【北京・米村耕一】デザイナーのコシノジュンコさんが15日夜、北京の人民大会堂でファッションショーを開いた。85年に北京で開いた初めてのショーから25周年を記念したもので、日中のファッション関係者ら約200人が集まった。

 25年前のショーは、まだ人民服が多く見られた時代の中国で強い印象を残した。当時は北京にはモデルがおらず、募集をすると軍や警察関係者からも応募があったという。コシノさんはこの日の会場で「この25年間の(中国の)ファッション界の発展ぶりは大変なもの」と感慨を語った。

 また、北京市の798芸術区のギャラリー「東京画廊+BTAP」では、コシノさんの中国などでの活動25年を振り返るパネルや、夫で写真家の鈴木弘之さんの作品を展示した写真展を30日まで開催している。

<旧相馬邸>函館最古の住宅…取り壊し回避、観光スポットに(毎日新聞)
包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)
焼け跡から男性の遺体=殺人と断定、捜査本部設置-千葉県警(時事通信)
転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
刃物で襲われ女性負傷=顔見知りか、男逃走-大阪府警(時事通信)
AD