親会社から付与されたストックオプション(自社株購入権)を行使するなどして得た所得を隠し、所得税約5800万円を免れたとして、東京地検特捜部は18日、所得税法違反(脱税)罪で、米医療用品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)」日本法人の広瀬光雄元代表(72)=東京都渋谷区=を在宅起訴した。

 起訴状などによると、広瀬元代表は平成17年と19年に、米国の親会社から付与されたストックオプションを行使するなどして得た所得約1億5800万円を隠し、所得税約5800万円を脱税したとされる。

 捜査関係者によると、広瀬元代表は、購入株の運用を米国の証券会社の取引口座で行い、売却益は香港やシンガポールの自分の口座や架空名義の口座に預金していたという。

 また特捜部は同日、法人税約4400万円を脱税したとして、法人税法違反(脱税)罪で、韓国製伝統酒類「マッコリ」の輸入・販売大手「二東ジャパン」(東京都足立区)と、同社の金孝燮(キムヒョソプ)社長(48)=韓国籍=ら2人を在宅起訴した。

【関連記事】
眞鍋かをりさん「家宅捜索受け屈辱的思い」契約解除求め事務所を提訴 
納税者は皆、怒っている 国税は悪質脱税を告発せよ
「アフェリエイト」指南の若手企業家告発 6千万円脱税容疑
2億円所得隠し 北新地の高級クラブ経営者の夫を脱税で告発
「脱税王だ!」“子ども首相”逆ギレもマザコン「母に…」

小学館社長かたりモデル志望の女性騙す 「誕生日プレゼントを…」と現金詐取 逮捕 (産経新聞)
<明治大>初の志願者数日本一に 11年連続の早大抜く(毎日新聞)
<ひき逃げ>ペルー人女性死亡 千葉・成田(毎日新聞)
足利再審 「無罪の言い渡しがされるべきことは明らか」論告全文(産経新聞)
<雑記帳>バレンタインにクジャクの羽プレゼント 福岡(毎日新聞)
AD