テーマ:

こんばんは。

お久しぶりです、3回生の山本です。

ヨット部さんとボート部の交流会第二弾!ということで、本日は同志社ヨット部さんの艇庫にお邪魔させていただきました。


練習を見学したり、お料理を作ってヨット部マネージャーのお仕事を体験しました。モーターに乗って4時間ほど沖に出ているプレーヤーの練習を拝見したのですが、競技は違えど一生懸命スポーツに打ち込む姿はやっぱりかっこいいものですね。

 
ヨット部はモーション時間が朝から夜までだったり、部員全員が丸一日同じスケジュールでうごいていたりとボート部とは異なる点が多く驚きましたが、新たな発見もたくさんありました。今日のこの学びをこれからのボート部に活かしていければと思います。

最後に今日の交流会の写真をいくつか載せて終わりたいと思います。
{82EB6A89-2F3D-4B25-A86C-D08B541BCDAC}
ヨット部の練習風景です。

{7E17CD10-0122-43C5-AD31-3710BBD562BA}
モーション後すぐにビデオを見ながら、種目ごとにミーティングを行います。

{A0F9C8D6-8535-499E-866C-85805D877302}
最後に全員で写真をとりました。
ヨット部さんありがとうございました!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
お疲れ様です。2回生漕手の安藤です。

最近ボートについて考えることがよくあります。どうやったら速くなるのかはもちろん、冬の目標を考えたり、来年のインカレクルーを予想してみたり。

そんなことを考えている12月は後輩の谷とダブルに乗っています。艇の進み方は悪くないです。エルゴでリズムを共有して出す前に口で確認しています。それでも艇の上で合わないことがあります。バウの僕が大半は悪いですけど、、
2人でさえ乗っていて合わせるのが難しいと感じます。エイトなんて考えられないです。

何が言いたいかってボートって難しい。ほとんど感覚で善し悪しを決めるし、正解がわからない。新体制になって漕ぎ方を統一しようとしています。が、漕ぎ方の正解を作ることは怖いです。エルゴのパワーカーブを例にすると、キャッチを今までより強くすることはわかりますが、ピークはどんなに頑張ってもドライブの中盤です。オールをぶち込む=キャッチが強い(速い)も疑問です。

決して統一漕ぎを批判してる訳じゃなく、履き違えないようにしたいということです。正解がないところもボートの楽しいところだと思います。いろいろ試行錯誤して速くなれたら、試合に勝てたら最高です。

僕の言いたいことは以上ですが、来年のインカレは清水と谷と僕と新1年のスーパースターでクォードを組んでハドソンと並べて、、、

なんて勝手に思ってました。

長々と書いて申し訳ないですがここで失礼させていただきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回初めてブログを書かせて頂きます。

一回生マネージャーの木村朱里です。


入部してから早くも半年が過ぎました。時間の経過の早さに驚く毎日です。

アイスが食べたいと毎日言っていた夏休みが昨日のことのように感じますが、気付けばもう12月になっていました。

おでんが美味しい季節になりましたね。



入部してから変わったことといえば、何かと考える時間が増えたことかなと思います。

私はマネージャーという役職をこなすのが人生で初めてで、マネージャーとは何なのか、マネージャーの仕事とはどういう事なのかなどと、毎回部活に行くたびに考えます。


部の結果や競技の成績などとして残ることのないマネージャーの仕事を、何をモチベーションにしてこなせば良いのかと考えたところ、答えを上手く言葉にできなかったため、先輩に尋ねてみたことがあります。そうしたら、漕手の勝利をモチベーションに頑張るのだと答えて下さいました。それが当たり前で、本当にその通りなのだと思います。しかし私は、どうしてもそのように感じることがまだ出来ていません。


毎日早朝から夜まで、気が遠くなりそうなメニューをこなして本当に頑張っている漕手たちを見て、自分がやっていることの不甲斐なさに恥ずかしくなることがあります。自分がしている事とはたかが料理やビデオ撮り、雑務、雑用、つまり、誰でもこなせるような仕事をただ自分がやっているだけではないか、モーションに関わることが少なく、毎日部活にいないという状況下で、何を部に貢献していると言えるのだろう、と考えてしまいます。自分がまだ完璧に仕事をこなせないという事もあり、自分のしていることが部のためになっている、ましてや勝利に繋がっているなんていう自信はありません。


そんな中、加古川レガッタで中学からの友達でもある同期の武安にメダルをかけてもらいました。本当に嬉しくて、一生の思い出に残る瞬間になりました。彼女が本当にずっと頑張っていたことを知っていたから、それが結果として残ったことが、友達として、とてもとても嬉しかったのです。


この喜びがいつか、マネージャーという部の一員としての喜びに変わればいいなと思っています。

どんなに遠くて小さい手段でも、マネージャーの仕事は部の土台となっているという自信を持って、日々の仕事ひとつひとつを丁寧にこなしていきたいです。勝利に直接繋がっていなくても、そのきっかけをつくる一員でありたいという気持ちを忘れずにいたいです。そのためには、言われた事をこなすだけでなく、部を客観的に見て、何か自分にしか出来ない事をこの4年間で見つけたいと思います。引け目を感じているばかりではなく、マネージャーとしての自信を持てるようになることが私のこれからの目標です。


そして何よりも、このように一生懸命考える話題をつくってくれている環境に日々感謝を忘れずに、また、一生懸命頑張る人たちに囲まれ、それを一番近くで応援できるという最高のポジションに自分がいるという状況に、日々幸せを噛み締め、初心を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思っております。




おでんの季節といいますが、今年の初おでんは合宿所のダイニングで頂きました。ボート部の冬は本当に寒いと伺いましたが、暖かいものを食べて乗りきっていけたらと思います。  


最後に、おでん君ファミリーがボートに乗ったらどうなるんだろう、という想像で描いたイラストを貼って、失礼させて頂きます。



{5D4FCBC8-AD6E-4C9E-9767-219BF2645A71}

{74BA349B-05E9-4E9D-BFB2-9197E12AB182}


長くなりましたが、ご精読ありがとうございました。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めまして。
一回生女子漕手の山本百華です。
今年も残すところ1ヶ月となりました。
大学入学時には思い描いてもいなかった
毎日をこのボート部で過ごしています。

今、振り返ってみると、
たった1回の新歓の試乗会で
入部することを決め、
ボートという、今までは全くと言っていいほど
知らなかった競技を始めることになりました。
新しいことを始めることに
抵抗があった私でも、人に惹かれ、
ここなら頑張れるかもしれないと
直感で思ったのかもしれません。
自分の直感には従いたい人間です。

今出川モーションが始まり、
毎日筋肉痛と闘いながら
なまった体を動かしていくうちに
一回生のみんなとも色んな話をするように
なり、面白い人達だなと思っていました。

練習強度が上がり、
あまりのきつさに逃げたくなり、
最初の気持ちを忘れかけ、
ただただ日々が過ぎることを祈っていた時期も
ありましたが、
周りを見てみると
エルゴを意味の分からない速さで回す人達がいて、
素人の私でも分かるくらい
水上で艇をすごいスピードで運ぶ人達がいて、
言われて出来なくても何度も教えてくれる人達がいて、頑張らない理由なんてなかったです。
同期のみんなも
出来ることを増やしていこうと
本当に真剣に取り組んでいるのを見て
私は何してるんだと恥ずかしくなりました。
一回生のこの早い時期に
こんな気持ちになってしまう弱い私なので
これから何度挫けそうになるか分かりませんが
その度に顔を上げて周りを見渡したいと思います。

ボートを始めて
最初のシーズン、沢山の感情を体験しました。
勝負の世界の厳しさも痛感させられました。
色んなことがありました。
色んなことを思いました。
今は同期のみんなと一緒に
必死に先輩に食らいついて長い冬を越えたい、
それが一番私を占めている想いです。
生ぬるい関係ではお互い強くなれません。
時には周りを蹴落としてでも這い上がる気持ちで臨まなければいけないこともあると思います。
でもそれと同じくらい
沢山話して、くだらないことで笑って、
何でもないような時間も大切にしていきたいです。
それが出来る環境はそう滅多にありません。
楽しいことや嬉しいことよりも
圧倒的に苦しいことや辛いことが多いであろう
ボート部で半年以上ずっと一緒に過ごしてきた今の同期で、その何倍もの時間を過ごしていきたいです。

楽しかったオフも今日で終わり、
明日から練習再開ですが、初心を忘れずに
取り組んでいきます。

長く、まとまりのない稚拙な文章と
なってしまいましたが、
読んで頂きありがとうごじいました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




ご無沙汰しております。

今までオフにはあえて何も予定を入れない主義でしたが、このオフ1週間予定がない日がなく逆に疲れています宇佐見です。


皆さまどのようにお過ごしでしょうか。




気が付けば2017年も残り1ヶ月、2年目のシーズンはすでに終わってしまいました。

シーズン開幕戦の朝日レガッタに始まり、先日の加古川レガッタまで本当に瞬く間に過ぎて行きました。



この1年いろいろありました。


悔しい思いをする事が多かったですが、何よりボートという競技の面白さ、奥深さがわかった気がします。

1回生の頃はがむしゃらでとにかく力強く漕ごうとばかりしていましたが、キャッチで水を掴みオールを固定する感じやフィニッシュ後の艇伸びなど言葉で表すのが難しい感覚的な部分の良し悪しがわかるようになり、もっと上手くなりたい速くなりたいという想いが強くなりました。


多くの後輩が出来たことでライバルも増えました。エルゴの最中でも、この一本手を抜けばランキングで後輩に負けるかもしれないというプレッシャーから、自己ベストを更新することも多くなりました。ウエイトも同じです。

女子漕手が増えたのは自分にとってすごくいい刺激になっています。スイープ種目への挑戦も始まっており、今後のクルー編成が楽しみです。


また、初めて自分でメダルを取ることが出来ました。小さい大会だったとは言え、今までなかなか勝てずにいた私にとってシングルでのメダルはとても嬉しいものでした。



瞬く間に過ぎたと言いましたが、思い返してみるとどの大会のどのレースのことも鮮明に思い出す事ができます。とても濃いシーズンでした。

来シーズンはもっともっと濃く、そして悔し涙より嬉し涙を流せるように。長い冬練頑張りたいと思います。




最後に、オフに行った2回生伊勢旅行の写真です。

本当に本当に楽しかったです。


{841250C2-9549-494E-B7B6-3E0E570A35CD}

明日からモーション再開です。
とりあえず年末オフまでぶっ飛ばして頑張ります!


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。