自宅に大麻を所持していたとして、奈良県警組織犯罪対策1課などは30日、大麻取締法違反(所持)容疑で、大阪府立福井高校教頭、小島靖司容疑者(49)=大阪市東成区中本=を現行犯逮捕した。同課によると、容疑を認め「自分で吸うために持っていた」と供述しているという。
 逮捕容疑は30日午前7時5分ごろ、自宅で乾燥大麻若干量を所持していた疑い。
 同課によると、情報に基づき小島容疑者宅を捜索したところ、自室のクローゼットにあったリュックサックから大麻が見つかった。大麻は、金属製のキセルと一緒にビニール袋に入っていたという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
大阪府立高校教頭が大麻所持=自宅に若干量、現行犯逮捕
改正関税法が成立

過去最高額の平成22年度予算案、今夕成立(産経新聞)
JAYWALKボーカルを起訴、大麻所持は起訴猶予 東京地検(産経新聞)
【主張】無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援(産経新聞)
移設先、陸・空分離は受け入れ困難…米司令官(読売新聞)
郵政改革法最終案、亀井氏「民業圧迫」に反論(読売新聞)
AD