2012-02-22 22:48:28
テーマ:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

Bryan Ferry "What Goes On"




















さて、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ロキシー・ミュージック、デビット・ボウィ、モット・ザ・フープル、布袋寅泰、マーシャ・クレラという才能あるミュージシャンの絵描く六角形のエリアの中に、
わたしたちは今、足をとどめている。

 先日、ヴェルヴェット版のオリジナル「What Goes On」について書いたが、今日はそのカヴァー、

Bryan Ferryの"What Goes On"

について考えてみよう。しかし、ブライアン・フェリー、いつ見てもヘンだなあw。スゴイヒトですよね。僕は本当にそれがカッコイイと思うのですが。


 さて、この曲はフェリーがマルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)の代表作大ガラスに捧げた「the Bride Strippede Bare(ベールを脱がされた花嫁さえも)」で、カヴァーしている。
僕はデュシャンが高校2年生のころから、大好きで大好きで、大ガラスが見たくて大学を選んだくらい。強引な「ひとこと言い切り」かもしれないが、
資本主義社会や現代社会が「トートロジーとオナニズムに総てが収束して行って、やがてコミュニケーションがなくなり、世界は9人の独身者と花嫁になる」という、デュシャンのテーマは、
ますます、いま、冗談ではないというか、時代の趨勢を見事に捉えていると、今さらながらに感心する。
 そんなデュシャンをフェリーが敬愛している、というところに、大きなアートの系譜みたいなものが存在していることに、僕は本当に感銘を受けるのだ。

 さて、キーはDメジャーで、4/4拍子、エイトビート。

【I】イントロはDワンコード8小節なのだがVelvet版より16ビート感を強調して、




Music wrtten by Velvet Undergound,
Performed by Bryan Ferry, Waddy Wachtel, Neil Hubbard
Tabbed by dukkiedukkie(Masataka Koduka)
D
+ + + + + + + +
e:-3---3-2-3---3-2-|---2-3---3-2-----|
B:-3---3-3-3---3-3-|---3-3---3-3-----|
G:-2---2-2-2---2-2-|---2-2---2-2-----|
D:-0-------0-------|---0-0-----------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|


 と、sus4感もより強めたカッティング。このアルバムには、リンダ・ロンシュタットバンドや、奥田民生バンド、キース・リチャーズバンドにいたアメリカ西部のギタリスト、ワディ・ワクテルと、
イギリスのスワンプ&パブロックの老舗、グリース・バンド、ココモ、ジューシィ・ルーシィ出身の天才リズム・ギタリスト、ニール・ハバード(Neil Hubbard)が参加しているのだが、
おそらく右チャンネルのリードギターがワディで、左のカッティングは、ニール・ハバードによるものだと思う。

 実は僕は、このニール・ハバードというギタリストが、世界で一番大好きなギタリストだったりする。ヴェルヴェットな六角形には必ず、僕が大好きなヒトが巻き込まれている。


 さて、そのニールのカッティングギター、【A】パートに入ると(コード進行は先日の記事をご参照)、




Music wrtten by Velvet Undergound,
Performed by Bryan Ferry, Waddy Wachtel, Neil Hubbard
Tabbed by dukkiedukkie(Masataka Koduka)
D
+ + + + + + + +
e:-2---3---3-2---3-|---2-3---3-2-----|
B:-3---3---3-3---3-|---3-3---3-3-----|
G:-2---2---2-2---2-|---2-2---2-2-----|
D:-0---0---0-----0-|-----0---0-------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
C G6 D
+ + + + + + + +
e:-0---0---0---0-2-|-----3---3-2-----|
B:-1---1---0---0-3-|-----3---3-3-----|
G:-0---0---0---0-2-|-----2---2-2-----|
D:-2---2---0---0-0-|-----0---0-0-----|
A:-3---3---2---2---|-----------------|
E:---------3---3---|-----------------|


と、1-2小節目はイントロを歌のメロディにぶつからないよう繊細にずらし(←こういうのがスゴイ)、
サブドミナントの3小節目もトップノートをあえて動かさないで色彩感を変える。ハバード氏のリズムギターはこのへんがスゴイ。
 【B】パートも





Music wrtten by Velvet Undergound,
Performed by Bryan Ferry, Waddy Wachtel, Neil Hubbard
Tabbed by dukkiedukkie(Masataka Koduka)
A G
+ + + + + + + +
e:-0-0-----0-------|-----0---0-------|
B:-2-2-----2-------|-3-3-0---0-3-----|
G:-2-2-0-2-2-------|-0-0-0---0-0-----|
D:-2-2-----2-------|-0-0-------------|
A:-0-0-----0-------|-2-2-------------|
E:-----------------|-3---------------|
D
+ + + + + + + +
e:-2-2-3-2-3-2-3-2-|-3-2-3---2-------|
B:-3-3-3-3-3-3-3-3-|-3-3-3---3-------|
G:-2-2-2-2-2-2-2-2-|-2-2-2---2-------|
D:-0-0-0---0---0---|-0-0-0---0-------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|



とカッティング。ニール・ハバードは本当にカッコイイです。

このコンテンツは批評目的によるVelvet Undergroundの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-21 23:16:14
テーマ:ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

ヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)"I'm Waiting for a Ma



























 さて、「ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの引力渦巻く六角形」にしばらく我々はとどまるべきなのだ。
退廃と、「進化なるもの」「前向きなるもの」との距離をしっかりと測るために。
「25歳にもなったのだから自殺してしまいたかった」と語るAll the Young Dudesの少年は、今、この時代のぼくらの目前に居るのである。
すれ違っているのである。
 だからこそ、「ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの引力渦巻く六角形」にしばらく我々はとどまるべきなのだ。

 
 そこで今日は、ジョニー・デップのパートナー、ヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)の1992年のアルバムから、
Velvet Underground のカヴァー曲、「I'm Waiting for the Man」
のフレーズを練習しましょう。

 キーはDメジャーで、4/4拍子、エイトビート。


【I】イントロ・パートは、





|D|G|


のいわゆるI-IVヴァンプで、この部分のビート、フィーリングが命の曲です。ギターのフレーズは、抽象化すると、





Music wrtten by Lou Reed
Tabbed by dukkiedukkie(Masataka Koduka)
  4/4
D G7
+ + + + + + + +
e:-2--/7-5-----5---|-----3-1---0-----|
B:-3--/3-3-----3---|-0-3---0---0-3-1-|
G:-2---------------|-0---------------|
D:-0---------------|-0---------------|
A:-----------------|-0-2-------------|
E:-----------------|-3---------------|



みたいなフレーズの繰り返しで、この粘っこいフレーズがLou Reed特有のグルーブ感を作り上げています。
また、このヴァネッサのアルバムは、レニー・クラヴィッツがプロデュースしており、このギターも彼の音楽センスがにじみ出ている気がします。

 さて、歌に入って【A】パートのコード進行は上記【I】と同じ。
【B】パートは、







|D|F#m|G|A7|

 トニック→代替マイナートニック→サブドミナント→ドミナント
のオーソドックスな展開ですが、4小節目はAmでやってもいいし、Amb5+11みたいな感じで弾いてもよし、の
「ドミナントセブンスは基本どんな音が混ざっても不協和音に聞こえにくい」という特性を120%活かして楽しめる感じ。

 
 フレーズ的には、




Music wrtten by Lou Reed
Tabbed by dukkiedukkie(Masataka Koduka)
  4/4
D F#m
+ + + + + + + +
e:-2--/7-5-----5---|-------2---------|
B:-3--/3-3-----3---|-----2-----2-----|
G:-2---------------|---2-----------2-|
D:-0---------------|-4---------------|
A:-----------------|-----------------|
E:-----------------|-----------------|
G A7
+ + + + + + + +
e:-------3-------0-|-1---------------|
B:-----3-----3-3---|-2-3-1-----------|
G:---0-------------|-2-----2---------|
D:-0---------------|-2-------3-0-----|
A:-2---------------|-0-----------3---|
E:-3---------------|-----------------|




 みたいな感じ。弾いててたのしいフレーズです。

 しかし、昔この曲はLou Reedが歌ってたからか「同性愛の歌」って噂もあったりしたのですが、ヴァネッサが歌うと超可愛らしいですね!
 

 ということで、ジョニー・デップも、ヴェルヴェットの磁場にいます。




このコンテンツは批評目的によるVelvet Undergroundの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。