今回は"Break”の特集です。

"Don't go breaking my heart"(恋のデュエット)はElton John with Kiki Dee盤が1976年全米

第1位を記録しました。Elton John-Bernie Taupinの作品。

 

"You're breakin' my heart"はVic Damone盤が1949年全米第1位を記録しました。

Pat Genaro-Sunny Skylar-Ruggero Leoncavalloの作品。

 

 

"He will break your heart"(恋にはご用心)はJerry Butler盤が1960年全米7位を記録しました。

Jerry Butler-Curtis Mayfield-Calvin Carterの作品。

 

 

"Breaking in a brand new broken heart "(ブロークンハート)はConnie Francis盤が1961年全米7位

まで上昇しました。Howard Greenfield-Jack Kellerの作品。

 

"Don't break the heart that loves you"(ブロークン・ハート)もConnie Francis盤が1962年全米第1位を記録しました。Benny Davis-Ted Murrayの作品。

 


"Only love can break a heart"(恋の痛手)はHal David-Burt Bacharchの作品。1962年Gene Pitney盤

が全米第2位にランクされました。

 

 

"Why do lovers break each other's heart"はBob. B. Soxx & the Blue Jean盤が1963年全米33位

まで上昇しました。Phil Spector-Ellie Greenwich-T. Powersの作品。

 

"Breakin' up"もRonettesの同時期の録音。Phil Spector-Vincent Poncia-P. Andreoliの作品。

 

"Break up"はDel Shannonの自作自演盤が1965年全米95位にランクされました。

 

"Don't go breaking my heart"はHal David-Burt Bacharachの作品。Dionne Warwickの1966年

の録音。

 

"Breakin' up is breakin' my heart"はRoy Orbison盤が1966年全米31位にランクされました。

Roy Orbison-Deesの作品。

 

"Communication breakdown"もRoy Orbison盤が1967年全米60位にランクされました。

Roy Orbison-Deesの作品。

 

"Don't break my pretty ballon"はVan McCoyの作品。Vikki Carr盤が1968年ACチャートで7位に

ランクされました。

 

"If you gotta break another heart"(気儘な女)はAlbert Hammond-Mike Hazlewoodの作品。Albert Hammond盤が1973年全米60位まで上昇しました。

 

"Break up to make up"(涙の試練)はStylistics盤が1973年全米6位にランクされました。

Thom Bell-Linda Creed-Kenny Gambleの作品。

 

"Break away"はBenny Gallagher-Graham Lyleの作品。1976年Art Garfunkel盤が全米39位を

記録しました。

 

"Break it to me gently"(聞くのはいや)はBrenda Lee盤が1962年全米4位を記録。Diane Lampert-Joe Senecaの作品。1982年にはJuice Newton盤が全米11位を記録するリバイバルヒットとなりました。

 

"Breaking up is hard to do"(悲しき慕情)はHoward Greenfield-Neil Sedakaの作品。1962年Neil Sedaka

盤が全米第1位を記録。1976年にはSlow versionが再ヒット。全米8位を記録しました。

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキング

 今回は"From"の特集。

"From me to you"はLennon-McCartneyの作品。Beatles盤は1964年全米41位 1963年

全英第1位を記録しました。

 

"Do nothin' till you hear from me"はBob Russell-Duke Ellingtonの1943年の作品。

Duke Ellington Orchestraの演奏。

 

”From here to eternity"はFreddie Karger-Robert Wellsの1953年の作品。映画「地上より永遠に」の

主題歌でFrank Sinatra盤が当時ヒットしました。

 

"Keep away from other girls"(浮気はダメよ)はHelen Shapiro盤が1962年全英40位まで上昇しました。

Bob Hillard-Burt Bacharachの作品。

 


"From Russia with love"(ロシアより愛をこめて)は同名映画(1963)の主題歌。

Lionel Bartの作品。Matt Monro盤がヒットしました。

 

"From a Jack to a king"はNed Millerの自作自演盤が1963年全米6位を記録しました。

 

"From a window"はLennon-McCartneyの作品。Billy J. Kramer & the Dakotas盤が1964年全米23位

全英10位を記録しました。

 

"Girl from Ipanema"(イパネマの娘)はNorman Gimbel-Antonio Carlos Jobimの作品。Stan Getz/Astrud

Gilberto盤が1964年全米5位にランクされました。

 

"Theme from Man from U.N.C.L.E"(ナポレオン・ソロ)は日本でも放映されたTV映画のテーマ曲。

Jerry Goldsmith-Ernie Sheldonの作品。Challengersの1965年の録音。

 

"Boy from New York city"(ニューヨークの少年)はJohn Taylorの作品。Ad LIbs盤が1965年全米8位

にランクされました。

 

"From the teacher to the preacher"はGene Chandler & Barbara Acklin盤が1968年全米57位まで

上昇しました。Eugene Record-Barbara Acklin-Carl Davisの作品。

 

"First hymn from Grand Terrace"はJim Webbの作品。Mark Lindseyの1970年の録音。

 

"99 miles from LA"(LAより99マイル)はAlbert Hammond盤が1975年全米91位を記録。

Hal David-Albert Hammondの作品。

 

"Come in from the rain"はMelissa Manchester-Carol Bayer Sagerの作品。Captain & Tennile盤が

1977年全米61位にランクされました。

 

"From a distance"はJulie Goldの作品。Bette Midler盤が1990年全米2位を記録しました。

 

"From this moment on"はShania Twain盤が1998年全米4位を記録。Mutt Lange-Shania Twainの

作品。

 

"From a distance"(孤独の世界)はP.F. Sloanの自作自演盤が1966年日本独自にシングル発売され

大ヒットしました。

 

 

人気ブログランキング

 

 アメリカでは高い人気を持ちながら日本ではさっぱり受けない歌手やグループは数多くある。

今回、紹介するJohnny Mathisもそのひとり本国では黒人でありながらTony Bennettと並び本格派の

男性歌手としてレコーディングとステージで80歳を超えたいまでも大変な人気。日本ではここ10年以上

新譜のリリースが止まっている。主な原因はその「あく」の強さにあると思われる。今回は彼の歌う

映画テーマ、ミュージカルナンバーを中心に日本人でも順応できる作品を集めてみました。

 

 "Where do I begin"(ある愛の詩)は同名映画(1970)の主題歌でCarl Sigman-Francis Lai

の作品。ヴォーカル盤ではAndy Williams盤がヒットしましたがこのジョニーのヴァージョンも

なかなかの出来です。

 


"Raindrops keep fallin' on my head"(雨にぬれても)は映画「明日に向かって撃て」(1969)

の主題歌でアカデミー主題歌賞を受賞したHal David-Burt Bacharachの作品。この曲を

タイトルとしたジョニーのアルバムはベストセラーとなり、日本ではシングル盤も発売

されました。最近アメリカでボーナス・トラック付でやっとCD化されました。

日本では発売の予定はないようですが彼の''70年代の代表作です。

 


"Alfie"は同名映画(1966)の主題歌でこれもHal David-Burt Bacharachの作品。

上記アルバム」に収録されています。

 


"Jean"は映画「ミス・ブロディの青春」(1969)の主題歌でRod McKuenの作品。やはり同じアルバム

に収録された名唱です。

 

Henry Mancini medley: Sweetheart tree/Dear heart/Two for the road(いつもふたりで)/

Days of wine & roses(酒とバラの日々)/Moon river

ここではヘンリー・マンシーニの作品がライブでメドレーで歌われています。

 

"West Side Story"medley(1976)

"Tonight""I have a love"Maria"などが美しく歌われています。

 

"Man of la mancha"(ラ・マンチャの男)Medley(1979)

Don Quixote/Dulcinea/Impossible Dream(見果てぬ夢)がメドレーで歌われます。

 

「オペラ座の怪人」から2曲のメドレー

"All I ask of you"/"Phantom of the opera"がライブで歌われます。

 

"We"は映画「ナタリーの朝」(1969)の主題歌でRod McKuen-Henry Manciniの作品。

 

"Odds & ends"(恋のきれはし)はHal David-Burt Bacharachの作品。Dionne Warwickも録音している

この軽い曲を難なくこなしています。

 

"I'll never fall in love again"(恋よさようなら)はミュージカル「プロミセス・プロミセス」(1968)の主題歌。

ジョニーの1969年の録音。

 

 

人気ブログランキング