恵比寿・新宿のワインスクール レコール・デュ・ヴァン公式ブログ

ソムリエ資格試験合格率No.1のワインスクール、レコール・デュ・ヴァンです。
イベントのご報告や、講座の紹介などを書いています。


テーマ:

 

最近、若い人たちを中心に広がり始めている

 

テキーラ人気。

 

 

ご存知の通り、テキーラとは、

 

非常にアルコール度数の高い、メキシコのお酒です。

 

 

そのテキーラにも、“資格”があるのをご存知でしょうか?

 

今回、レコール・デュ・ヴァンでも、

 

テキーラ資格取得講座を開催いたしました。

 

 

その様子を、カジュアルワインセミナー講座主任の

 

田口講師がレポートしてくださいました。

 

 

田口明子(Taguchi Akiko)

日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート
日本ソムリエ協会認定 ワイン検定ブロンズクラス認定講師
JJSTC認定 日本ワイン検定2級
SSI認定 唎酒師 合格
レコール・デュ・ヴァン ワインインストラクター養成講座 修了
日本テキーラ協会認定 テキーラマエストロ

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

テキーラ・マエストロ資格取得講座を終えて


田口 明子

 

1月27日(金)----------

 

楽しみにしていたテキーラ・マエストロ講座が

 

レコール・デュ・ヴァン新宿校にて開講されました!

 


この講座を受けてみようと思ったきっかけは、

 

第一に「真新しいことを学ぶ楽しさ」を

 

久しぶりに体験してみたいと思ったからです。

 

 

 

 


テキーラにとりわけ詳しかったわけではないのですが、

 

新しい扉を開けるということに胸が高鳴りました。

 

 

また、イントロダクションから資格取得までが

 

隔週全4回でまとめられている点も通いやすく、魅力的です。

 

 

しかも講師は日本テキーラ協会会長の林生馬氏!

 

 

 

 

 

この講座を受けようと思ったもう一つの理由は、

 

実際に受講生の気持ちになって、

 

「どんな授業だとわかりやすいのか?」

 

「どんな雰囲気なら楽しく続けられるのか?」、

 

それらの疑問に自分の体験を持って

 

答えを探してみたいと思ったからです。

 

 

レコール・デュ・ヴァンで講師になって早2年。

 

受講生だった時代も含め、この数年間、自分なりにワインと向き合い、

 

ワインの知識の幹や主枝を太くし、

 

更に沢山の枝が分かれて伸び始めてきたところ。

 

 

昨冬からカジュアル・ワインセミナーやレベル1などの講座を担当し、

 

これらの疑問への答え探しに試行錯誤する日々が続いていました。

 

 

全国津々浦々でテキーラの講座を展開されている

 

大ベテラン講師の林先生が、どんな授業を繰り広げられるのか、

 

新米講師としてはその部分を学ぶという点でも

 

非常に興味深い全4回になると思い、実際にその通りになりました。

 

 

 

さて、ここからは各回について記していきます。

 


第1回目テーマ:


「テキーラを呑むにあたって」「テイスティングノートの書き方」「テキーラの歴史」

 


ワインの授業では通常、前半部分が座学、後半部分がテイスティングですが、

 

林先生の講座では、座学→テイスティング、

 

座学→テイスティング、座学→テイスティング・・・という流れが斬新でした。

 

 

各テキーラの説明を聞いた直後にテイスティングできるので、

 

五感の全てをフルに使って一つ一つのテキーラを

 

リズム良く理解することができました。

 

(気を付けないと酔っぱらってしまいますが(笑))

 

 

 

 

 

また、イントロダクションの部分で、

 

「美味しい」とは何か?というテーマについても勉強しました。

 

 

日常で頻繁に使う「美味しい」という言葉、

 

この言葉が自然と発せられる時の条件、

 

というものを改めて考える機会となりました。

 

 


第2回目テーマ:


「テキーラの製法」「原料の育成・収穫」「加熱・搾汁・発酵・蒸留・樽熟成」

 


ワイン同様、製法の部分はテイスティングと繋がる部分も大きいので

 

非常に興味深いものでした。

 

 

苦み、辛み、甘さなどの原因について、

 

分かり易く理論的に説明してくださいました。

 

 

「原因があって結果がある」という林先生の教え方は

 

頭をスッキリ!とさせてくれるものでした。

 

 

 

 

 

第3回目テーマ:


「テキーラの定義 原産地・原料・成分」、「テキーラの産地特性」

       「主な蒸留所紹介 ブランド・歴史」

 


この回の内容は比較的アカデミックで、

 

ワインの授業で言えば、ワイン法を学ぶ時に似ていました。

 

 

今までワイン法を勉強していたことが功を奏し、

 

すんなりと自分の中に入ってきました。

 


また、ワインと同様テキーラにも

 

生産者の魂が込められていることを知りました。

 

 

最近人気のオーガニック・テキーラを造る生産者について、

 

もっと深く知りたいと思いました。

 

 


第4回目テーマ:


「テキーラの呑み方」 「グラス・チェイサー呑み方の変遷」「テキーラのカクテル」

     「試験 (筆記・テイスティング)」

 


1月から始まった授業も3月に差し掛かり、いよいよ最終回。

 

 

第1回目の頃、教室内は緊張のせいか比較的静かな感じでしたが、

 

回数を重ねるごとにどんどん質問が出て、

 

気が付けばとても活気のあるクラスになっていました。

 


「グラス・チェイサー呑み方の変遷」では、

 

トマトジュース、オレンジジュース、タバスコ等を混ぜた

 

サングリータというチェイサーを各自作ってテキーラと一緒に頂きました。

 

 

サングリータとテキーラの絶妙な組み合わせは、

 

思わず「わあ!」とみんなで声を上げてしまう程の美味しさでした。

 

 

それは本当に楽しいひとときで、

 

今日で最後なのかと思うとちょっと淋しくなりました。

 

 

 

 


さて、そんな楽しい気持ちのままいよいよ試験開始。

 


試験は記号を選ぶスタイルではなく、全て記述式。

 

そして最後にテイスティングシートを作成するという形式。

 

 

選択式の問題の方が楽でいいのになぁ・・・

 

なんていう気持ちが一瞬頭をよぎりました(汗)。

 

 

しかし実際に受けてみて思ったことは、

 

記述式の方がより一層自分の理解度を確認することができるということです。

 

 

なんとなく理解していたところが浮き彫りになり、

 

もう一度その部分をしっかり復習しなければ!という気持ちになりました。

 

 

 

気になる試験の結果は・・・見事全員合格!

 

 

テキーラ・マエストロのバッジが林先生から一人一人に渡され、

 

「おめでとうございます!」のメッセージと共に

 

互いに大きな拍手を送り合いました。

 

 

こんな風に皆で喜び合えるのは、

 

「テキーラの魅力を伝えよう!!」という林先生の

 

情熱的で優しいお人柄が大きく影響しているのだと感じました。



 

 

 


全4回の授業を終えてみて、

 

自分が最初に掲げていた目的・目標を達成できたことも振り返って確認し、

 

今とても充実した気持ちです。

 


製法からテイスティングの分析、バラエティ豊富な飲み方、

 

各テキーラの背景に広がる歴史、文化、地理、気候、

 

そして生産者についても大変広く学べる内容でした。

 

 

私たちに楽しい学びの機会を与えてくださった林先生に

 

心より感謝申し上げます。


 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

レコール・デュ・ヴァンからのお知らせ

 

中村まゆ講師による

   はじめての1日ワインレッスン♪
[04月04日(火)]

https://www.duvin.jp/course/beginner-winelesson.html

 

春到来!新しい事を始めたい方へ
中村まゆ講師によるはじめての1日ワインレッスン♪

新生活応援価格!
通常受講料5,000円の所、2,000円にて開催!
※受験講座やレベル1講座などの本講座をご受講の方除く

【2,000円でワイン6種!】
これからワインの勉強を始める方のための
とってもお得な1日レッスンの開催です!

1日でワインの基本を学びたい方や
【レベル1】や【Winelover】講座に入る前の導入講座として。

まずはこちらのレッスンをご受講ください!


【日時】 2017年4月4日(火)19:00‐21:00
【受講料】 2,000円(税込)
【定員】 15名
【場所】 新宿校

 

お問い合わせはレコール・デュ・ヴァン事務局までお気軽にどうぞ!

0120-844-055

 

いいね!した人  |  リブログ(0)