有閑マダムは何を観ているのか? in California

映画に本に音楽。

山に海に庭。

インドア・アウトドア共に楽しみたい私の発見記録です。 


テーマ:

「ダヴィンチ・コード」公開のころに騒然としたことを思い出しますねえ・・・(過去記事はコチラ )。


クリスマス前に上映スタートされたこの映画、カトリック教会が猛然と抗議をし、クリスチャンの方々はボイコット運動をしています。


うちの長女の学校の友達の中にも、両親からこの映画を固く禁じられている子もいるし、ボイコットしよう!メールも届いており、クリスチャンの中でどれほどの強い反応が起こっているのか、肌で感じられる状況です。


いったい、ファミリー向けファンタジーアドベンチャーと分類されるであろうこの映画の、何がそんなに顰蹙を買うのか!?

これは、確かめずにはいられない!!



Golden Compass



宇宙の中で同時に多く存在するパラレルワールドの、ある世界で。

由緒ある学校の寄宿舎で暮らすライラの回りで、次々と子供が行方不明になる事件が発生していた。

また、なんらかの重要な調査に北方に出かけたライラの叔父アスリエル氏も失踪。

譲り受けた、不思議な力を秘めた黄金の羅針盤を持ち、ライラの北の国への冒険が始まる。




Golden Compass


主人公ライラ役は、今回のオーディションで抜擢された新人のダコタ・ブルー・リチャーズ。

両親のいないライラの身元引受人である、アスリエル叔父役に、ダニエル・クレイグ。



Golden Compass


謎に包まれた美女コールター夫人役は、二コール・キッドマン。




Golden Compass

この想像の世界の中で、一番面白いのは、人間の魂が動物(ダイモン)となって、その人の身近に常に存在していること。

子供のころには、その子の気持ちや感情により、ダイモンは次々と姿を変えるのです。

いつもライラのそばにいる「パン」と言う名のダイモンは、時に猫、時にねずみ、あるいは鳥、と色々変化をします。

が、大人になるとその人の本質をもっともよく表す特定の動物の姿に固定し、もはや変化をしない・・・。


コチラの公式サイト では、「あなたのダイモンは何?」という楽しいクイズがありました。

私のは、ヤマネコの種でした・・。


北極近い、氷に囲まれた冷たくも美しく、また力強い自然の景色。

そこで遭遇する鎧を着た白熊。

映像には相当な力が入っています。


けれど、こういう独自の世界観を映画に表すというのは、それだけでかなりの費用・労力・イマジネーションを要し、そちらに夢中になりすぎると、登場する人物それぞれの心の動きや性格の描写などが二の次になってしまいがち。

この映画も、残念ながらその傾向があるように思えました。

映像を楽しんだり、独特のコンセプトやルール、名称を持つこのライラの住む世界を理解することに集中せざるを得ないし、どの人物も何か掴みどころがなく、ぐっと観客の心を掴むにはもひとつ何か弱い・・・。


また、原作が三部作であるとおり、この映画も続編に持ち越すことを前提として作成されており、「黄金の羅針盤」を最後まで観たところで、まだそれは導入部に過ぎない。

これも、観るものに後の期待を持たせる効果があると同時に、すっきりしない後味を残すとも言えそうです。

かなりの制作費を費やしているらしいのに、ボイコット運動のためだか期待通りの収益が今のところ回収されていない様子。

ちゃんと予定通りに、続編が製作されるのか、ちょっと心配・・・。


で、問題の、教会の怒り。

この映画だけを観ても、全く何が教会に怒りを買うのか、わからない内容です。

原作では、ライラの住む国で信仰されているキリスト教が、偽の神を崇めているということになっているらしいのですが、映画の中では製作時にそれはマズイだろう・・・と、一切、教会、キリスト教へ言及する部分は切り捨てたとのこと。

なにやら邪悪な雰囲気を持つ、世界を支配する機関は登場するので、きっとこれが教会と結びついているのかな~なんて想像は出来ましたが、こんなボイコット運動なんかがなければ、そこまで深読みする人いないと思われる程度。


ボイコットの趣旨は、いくら映画では気になる部分を省略していても、映画を観て興味を持ち、原作を読もうと思う人が出てくることを危惧するものらしい・・・・。

うーん・・・そこまで気にしなきゃいけない?


誰でも自分の信じていることを悪いように言われるのは嫌だろうし、自分の信じることを人も信じていたほうが安心するのは、わかる。

自分の信じている宗教を邪悪なものだと示唆するような本や映画などの作品を支持したくはないだろうし、それらの収益には貢献なんかしたくないでしょうね。


でも、あんまり神経質になりすぎじゃない??

なんて思うのは、私が無神経すぎるのでしょうか。


日本での公開は、2008年3月予定だそうです。









AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

有閑マダムさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。