餌付けで集まった野良猫のふん尿で被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民らが、将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付け中止などを求めた訴訟で加藤氏は26日、控訴しない方針を明らかにした。毎日新聞の取材に加藤氏は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている」と述べた。

 判決は餌付けによってふん尿などの被害が住民の受忍限度を超えたと認定、集合住宅敷地内での餌付け差し止めと計204万円の賠償支払いを命じた。加藤氏は判決直後に控訴する意向を示していた。【池田知広】

「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党(産経新聞)
中1死亡で神戸市に賠償命令=柔道部顧問の過失認める―地裁(時事通信)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
母子健康改善と技術革新を=首相にG8学術会議声明提出(時事通信)
後藤組元組長に逆転有罪…ビル所有権虚偽登記(読売新聞)
AD