ツイキャス配信方法(使い方)

2010-07-20 06:00:00 テーマ:USTREAM(ユーストリーム)

以前、ツイキャス(twitcasting)とユーストリームについて、
ブログ比較しました。
 
[USTREAM と TwitCasting 比較(iPhone編)]
http://ameblo.jp/dupondt/entry-10537203273.html
 
[ユーストリームの心得 ( iPhone編 )]
http://ameblo.jp/dupondt/entry-10539314011.html

先日、久々にツイキャスを利用する機会があり、
ツイキャスについて、もう少し詳しく説明します。
 
ツイキャスはiPhoneアプリで、ユーストリーム同様、
手軽にライブ配信が可能です。
 
基本的には、起動させてボタンを押すだけで、
ライブ配信が開始されます。
 
配信自体は簡単なのですが、視聴者が見やすいためには、
様々な工夫が必要です。
 
自分がツイキャスで配信するときは、配信する時間にもよりますが、
バッテリー消耗が激しいため、iPowerという予備バッテリーと
カプセルボイスという集音マイクを利用しています。
 
まず、視聴者集めですが、ハッシュタグの設定にもよりますが、
ツイッター連携させて、フォロワーの1%以下、
0.5%ぐらいが経験上、妥当な数字で、自分の場合、
フォロワーが約1000人ですが、視聴してくれるのは5人程度です。
 
ツイキャスしながら、ツイートするのは、予想以上に入力が難しく、
動作が遅かったりしますが、ちょっとしたコツがあります。
 
それは、ツイキャス開始前にメモ帳で、ハッシュタグを含めたテンプレを
作成しておき、コピーをしておくことです。

 

先日、UCC缶けり大会の時、その模様をツイキャスしていましたが、
その時は、あらかじめ、「#cnkr2010 UCCリアル缶けり会場からダダ漏れ。」と
作成しておき、それに随時追記しました。


道玄坂で働くベンチャー課長

 
ツイキャスでハッシュタグをつける場合、手打ちはかなり面倒で、
コピペがおすすめで、通常、ハッシュタグは文末につけるものですが、
ツイキャス時は文頭につけるのがおすすめ。
 
理由としては、「#cnkr2010 UCCリアル缶けり会場からダダ漏れ。」
とまずペーストした場合、 そのまま文章を後ろに追記すればいいわけで、
ハッシュタグを文末にする場合、いちいちカーソルをずらして、追記する必要が発生します。

 


道玄坂で働くベンチャー課長

(貼付直後)

 


道玄坂で働くベンチャー課長
(文頭にはきちんとハッシュタグがついています)
 
ただ、注意しなければならないのは、配信中、ツイートが多すぎると、
フォロワーにとって、集中的に自分のツイートが表示され、
リムーブされるきっかけになりやすいので、そこはある程度配慮が必要です。
 
その点、そらのさんは非常にその加減を心得ており、
コツとしては、音声によるナレーションとツイートを使い分けることです。
 
そらのさんがユースト配信する場合、けっこう自身でナレーションして、
解説しています。
 
これは簡単なようで難しく、視聴者にとっては音声で説明した方が、
即座に多くの情報を伝えることができ、
ツイートは手間や時間かかるうえ、文字数も制限されてしまいます。
 
しかし、これを実際に配信する側でナレーションをしようとすると、
ことの他、難しく、特に自分の場合、声が低いうえに、カツゼツが悪く、
ひどく聞取りずらく、その点、そらのさんは非常に聞取りやすい話し方をしています。
 
なので、そらのさんは視聴者には音声で解説し、
ツイートは視聴者以外のフォロワー向けというように構成されています。
 
また、ツイキャス配信での注意点は映像で、
回線速度により異なりますが、wifiなしに配信した場合、
大抵コマ飛び状態で、カクカクした状態で映像配信されているのですが、
撮影側では、通常ビデオカメラで撮影しているのと同じような表示されるため、
実際、配信されている映像精度が把握できず、後から録画で見なおしてみると、
到底、観れた映像でなかったりします。

 

[実際にツイキャスしたUCC缶けりの映像]

http://twitcasting.tv/dupondts/show/
 
とくに、動きの激しい動作を撮影するのは不向きで、
どちらかといえば、固定されているものを配信する方が、
観ている側にとっても、見やすいといえます。
 
ツイキャス自体、録画モードにしておけば、あとからアーカイブとして、
再度、視聴することが可能で、かつ、ダウンロードも可能なので、
その撮影した映像をyoutubeにアップすることも可能です。
 
しかし、先ほども説明したように、アーカイブとしてYoutubeにアップすること
前提であれば、映像精度の低いツイキャスよりも、
普通にライブ配信ではなく、動画として撮影しておき、それをYoutubeにアップした方が、
ちゃんとした映像クオリティになります。
 
ツイキャス自体、アップデートされ、切断されてもすぐに配信再開できるようになっており、
機能や操作性は向上しています。
 
また、先日、シンガポールで開催された echelon2010においても、
ツイキャスは出展していたため、うまく出資を募り、今後、さらに機能拡張が期待されます。
 
[echelon2010]
http://bit.ly/9fp9Z3
 
ツイキャスは操作自体は簡単ですが、いつ、なにをどのように配信するか?
 
iPhoneお持ちの方は、ぜひお試しください。。
 

TEC iPower Plus for iPhone(3GS/3G対応) 2300mAh ブラ.../テック
¥6,980
Amazon.co.jp


プロテック iPod&iPhone対応 ボイスレコーダー用超小型マイク CAPSULE VOI.../プロテック
¥1,980
Amazon.co.jp

PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

ツイキャスの録画ライブをダウンロードできるんですか?できるなら手順教えてもらえば幸いです。

2 ■Re:無題

>奈々氏さん
自身のアカウントの録画のみですが、ツイキャスにPCでログインし、ライブ履歴を表示させます。
それらが録画ライブであれば、「ムービーをダウンロード(右クリック)」というのが表示されていますので、
そちらより、ダウンロード可能です。

3 ■テスト配信

わかんなーぃ!

4 ■Re:テスト配信

>keiさん

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
newsgatorに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス