聞)
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定-政府(時事通信)
AD