【小沢一郎民主党幹事長】

 ご自身も秘書が逮捕されて責任を感じていると思う。私も(小沢氏に)何らかの責任は当然あると思っている。小沢氏は検察でも聴取を受け、記者会見もしている。別に逃げている状況ではない。検察が不起訴と判断したのも事実だ。

 小沢氏の政治資金の問題なので第一義的に自らが進んで説明責任を果たすべきで、小沢氏は果たしてきた。ただ残念ながら、国民が十分な説明ではないと思っているのも実態としてはある。本人がしっかりと説明することに尽きる。政治を大きく変える使命で登場した新政権であり、その責めを果たすこともさらに大きな政治家としての責任なので、小沢氏に(辞任を)申し上げるつもりはない。

 【石川知裕被告の進退】

 石川議員本人の意思を早く示すことが大事だ。そのことを見極めながら民主党として判断したい。議員辞職勧告決議案は国会運営の中で決めることだ。

 【首相の偽装献金事件】

 誠に恥ずかしい。母からの資金提供は全く知らなかったが、検察や弁護士の調査で事実と判明した時点で贈与だと見なすべきだと判断して納税を行った。国民の納税は三大義務であり、周知徹底したい。

 【子ども手当】

 苦労すると思うが、平成23年度予算は基本的に月2万6千円全額支給の方向でやりたい。基本的にはマニフェスト(政権公約)通りに実施したい。

 【マニフェスト】

 (民主党マニフェストで23年度に財源12・6兆円確保と明記したことについて)当然やるという雰囲気、思いの中で努力をする。相当厳しい事業仕分けを行わなければならないが、独立行政法人や公益法人に大いに切り込む必要がある。

 【22年度予算案】

 一般会計、特別会計すべてを見渡した200兆円を短時間で全体すべて、無駄がないかチェックするところまではいたっていないことも事実だ。しかし、われわれとしては最善の努力をした自信作だ。不完全な予算案ではない。

 【学校耐震化】

 命を守るのが内閣の肝の部分だ。公立学校の耐震化は大変重要だと思っており、急がなければならない。2兆円の景気対策枠がある。それをどう使うかは決めていないし、経済の状況も見極める必要があるが、耐震化も十分に視野に入れて措置をしていくべきだ。

 【高速道路無料化】

 2年で全部やりたい趣旨でマニフェストを作ったのは事実だ。ただ、1年目にどういう状況になるか。社会的な実験を前提として結論を出すので、(マニフェストに明記した24年度完全実施に向けて)1兆3千億円全部を使うことを今決めているわけではない。すべてではないが、必要なところにできる努力をしたい。

 【天下り根絶】

 (過去の天下りで)今でも天下り先で優雅に暮らしている方々がいることを、看過できるかどうかの議論は十分にある。これから十分に調べる。天下り根絶がわれわれの役割なので、全力を挙げたい。

 【広島の五輪誘致】

 被爆地である広島で(平成32年の夏季五輪を)開催したいという多くの方々の気持ちは十分に理解できる。私としても大いに背中を押すことができればと考えている。

               ◇

 質問者は、加藤紘一、野田毅、加藤勝信、下村博文、町村信孝(以上、自民)、斉藤鉄夫、石井啓一(以上、公明)、志位和夫(共産)、江田憲司(みんな)の各氏。

【関連記事】
鳩山首相、小沢氏の幹事長辞任を求めず
「ポスト鳩山」の懐具合…小沢氏が“桁違い”で圧倒
小沢夫妻の総資産19億円、預貯金は今回もゼロ
「小沢氏の責任ある」衆院予算委で鳩山首相 元秘書ら逮捕について
「陸山会」所有物件、小沢氏の資産に 権利関係あいまい

小沢氏、GW訪米「大統領にも時間をとっていただかないと」(産経新聞)
「サンラ・ワールド」元役員の増田氏 カナダ大使館で説明会 信用性利用し出資募る?(産経新聞)
国有無人島1億1万円で落札=初の競売、法人が新オーナーに-広島・呉(時事通信)
石川議員、離党届提出=地元で会見-民主(時事通信)
小沢一郎政治塾「税金で側近育成」との批判も(読売新聞)
AD